全体表示

[ リスト ]

4月10日土曜日、ふと思い立って、お昼前から小国方面へRTで出かけました。
今日は、のんびりゆっくり、観光も兼ねて走りたいと思います。

筑後川に架かる赤い橋が見えてきたら、いつものコースの始まりです。
イメージ 1


RTの燃費計が、リッター27劼鯢充┐靴討い泙后
イメージ 2

今日は、このペースで走ります。
ここ最近、長距離弾丸ツーリングが多かったのですが、たまにはこんな「ゆっくり」のツーリングも良いものです。

筑後川沿い、春の草の香りの中、景色を眺めながら、のんびり日田方面へと走ります。

日田からは国道212号線を南下し、松原・下筌ダムを回り、まず第一の目的地「鍋ケ滝」に到着しました。以前から来てみたいと思っていた所です。
イメージ 3

ここにバイクを停め、急なガケ道を5分ほど下っていくと、滝が現れました。
イメージ 4

この滝、なんと裏っ側を通れるんです!
イメージ 5

まるで、水のカーテンの様です。夏は涼しいだろうなぁ。
イメージ 6


再び国道212号線に戻り、阿蘇方面へと南下します。
ミルクロードに交わる少し手前から西側へと折れ、3月末に開通したばかりの「南小国西部農免道路」へと入って行きます。
イメージ 7

気持ちの良い、ゆるやかなワインディングを5分ほど走ると、第二の目的地「押戸石」への入口です。
ちょっとしたオフロードを登って行くと、景色が開けて来ました。
イメージ 8

これくらいのオフロードなら、RTは難なく走ってくれます。
ほんとにマルチなバイクです。
イメージ 9

ほどなく駐車できる広場に到着しました。
あたりは、しーんとしていて、聞こえるのはただ風の音だけです。
イメージ 10


ここからは、徒歩で目的地へと登って行きます。
イメージ 11

なだらかな丘を登って行くと、いきなり大きな石がいくつもゴロゴロと転がっています。
何か神秘的な風景です。
聞くところによると、ここは「パワースポット」としても有名なところだそうですが、その方面に鈍感な私には、何も感じることはできませんでした。
ただただ、360度見渡せる絶景に感動でした。
久住連山から、阿蘇の根子岳までぐるっと望める、まわりを遮るものは何も無い雄大な風景です。
イメージ 12


再び農免道路です。開通したばかりの道で、当然ZUMOには何も表示されません。
こんな道が10劼曚病海ます。もちろん信号も無く、とても快適な道です。
イメージ 13


農免道路の終点からは、菊池阿蘇スカイラインを山鹿方面へと向かいます。
ここから、急にバイクが増えました。
気がついたら、集団に追いついてしまい、まるでマスツーリングの様な有様です。
私は集団走行は苦手なので、なるべく離れて走るのですが、すぐ追いついてしまいます。
・・・今日は、のんびりツーリングだったなぁと、あきらめて惰性で坂を下って行きます。
やっぱり、ツーリングは、バイクが少ない冬がベストかな。ついつい天邪鬼な気持ちになってしまいます。

山鹿では、いつもの桜町温泉に立ち寄りました。
ここのお湯、とてもぬるいのですが、不思議と疲れを癒してくれます。
入浴料も今どき150円なんて!
イメージ 14


帰路は、いつもの有明海沿岸道路を北上します。
途中、矢部川にかかる美しい斜張橋を撮影したくて、一旦下道に下ります。
この風景に、ちょっとフランスのノルマンディー地方を思い出してしまいました。
イメージ 15


本日の走行距離、約270
平均燃費、26/L
経費、温泉代150円

(撮影機材 RICOH GXR + S10Unit)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事