ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全337ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

一昨日(6/17)ですけど、この時期、定番の江ノ電&あじさい撮り名所、の今年の状況偵察にチョイと出向いてきました。

一応、定番場所を押さえておきました。なお他のポイント、湘南海岸公園駅至近のお屋敷脇のあじさいは見栄えに欠けてちょっと×、江ノ島駅から併用軌道へ出る場所にあったあじさいは工事中で無くなって×、腰越万福寺脇の民家塀のあじさいは結構○、七里ヶ浜駅擁壁のあじさいはまあ△、極楽寺駅上の極楽寺門前のあじさいは良いんですが電車と絡めるのが難しいので△、ってなところでした。長谷から鎌倉側は検証できてませんです。  

ここ数年、インスタ流行で江ノ電&あじさい撮りは、どのポイントでも大流行ですので日曜日と言うことで、6時前には家を出て7時前に第1ポイント、長谷御霊神社前の超メジャーポイントへ到着したのですが、なんと、もう、先客さんらで大賑わいでして・・。

2018/06/17撮影 江ノ電長谷 御霊神社前踏切 2053/2003+他
イメージ 1

6月アタマに出かけたときよりは咲いてましたが、どちらかというともう、お終いの感じです。で、まともに構えるとしっかり先客が入ってしまいますんで、同業者さんの画角に入らないように少しトンネル側へ前進、更にカメラを上に掲げてビューファインダーで撮影しました。

今年の状況であるなら、一カ所線路際までいける通路を神社側路地の際でシャットアウトすれば、皆さんが平等に人様を入れないで、たっぷりあじさいを入れて撮影出来るんですが、線路際まで行けるようにしてあるので、如何しても前に出て際に立ってしまい、結果、後ろに居る人達は撮れない、と言うことになってしまいます。

なので、小生はもうこうなることには慣れていますので、別の構図で撮影します。

〃 1502/1552
イメージ 2

踏切海側から長谷を向いて、中望遠で引けばキュービクルを避けないといけませんが、こんな感じて撮れます。毎年、こちら側のあじさいが大きくなってきてますので、昔に比べると画になるようになりました。

〃 22/62+他
イメージ 3

神社社務所脇からならこんな感じです。新しい花芽も出てますが、花がくが乾き始めていますので、もう、お終いに近い感じですね!。

2018/06/17撮影 江ノ電長谷 1501/1551
イメージ 4

星の井通りが線路に突き当たり踏み切りとなっている場所に、地元住民の方のご厚意で数年前からあじさいが植栽されています。今年は株が大分大きくなって見事な花をつけています。先客の方が居られまして、一週間、ずっと通って撮って居られるとか。

〃 1502/1552
イメージ 5

この場所、昔※30年前、はツツジが植わってました。ただ、このポイントは民家のベランダ直前ですから、朝早くは静かにそっと撮影したいものですし、ずっと居座った撮影はご遠慮した方が良いと感じます。

だいぶ観光客が増えてきましたので、長谷は早々に退散しました。で電車からロケハンしつつ花の様子を眺めてましたら、やはりここ↓に落ち着きました。石上駅南側の元川袋駅跡の線路脇花壇です。

2018/06/17撮影 江ノ電石上 1551/1501+他
イメージ 6

このポイントも今や、江ノ電花撮りの定番ポイントとなりました。ここも今年はもう、あじさいはお終いです。

〃 2001/2051+他
イメージ 7

こうして、他の花と絡めれば、まだ華やかには撮れます。撮影される方は早めのご来電をお勧めします。

なお、この石上ポイントのそばにある鵠沼蓮池公園では、第一池の舞妃蓮が見頃を迎えていますので、「鉄」の後は「花撮り」に切り替えて、蓮の花の撮影もお勧めできます。ちなみに、舞妃蓮が終わりますと第二池の誠蓮が見頃になります。

この記事に

開くトラックバック(0)

