かめさんの日記

4月なのに、なんで『寒い』のかね・・・・・。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

綴り字のシーズン

                     http://images-jp.amazon.com/images/P/B000ENUWW4.09.LZZZZZZZ.jpg

©2006 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC

映画の更新、その2です。

今回の映画は、去年の12月に近くの映画館で見て、心暖まる家族映画と思った作品綴り字のシーズンを紹介したいと思います。

ストーリー


大学教授で宗教学者のソールは、知的でパワフル、カリスマ性に満ちている。家では率先して料理を作り、バイオリンも弾き、何事にも完璧さを求める。彼の期待は学業優秀の息子アーロンに一心に注がれていた。娘のイライザが単語の綴りを競う<スペリング・コンテスト>の地区大会に勝ち進むまでは。ソールの関心はアーロンから離れ、イライザへ注がれるようになる。イライザの並外れたスペリング才能に、彼の学術的興味は大いに刺激されるのだった。すべての情熱と時間をイライザに集中させるソールと、それに振り回されるイライザを、苦しい表情で遠くから見つめる母ミリアム。次第に、家族の関係はバラバラに崩れていく――。イライザはそんな家族を修復できるのは自分だけだと気づく。彼女は崩壊した家族の絆を、元に戻すことができるのか?

この作品の見所は、1つの家族が有る事のきっかけで崩壊をしていき、そしてたった1文字のきっかけで、家族の再生していくという物語です。この作品の父親を演じているリチャード・ギアは前作の〜ハリウッド版〜Shall we Dance ?の父親から、今作では完璧主義の父親を演じております。また母親役のジュリエット・ビノシュはイングリッシュ・ペイシェントの看護婦役から今回は完璧主義者の夫に耐える妻を演じてます。

今回のキーワードは、娘のイライザが、たった1文字の事で家族の再生を促すきっかけが出てくるのが、本編の最大の見所かもしれません。家族と一緒に見ることを私はお薦めします。

今回の評価は10点満点中6点です。

綴り字のシーズン


スタッフ

監督:スコット・マクギー/デイビッド・シーゲル
脚本:ナオミ・フォナー・ギレンホール
原作:マイラ・ゴールドバーグ
製作:アルバート・バーガー/ロン・イェルザ

キャスト(声の出演)

ソール:リチャード・ギア(小川真司)
ミリアム:ジュリエット・ビノシュ(山崎美貴)
イライザ:フローラ・クロス(宇山玲加)
アーロン:マックス・ミンゲラ(川中子雅人)
チャーリー:ケイト・ボスワース(小笠原亜里沙)

字幕翻訳:戸田奈津子      吹替翻訳:久保喜昭

本編:1時間45分       配給:20世紀フォックス映画
                      http://www.okinawajoho.net/cooking/img/kufa_jucy01.jpg

料理の更新です。

今回、紹介する料理は「クファー・ジューシー」を紹介します。簡単に言えば、沖縄風炊き込みご飯です。

そもそも、このクファー・ジューシーって何でしょう?

“クファ”とは、うちなーぐち(方言)で“硬い”という意味で、クファジューシーは沖縄風炊き込み御飯です。

沖縄では、法事、祝い事などにも欠かせない一品で、12月の冬至の日には、“とぅんじー(冬至)じゅしー”と言われ、クファジューシーを食べて冬に備えるという行事もあります。 
一般的な料理なので、コンビニやスーパーなどでも、おにぎりメニューの一つで、また、沖縄の食堂では“沖縄そばとジューシーセット”として、定番メニューな所も多いですよ!

クファー・ジューシーの作り方


材料5人前
1、お米・・・・・・3合。     2、豚の3枚肉・・・・・100g
3、干し椎茸・・・・4枚。     4、にんじん・・・・・・4分の1本。
5、きざみ昆布・・・50g     6、だし汁(もどし、ゆで、だし)・・・4カップ。
7、わけぎ・・・・・5本。
【調味料】
1、塩・・・・小さじ2。      2、しょうゆ・・・・大さじ2。
3、サラダ油・・・・適量。


下ごしらえ!


