野草クラブ

下手の横好き。デジカメはニコンD100愛用。

全体表示

[ リスト ]

ノコギリクワガタの死

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

「ノコギリクワガタの死」

 「野草クラブ」で7月25日にご紹介した「ノコギリクワガタ」が、きのう、亡くなりました。

 思い起こすと、7月22日、岡山県西部の里山で捕まえ、喜び勇んで持ち帰り、家で飼っていま
した。夏が過ぎ、秋になり、寒い冬がきて、とうとう息絶えてしまいました。4ヵ月と20日でし
た。

 地元にある倉敷自然史博物館の昆虫の先生に聞きますと、「珍しいぐらい長生きです。餌のバナ
ナがよかったのでしょうか」とおっしゃっていただきました。先生には、飼うことを決めたとき、
電話して、「餌は何がいいですか」と聞いていたものです。

 「ノコギリクワガタ」は巣箱の中に1日おきに入れてやるバナナを最初はよく食べていました。
といっても、小さな昆虫ですから、わずか数ミリ、かじった跡がみえるといった程度ですが。
 彼の得意のポーズは、木片の下に体をもぐりこませ、顔だけだして様子を伺う格好です。そのと
きの黒い小さな目が可愛いかったですね。

 弱ってきたのは11月になってからです。10月の末には相棒の「コクワガタ」が亡くなりまし
た。「ノコギリクワガタ」もいつ死ぬかもしれないと思って、ある日、外に出して庭の木と鉢植え
の花に止らせ記念写真をとりました。

 11月末、寒くなると巣箱をダンボールの箱に入れて夜間を過ごさせ、最後には、そのまま、私
の部屋のなかに持ち込みました。でも、次第に動きがのろくなり、餌もあまり食べなくなりました。

 それと、6本の足のうち後ろの左右2本などの第2関節から先がなくなってしまいました。どう
いう理由か分かりません。「コクワガタ」がいなくなったあとのことですから、飼育箱にはほかに
何もいません。自分で食べた?それはないだろうと思いますが、謎です。

 さて12月に入って寒い日がつづいた11日、とうとう、ひっくり返って、動かなくなっている
のを発見。死んだか、と思いながら、体を洗ってやろうと、お湯につけると、なんと、「ノコギリ
クワガタ」は動きだしたのです。私の手の先で足が空を切り、触覚も右に左に出すのです。

 でも、わずかの時間でした。再びノコギリクワガタは動かなくなりました。

 今朝、「コクワガタ」を埋めた同じ庭の枇杷の木の下に、「ノコギリクワガタ」を封筒の中に
入れて埋めました。封筒の表に「安らかに眠れ」2006・12・12と書いてやりました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事