ここから本文です
まいにちが、紙びより 〜北の紙工房 紙びより〜
札幌市厚別区厚別北3条5丁目33-5 (011)891-8424 OPEN10:00〜18:00火曜定休・臨休あり 和紙作家

書庫北の紙工房 紙びよりへようこそ

すべて表示

遅ればせながら、8月の紙びよりカレンダーをお知らせします。 今月は、5日に匠まつり!栗山で紙漉き体験行います。 工房でも、紙漉き体験ご予約承ります。 夏休みの自由研究に、いかがですか? 工房ショップも、夏のお土産に、暑中見舞いに たくさんの和紙作品そろえてお待ちしています。 【匠まつり】 ●日:2017年8月5日(土)※1日かぎり ●時:午前10時〜午後3時 ●場:イベント広場(夕張郡栗山町中央3丁目) ●入場料:無料(それぞれの体験に料金がかかります) ●主催:くりやまの匠たち ●詳細:匠まつり2016の様子→ http://town.kuriyama.hokkaido.jp/docs/2016080200023/ ●紙漉き体験:ドキドキコーナーにて開催。ちびっこ向すべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 蝦夷和紙プロジェクト2017の開催を手伝ってくださる ボランティアスタッフさんを募集いたします! 和紙文化の根付かなかった北海道で 地元の方々にもっと和紙を身近に感じ、 魅力を味わってほしいと始めた 蝦夷和紙プロジェクト。 最初は、東野たったひとりの挑戦でした。 ひとり、ひとりと手を差し伸べてくれる人たちが現 ...すべて表示すべて表示

  • やっと、やっと、やっと…お知らせまでこぎつけました。 今年も蝦夷和紙プロジェクト、開催いたします! 今年は、フキの繊維を使った和紙づくりに挑戦いたします! しかも、現在富貴紙(ふきがみ)復興、普及に向け取り組みを始められた 釧路市音別町のご協力をいただき、コラボでの開催となります! 現在詳細について計画を進めているところですが ...すべて表示すべて表示

  • 「薄青」短冊

    2017/8/16(水) 午後 1:32

    特注で制作させていただいた、うすあお色の手漉き和紙。 こんな風に使っていただいています…お客様の投稿より。 “先日漉いて頂いた紙を切って、短冊を作ってみました。  昔の色の再現は推測の域を出ませんが、色々調べて「薄青」を想像してみました。  書き心地も良い感じ♪ 手漉きの紙の贅沢。”

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事