1、お米は30分〜約1時間前に洗ってザルに入れ、水気をとって切っておきます。
2、豚の三枚肉を茹でて、小さな角切り(一口サイズ)にしておきます。
3、干ししいたけは水で戻し、あらみじん切り、にんじんは皮をむき、スライサーで切り、
さらに、あらみじん切りにします。


作り方の順序


1、釜に米、だし汁、豚三枚肉、しいたけ、きざみ昆布、にんじんを入れます。
2、(1)に調味料を入れ、全体によく混ぜ合わせ、炊き上げます。
3、炊き上がったら、よく「むらし」ます。
4、わけぎを入れ混ぜ合わせ、器に盛ったら完成です。


普通の炊き込みご飯の炊き方で大丈夫なので、お米の硬さはお好みで調節してください。
それから、お好みでフーチバー(よもぎ)の葉やカステラかまぼこなど加えてもまた、一味違う
美味しさがきっと楽しめると、私は思います。

皆さんも一度、 この沖縄風炊き込みご飯挑戦してみては、どうでしょうか?
                       http://images-jp.amazon.com/images/P/B000ELGLBM.01.LZZZZZZZ.jpg

©2006 Twentieth Century Fox Home Entertainment

この作品は、主演のリース・ウィザースプーンがアカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞をした
作品です。

ストーリー


1944年、アメリカ。12歳のジョニーは兄のジャックと共に両親の畑仕事を手伝っていた。しかし、一家の貧しい生活は一向に楽にならず、父は酒に溺れる日々だった。そんなジョニーの心のなぐさめとなったのは、兄ジャックの優しさと、ラジオから流れてくるゴスペルやカントリー音楽だった。ある時、最愛の兄が突然の事故でこの世を去ってしまう。出来のいい息子を失ったショックでますます荒れる父親とジョニーとの確執は広がっていく。そして、空軍に入隊したジョニーは実家を離れ、ドイツに駐屯する。除隊後に初恋の女性ヴィヴィアンと結婚、子供も授かった。訪問セールスの仕事の合間に友人とゴスペル・バンドを組んで音楽を楽しむジョニーだったが、家計は苦しく、徐々に夫婦の仲も冷え切っていく。
そんなある日、ジョニーは街角で偶然見かけたレコード会社で、オーディションの機会を得る。そこで空軍時代に書いた囚人の心の叫びとも言える歌を熱唱し、その実力を認められる。そして瞬く間にプロのミュージシャンとしての第一歩を踏み出すことになった。早速、同じレコード会社のジェリー・リー・ルイスやエルヴィス・プレスリーらと全米中をツアーでまわっていた時、ジョニーは少年時代からの憧れだったジューン・カーターと出会い、すぐに意気投合する。この出会いが、これからの彼らの長い運命の始まりとなるのだった・・・・・・。

この作品は、来月26日にDVD発売になります。どうぞ、お近くのレンタルビデオ店で体感してください。

ウォーク・ザ・ライン〜君につづく道〜


スタッフ

監督:ジェームズ・マンゴールド
製作:ジェームズ・キーチ/キャシー・コンラッド
撮影:フェドン・パパマイケル
音楽:T・ボーン・バーネット
衣装デザイン:アリアンヌ・フィリップス
編集:マイケル・マカスカー

キャスト(声の出演)

ジョニー・キャッシュ:ホアキン・フェニックス(小山力也)
ジューン・カーター:リーズ・ウィザースプーン(宮島依里)
ヴィヴィアン:ジニファー・グッドウィン(園崎未恵)
レイ:ロバート・パトリック(内田直哉)

字幕翻訳:戸田奈津子      吹替翻訳:前田美由紀

本編:2時間16分       配給:20世紀フォックス映画

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事