全体表示

[ リスト ]

戦勝国が、自分達の都合で、戦後秩序を作り、敗戦国が、それにしたがってきた、と考えてみる。

しかし、二度の大戦に、連合国、枢軸国、どちらにも、参加していなかった 国々 にとって、敗戦国や、戦勝国 は、関係ない事である。

中東や、アフリカや、東南アジア の、多くの 国々 には、戦後秩序 とゆうものは、最初から、無かったとも考えられる。

日本は、当事国で、敗戦国だから、酷い、自虐史観に陥っただけで、世界全体からすれば、? とゆう感じなのだろう。

そして、それは、戦勝国側にも、言える事である。

戦勝国は、大戦に勝利した事によって、世界を管理、支配する事が、当然であるかの如く、思って来たのではないか?

シリアでの、ロシアの軍事行動を、見ていて思う事は、ロシアは、既に、軍事大国ではないのではないか? とゆう事だ。

段々と、軍事力でも、経済力でも、成長してくる、後進国、発展途上国、に抜かれて来て、軍備や技術の切り売りで、何とか、優位を維持しているに過ぎない。
世界の、上が下に、下が上に、なる時、戦勝国が作り出した、秩序は、戦勝国自身を守る事が出来なくなる、と思う。

自由も、共産も、共倒れ=戦後の秩序の終わり=戦勝国によって作られた秩序の終わり=新たな、力を持った国々が作る、秩序の始まり となってくる、とゆう事だろうか。

・・・シリアに関する、ロシア と アメリカ の やり取りが、もはや、どちらにも、大国としての、威厳が無くなっている、とゆう気がする。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事