ここから本文です

書庫全体表示

今年は開業○0周年!、という鉄道会社が心なしか多いような気がします。

そんな中で、小生の現役時代、消えつつあった戦前製の超ロートルな車両達を現役で運用して小生に引き合わせてくれた、弘南電鉄には一際愛着を感じます。

と言うわけで、この時期ならコレを掲載しないわけにはいかないでしょうから、今までずっとお蔵にしてありましたネタを掲載させていただきます。

1980年代撮影 弘南電鉄弘南黒石駅 モハ3601+クハ2025
イメージ 1

旧国ファンなら皆様ご存じ!、元阪和電鉄の韋駄天走者モヨ100です。

当時、弘南には2025/2026の2両が生き残っておりまして、2両ともこれまたレアな松尾鉱業で使用されたあと最期のご奉公で弘南へやってきたということです。

焼け直し電車の末裔で或る東急3000型より明らかに腰高な車体と戦時3扉改造こそされていますが「超特急」80キロ運転でかっ飛ばしていた優美な2扉車の面影が漂う車体、気品がありますよね!。

クハ化に伴ってパン撤去、足回りもDT10系に履きかえてますが、これら全てオリジナルであれば言うこと無しなのに。弘南では、それは流石に無理か・・。

P6/デイ100/モヨ100、戦前関西私鉄王国の生き証人達の末裔、よくぞ生き残ってくれました。

〃 モハ3674&クハ2026
イメージ 2

こちらは相棒の2026号。貫通扉がHゴム化されていますが、両運転台設備はこちらの方がキッチリと残ってました。

〃 クハ2025
イメージ 3

ホントにこの車の2扉姿みたかったなぁ・・・。

〃 モハ3601+クハ2025+クハ3781
イメージ 4

実は2026が2連になって表に出る前までは彼が先頭についてまして3連でした。

後期には撤去されてしまった客室窓の保護棒がまだ健在な姿です。

しかし、元東急の3601の力持ちのこと。ロートル2両のクハをぶら下げて走るのは相当、力に余裕が無いと出来ません。馬力、あったんだなぁ、青電。。

〃 〃
イメージ 5

車体新製してますんであまり古さは感じず、垢抜けて軽快な感じの3601。
秘めたる力はたいしたものです。

ホームの奥には国鉄黒石線を引き継いだ弘南黒石線のキハ22が写っています。

話が逸れますが、このキハの塗装、なかなかシックで小生、お気に入りでした。

〃 モハ3601+クハ2025+クハ3781+モハ36??+クハ2026モハ3674
イメージ 6

で、実は更にこの3連2本は朝の通勤通学列車で6連で走ってたんですね!。2M4Tかぁ、いかにモハ3600の力があったかがわかりますね。

静止画版はコレでお終い。で、実は動画でもこれらロートルを撮ってましてね。次回はその動画を掲載してみたいと。

ちょうどステンの6000と7000が新車で入ってきたときに撮ってますんで、まだ両車は大鰐の側線で出番待ちのピカピカで待機中でした。

そんな姿も撮影してありますので、懐かしいロートルの吊りかけ音とともにお楽しみいただけるかと思います。一両日中にUPしますんで、お楽しみに!!。

追加掲載 1980年代撮影 弘南電鉄黒石駅 
 モハ3612+クハ3670+? 「快速」列車
イメージ 7

ホームに立派な上屋がかかってます。

地方私鉄で当時、これだけ大きな上屋は、なかなか見かけませんでした。

この上屋、番線の上にもかけられているところが、豪雪地帯の雪国の鉄道らしいですね。

サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に

  • こんにちは、はじめまして。自分は掲載画像の頃、弘前に居たのでメチャクチャ懐かしいです。この頃は、大鰐線では快速運転をしていました。
    いつまでも弘南鉄道には頑張って残ってもらいたいです。

    [ ぽりっぴぃー ]

    2017/9/19(火) 午後 7:34

    返信する
  • 顔アイコン

    > ぽりっぴぃーさま
    こんばんは!
    ご来館いただきましてありがとうございます!!
    当時のこと、思い出されるよすがとなりましたか!良かったです。
    で、快速の写真もありましたので、お礼に追加掲載しておきます。
    駅での写真ですから駅も全景で入ってます。
    お楽しみくださいませ!
    ではまた・・・。

    [ 亀三 ]

    2017/9/20(水) 午後 6:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事