全体表示

[ リスト ]

GPSにYahoo!地図を表示する その4、GPSのパッチ当て
 

バードアイ機能を使ってjnx地図を表示するには、
garminGPSのファームウエアにパッチを当てる必要が有ります。
 
 
注意、ファームウエアに手を加えるので自己責任でお願いします。
   問題が発生しても一切責任は持ちません。
 
もしもパッチ当てに失敗して正常に動作しなくなった時は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

●パッチ当てはGPSのファームウエアのバージョンに因って、やり方が変わってくる。

1、アップデートしながらパッチ当てをする時
2、古いバージョンに戻してパッチ当てをしたい時
 (現在のバージョンを使うときもこの方法)
 
・いずれの場合も一応ファームウエアのバックアップを取っておく。
 (注、バックアップが有ってもトラブルを回復できるとは限らない。)
 USBケーブルでPCと接続。エクスプローラで表示。全部のフォルダをコピーする。
 
・パッチ当てツールをダウンロードする。
 FirmwarePatcher214をダウンロード。解凍しておく。
 
http://whiter.brinkster.net/en/JNX.shtml
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
各パターンのやり方
 
●1、アップデートしながらパッチ当てをする時
 
・GarminWebUpdaterでアップデートを進める。やり方はコチラ
・更新が終わったら
 FirmwarePatcher.exeをダブルクリック。
 Browseボタン>Garminフォルダ>GUPDATE.GCDを選択する。
  ドラグ&ドロップでもOK。
 自動で処理が開始され、
同じフォルダ内に「GUPDATE_Patched.GCD」
 が作成される。
 
こうなったら処理は完了。すぐに終わる。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・エクスプローラでGPSの>Garminフォルダを表示。
 「GUPDATE.GCD」を削除する。
 パッチ当てされた「GUPDATE_Patched.GCD」を「GUPDATE.GCD」に名前を変更する。
 
・USBケーブルを外し、電源を入れる。GPSのアップデートが始まる。
 通常は3分程度で終わる。終わればメニューが表示されるのでそれまで放置する。
 
 
●2、古いバージョンに戻してパッチ当てをしたい時
 (現在のバージョンを使うときもこの方法)

古いバージョンに戻してパッチ当てをしたい時に、
そのまま古いバージョンの「GUPDATE.GCD」ファイルを入れてもアップデートが開始されない。
 
そこで古いファームウエアのバージョン情報を書き換えする事により、
古いバージョンのファームウエアを使うことが出来るようになる。
 
・ファームウエアはココとかからダウンロードする。
http://garmin-etrex.wikispaces.com/space/content
eTrex20_30_Webupdater__290.gcdとかがファームウエア
 
eTrex20_30_287Beta.exeとかもファームウエアだが、そのままダブルクリックしてもパッチ当てすることが出来ない。
解凍ソフトで解凍。ファイル内のGUPDATE.GCDを取り出して使えば良い。
ただし、ベータバージョンなので動作が不安定になるかも。
 
ガーミンのGPSのアップデートは、たまに不具合が出るときが有るので
一通りのバージョンをダウンロードしておけば、役に立つかも。

・「.gcd」ファイルをパッチ当てする。
 FirmwarePatcher.exeをダブルクリック、起動する。
 「.gcd」ファイルをドロップする。自動で処理が始まる。
 同じフォルダ内に「GUPDATE_Patched.GCD」が作成される。

・バージョン書き換えソフトを入手する。
 ガーミンのHPから「RGN_Tool」をダウンロード。解凍する。
 
http://turboccc.wikispaces.com/space/showimage/RGN_Tool_v078.zip
 クリックすると保存ダイアログが出ます。

・RGN_Tool.exeをダブルクリックして起動。 
 アイコンの横のFileDragZoneにパッチ当てした
 「eTrex20_30_Webupdater__290_Patched.gcd」
 ファイルをドロップする。

RGN_ToolのSW Versionにチェックを入れて、バージョンに001を足して入力。
 バージョンの確認は、GPSのメニュー、設定>その他で確認出来る。
 
・GCDのアイコンをクリック 
 ファイル保存のダイアログが出るので名前を「GUPDATE.GCD」にして任意の場所に保存する。

・出来たGUPDATE.GCDファイルをUSBケーブルで接続したGPSのGarminフォルダにドロップしてコピーする。
 
・USBケーブルを外してGPSの電源を入れれる。
 「New software found……user data?」と表示されたら「Yes」を選択。
 アップデートが開始される。
 通常は3分程度で終わる。終わればメニューが表示されるのでそれまで放置する。
 
 
 これでパッチ当て完了。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事