ここのところ、出勤がとても早いです。なので、未だ開けやらぬ中、東上してくる夜行帯の列車達を目にすることがあります。

先日もたまたま、「貨物電車」を目にしまして、結構、格好良く見えましたので「そうだ!、これ未だ撮ってなかったし、撮って見よう・・」と思いました。

と言うわけで、勤務時起床より更に1時間早起きして※3:20起き、やっぱあそこしかないわなぁ〜、と言うことで久方ぶりに東戸塚へ出向いてみました。

ただ、貨物電車50レの東戸塚通過時間は4時50分あたり、なので、始めてミラーレスのISO感度を12800まで上げて走りを撮って見たのですが・・。
※今調べましたら、横浜ですと6/21までが4:26日の出が一番早く、6/22からは1分ずつ遅くなっていくようです。こりゃ、次回は早くアクションしないと、もう撮れないっす!!。

2016/06/16撮影 東海道貨物線東戸塚 
 50レ M250−3 ※初撮ですが・・・×!!!
イメージ 1

結果はご覧の通り撃沈でした・・・。ビューファインダーで見た時は「お!結構撮れてんじゃん!!」と思ったんですが、帰宅後、PCで開けてみましたら、まず、画像がガタガタで輪郭線も出てやしません。

1/1000:F4で撮ったはずなんですが、これじゃ写真にならない。うちのV3もそんなに古いカメラでは無いので、結構いけるかと思いましたが、動態では「闇夜のカラスも写ります〜」程度しか撮れないことが判明しました。D700だったらとも思いますが、こちらはもうロートルですので感度性能が・・。

何度も調整をやり直しつつ、これじゃ〜掲載出来ないよなぁ〜、と思いましたが、今後の課題と戒めとして、レタッチしまくって何とか形にしましたんで、恥を忍んで掲載します。でも、この「貨物電車」、格好いいんですよね。○AGAWAマークは別として、なかなか良い色合いですし、ゴッツクて力強いしね。

次回は衝動的に出ずに、撮影ポイントと明るさと天候をよ〜くチェックしてから再挑戦したいと。今度はあそこ〜で撮って見よっかなと・・。

と言うわけで、どうせならこの脚で、そのポイントをロケハンしておこう!と車を1国へ戻し、東戸塚から西へと走ってみました。んで、車を置ける/駐められる場所/コインパの有無を確認しつつ行き着いたのが・・。ず〜〜〜と昔、良く通ってた、あの場所が浮かびましてね。

ですが、昔のように踏切中州からは撮れなくなっていることはわかってましたんで、どんなもんじゃろ?と久しぶりに踏み切りに出向いてみると、お、コレならまあ撮れるじゃん!と感じまして、この構図での撮影と相成りました。

実は「貨物電車」撮るのに、ホントは思い描いているポイントはココじゃ無いんですけど。ただ、この時間、ダイヤを調べましたら、ちょうど上りが4本立て続けに撮れることがわかりましたんで、まぁいいかなぁ〜、と構えてみた次第です。で「桃」は全部撮らなくてもいいか〜とゆる〜い気持ち※昔なら来たもん全て撮ってました、で構えてましたら、コレ↓が来ました!!。オリョリョ、実はコレも走りは初撮。

2016/06/16撮影 東海道貨物線平塚 
 5032M 上り、サンライズエクスプレス ※初撮で〜す!!
イメージ 2

そういえばネットの時刻表に参考値で書いてありましたっけ。やっぱ、こいつを見ると昔の581/583を連想しますわなぁ〜。これだけの編成で走ってくる優等夜行、もう、ありませんしねぇ。でもサンライズって貨物線上がってくるんですね!。まあ〜ったく、知りませんでした。んで、次に来た3本目の貨物がコレ↓。

〃 EF64 1024牽引、3074レ?
イメージ 3

64千が東海道上がってくるなんて、といつも思うんですが、時代が変わったんすよね。それと、やっぱり貨物のアタマには貫通扉付きの機関車が付いてるのが、小生にはシックリきます・・・。

