先日、当店のホームページから相談のご連絡が入りました?

お住まいは岩手県なので遠方のお客様です。
(相談だけでも対応するサイトを運営しておりますので……)

就学前健診で発覚し近所の眼鏡店でメガネを作成されたのですが出来上がりのレンズにより
目が病的に見えることに悩んでるとの事でした。
最終的には作成した眼鏡店に悩みを正直に伝えて対応してもらうようお話をしましたが
対応してもらえなかったようです。

確かに遠視度数が強く+11.25もあるので薄くするのは難しいのが本音です。

ですが……必ず薄くは出来、違和感を減らす事は可能なのです。


多くの方は良いレンズにすれば薄くなると思われていると思います。
半分合ってますが半分違います。

1番大切なのは目幅(PD)にあったフレーム選びなんです。

この記事に

開く コメント(0)

今日、ご持参頂いた処方箋が中近両用レンズの指定でした。
これまでは遠近両用でしたが、眼科が変わって中近両用との事。

この処方箋見たときにわかって無いな〜って思います。

遠近両用も中近両用も度数だけではなくアイポイントが大切です。

遠近両用はある程度、処方者の意図を汲み取ることができます。


しかし中近両用レンズは何もわかりません。
つまり単純に処方箋を出す人はわかって無いと思います。

中近両用の中とはとても曖昧なのです。
その中は何を求めているのかが全くわかりません。
中近両用レンズには最近2タイプあるのです。
加入の40%が視線に入るタイプと25%タイプと。

つまりどっちのタイプなのかを指定しないと出来上がりは最悪。

じゃー眼科で測る際はどのようにしているのか?
中近両用の検査レンズを使わずに処方するなんて無理です。
裏を返せば持ってないければ処方できないわけです。

今回の処方箋は遠用度数が書いてあったのでましですが……
どちらにせよ検査レンズを持ってない事は明確です。

特にお子さんは見え方に対して意見を言わないのでこう言った処方は勉強して
欲しいと思います。

本当に心配です。


中近両用を選択肢にある事は重要です。
だけど、、、今回と言い不安んでしかありません。

この記事に

開く コメント(0)

子供メガネ専門店

小児眼科が少ないと昔から嘆いていますが、
子供メガネ専門店が無いのも事実です。

もちろん我々メガネ店も専門店があるべきやと思います。

多くのユーザーさんを受け入れたいと言う気持ちもわかりますが、
そこに特化するお店が出来ればなーって常に思います。

もちろん、初期の軽度近視のお子様がメインではなく
乳幼児がメインで小学生までのお子様を中心にサポートするメガネ店です。

小学生以下であれば眼科処方による度数決定なので店頭での検眼は不要です。
でわ、知識がいらないかと言うとそうではなく、処方箋の内容を読み取って
伝える役割が重要です。

更にはあんぜんせいだったりさぽーとであったりと
多くの部分で貢献出来ることがあると思います。

僕の将来の夢は日本初の『乳幼児&小学生メガネ専門店』です。

夢は描けば必ず叶います。

東海エリアのお子様に少しでも快適で可愛いメガネを提供出来ればと…
今は願いながら日々を過ごしております。

この記事に

開く コメント(0)

小学生高学年向き

トマトグラッシーズに新型が加わりました。
ジュニアもでるのTJCCです。
イメージ 1


サイズが46・48・50・52・54と5サイズもあります。
今回は採用に慎重にしました。
理由はその前にあったTJACタイプで失敗したからです。

TJACはサイズが予想以上に大きく、その影響でフロントのしなりがおおきくなって
安定感に欠けるからです。

TJCCの46サイズは小学生高学年に最適。
少し大きめな子が来てもいいように48も採用です。

ちなみに48サイズは当店の女性スタッフも掛けれるレベルです。

そう考えると50サイズ以上は子供用って感じではなさそうです。

この記事に

開く コメント(0)

先日、あま市のお客様が再作に来て頂けました。
約1年前の作成の際に相談を受けたお客様で、処方箋の度数が+12.25ぐらいになりそうとのことで
ご両親から先生に依頼して頂き+12.00で作成しました。

前回はなんとか薄くできる限界の+12.00だったので中心の厚みをなんとか5.5mmへと
違和感を最小限にした出来上がりでしたが、今回は先生より+12.00では不足との事で
+13.00での処方となりました。

+12.25以上になると対応レンズがキャタラクトレンズしかできない。
イメージ 1
その為、特殊な薄型加工ができなくなるのです。

正直、キャタラクトレンズになると種類が少なくなるのですが、事前に+13ぐらいになると
聞いており時間があったので、下調べができており日本レンズのKYCシームレスと言う
レンズが1番薄くなるとの事でした。


それでも厚みは6.8mm

最大限に頑張って、自費1万弱と価格も抑えさせ頂きました。

1年後に度を変えるときに成長に伴って少しでも遠視が回復する事を期待するばかりです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事