ここから本文です
蝶(鳥)はともだち!〜MINIでドライブ栃木版&沖縄・八重山編
栃木県内を中心に撮影した蝶(鳥)画像の記録です!ただし、鳥は冬限定&沖縄・八重山の撮影記録も合わせて更新します!

キバネセセリ 7/15

標高の高いポイントで朝一にアイノミドリシジミを撮影した後,初秋にアサギマダラが集まるポイントに行ってみました。
暑いせいか,数は少ないものの,アサギマダラの姿はちらほら見られました。ヒョウモン類も集まっていて,楽しませてもらいました。
そんな中,新鮮なキバネセセリもたくさん飛び交っていて,ラッキーでした。

キバネセセリ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

2週間前に撮影したアイノミドリシジミのポイントと,さらに標高の高いポイントの2箇所を廻ってみました。

最初に再訪したポイントは,2週間前でもすでに発生確認情報の後でしたので,さすがにもう擦れ個体しかいないだろうと思っていました。
ところが,すぐ近くでテリ張りをしていた個体は,なんと,とても綺麗ではありませんか。ちょっとビックリしました。
しかも,奥から次々と飛来しては卍を繰り返し,目の前でテリ張りする個体が変わるのです。ダラダラ発生なのかもしれません。
その中には,翅が一度に何色にも輝く個体もいました。この個体の翅の美しさは格別でした。

アイノミドリシジミ
この個体の翅を見てください。特に前翅は翅脈付近が青く輝いています。微妙な角度の違いなのでしょうか。こんな風にいろいろな色に輝く翅は初めて見た気がします。
イメージ 1

この個体の半開の翅も前翅と後翅で色が違います。これも角度の微妙な違いでしょうね。
イメージ 2

その他にもいろいろな個体がテリ張りに来ました。この個体は,輝きが綺麗ですが,片方の尾状突起が切れていて残念でした。
イメージ 3

強い日光が照らすと,全開はしなくなります。
イメージ 4

イメージ 5
次に訪れた高標高地では,下草の笹にたくさんの個体が降りてテリ張りしていました。ここは低くていいのですが,なかなか綺麗な輝く翅を撮るのに苦労します。
それでも,みな新鮮な個体ばかりで,しばし楽しみました。

アイノミドリシジミ
こちらの個体の輝きはみな金緑でした。高さと角度がほぼ同じだからでしょう。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

この記事に

開くトラックバック(0)

ウラキンシジミを撮影した後,さらに奥のフジミドリの見られる林道に向かい,そこをのんびりと走りました。
この林道は今は行き止まりになるのですが,沿道でスジボソヤマキチョウがよく見られる場所なので,少し時期が早いかなと思いつつ,期待していました。
ほどなく,ちらちらと飛ぶ黄色い大きな姿が目に入りました。間違いなくスジボソヤマキチョウです。強い日差しが照りつけるため,葉影に逃げ込む個体もいましたが,まずは確認できて良かったです。

スジボソヤマキチョウ
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事