ここから本文です
蝶(鳥)はともだち!〜MINIでドライブ栃木版&沖縄・八重山編
栃木県内を中心に撮影した蝶(鳥)画像の記録です!ただし、鳥は冬限定&沖縄・八重山の撮影記録も合わせて更新します!
河原のポイントでうろうろしていたら,どこからかツマグロヒョウモンのペアがヒラヒラと飛んできました。
めったにレンズを向けないのですが,ペアとなれば話は別!

しみじみと撮影してみると,このヒョウモンもなかなかの美しさ!ですね。

ツマグロヒョウモン ペア
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 3

イメージ 5

相変わらず手乗りを試してしまいます。^^
イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

ツバメシジミ他 9/16

ミヤマシジミのポイントで撮影した他のシジミたちです。
それなりに数が多くて,よく見間違うのがツバメシジミ。サイズが幾分小さく,飛び方も慣れてくれば見分けが付きますが,とにかくややこしい。^^;
新鮮な個体が多い印象でした。

その他,ベニシジミ,ヤマトシジミもたくさんいましたが,シルビアシジミについては,かなり擦れた個体が数頭のみ。やや遅かったようです。

蝶の数が少なくなると,余裕が出てか,今まであまりレンズを向けなかった普通種のよさに改めて気付きますね。

ツバメシジミ♂
イメージ 1

ツバメシジミ♀
産卵している個体がいました。
イメージ 2

イメージ 3

ベニシジミ
イメージ 4

ヤマトシジミ
イメージ 5

シルビアシジミ
ボロ個体でも,シルビアとなるとレンズを向けてしまいます。
イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)

ミヤマシジミ他 9/16

それなりの天気になった連休の中日。午前中だけ久しぶりにフィールド歩きをしてきました。
出かけたのは,ミヤマシジミのポイント。ここには,ツマグロキチョウもいます。

ポイントでは,夏に比べてかなりの数のミヤマシジミが見られ,とりあえずホッとしました。ツマグロキチョウもほとんどが秋型で,たくさん飛んでいました。

ミヤマシジミは,新鮮な♀に比べ,♂は若干遅めと見えて擦れた個体が多かったのが残念です。求愛シーンもあちこちで見られましたが,成立することはなく,やはりピークは過ぎてしまったようです。

ミヤマシジミ
ようやく何頭かの新鮮♂を見つけました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 4

ほとんどが擦れた個体でした。
イメージ 5

イメージ 3

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

♀の中には,翅表に青い鱗粉が少し乗った個体がけっこういました。
イメージ 10

イメージ 12

イメージ 11

イメージ 13

ツマグロキチョウ秋型
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事