で、ここまで来たのなら、アレも初撮りしておこう!、と思いまして、オマケでココ↓にも出向いてきました。

2016/06/16撮影 小田急小田原線開成 酒匂川橋梁 
 GSE「スーパーはこね」 ※初撮で〜す!!
イメージ 4

あの鉄橋の下、マレットゴルフ場になってるんですね!。なにか、大会が開かれていたようで、じっちゃんばっちゃんが大挙してプレーしてました。

と言うわけで、初撮3態+αでした。


この記事に

開くトラックバック(0)

終に終に、この伝統の小田急ロマンスカー塗装、保存車両でしか見られなくなってしまうんですね〜。時代の流れとは言え、なんとも寂しいですわー。

GSEの第二編成が先日、落成入線して、LSEの残り2本のうち、早くも一本は解体が始まったとかネット記事で目にしました。

もし、リバイバルでこの塗装が塗られるようなことがあれば、連接のVSEしかあり得ないわけですが、現役バリバリですから、もう少し熟れてこないと当面は無いでしょうね。

ただ、ボギーのGSEも結構似合いそうですから、何かの機会に見てみたいもんです。来年は「小田急のロマンスカー」の名称が巷で流れ始めてちょうど70年になるようですから、何かイベントで復活!、なんてしてくれませんかね。

1980年代撮影 小田急小田原線栢山 7000系LSE、下り「あしがら」
イメージ 1

第何編成かはわかりませんけど、東海道線での高速度試験のあと、暫くしての撮影だと思いますので、第一編成か第二編成だと思います。

ストンと落ちたスラントデザインはこれが80年代のリニュウアルNSEなんだろうな〜と思いつつ、二階建て運転室がそのまま踏襲されて嬉しかったのを思い出しますが、同時になんか、ロマンスカーらしい格好良い処(Nのライトケースですとか、S/Nともの菱形の愛称表示とかね!)がシンプルになっちゃって、小田急の特急電車、っぽさが薄れたようにも感じました。

そういえば、変更された塗装でのLSE、実は撮ってないことが判明しました。今となっては記憶の彼方になりつつある、あの塗装、記録としては撮っとくべきでしたわ、と思っても、もう本当に後の祭りですわ・・。

この記事に

開くトラックバック(0)

台風一過??、ってな感じほどひどい雨は降りませんでしたが、明日は晴れ、だそうです。雨降りよりかは良いですが、この時期ですから湿度は上がりそうで、ムシムシは勘弁ですよね。

早川のお立ち台はそういう点では、海風が吹き上がってくると結構、涼しくてピーカンで立ちんぼでいても、まあまあ過ごせましたっけ。

2013年撮影 東海道線早川 211系、下りローカル
イメージ 1

G車がW+シングル時代の211リャンコ、です。Wは231とか233に流用組み込まれた車もあるようですが、シングルはどうなったんでしょうかね。潰しちゃったんでしょうか、車歴が短いのでモッタイナイ感じです。

この車、第二の人生を中央筋で送ってますので、そのうち、115が居なくなったあとは、しなの鉄道もみんなこれになっちゃうんじゃないか、と思ってましたら、どっこい、更にずっと新型のサスティナに置き換えだそうで。

メンテその他の事を考えると、JRの定番新型を導入した方がCPは良いんでしょうかね。それにしても、しなの鉄道で165が走ってたなんていうこと自体がもう、ずいぶん昔のことに思えるほどになったんですねぇ。

この記事に

開くトラックバック(0)

いゃ〜、今日は梅雨の中休みを通り越して、もう夏でした〜。

朝からドピーカンで、鎌倉へあじさい撮影に出向いてきました。

で、予告通り、今日は家近のいつもの本鵠沼あじさいポイントで「花鉄」しました!。

2018/06/09撮影 小田急江ノ島線本鵠沼 3470F
イメージ 1

昔ながらの西洋あじさいは花がくが小さいと、ピーカンですと如何しても、乾燥したざらついた感じになってしまいます。見た目はもっと瑞々しいんですけど。やっぱり、あじさいは雨天の花ですね〜。

〃 8559F
イメージ 2

それに比べると、最近の改良園芸種は画になる花がくの花が多いです。8000等の元々の鋼製塗装車にはやっぱり、白いこういった華やかな品種が良く似合います。

この記事に

開くトラックバック(0)

全337ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事