ここから本文です
ときどき更新 MyPhoto
夫婦で撮ってます。私がkamisanで、カミさんは・・・あ〜ややこしい(^_^;

書庫全体表示

記事検索
検索

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

桜をテーマに撮った鉄道風景、まだまだ残って
いるのですが、ここらで一度?切りを付けよう
と残っていた写真から抜き出してきました。

1.
山陽本線 雨の瀬野八
イメージ 1

2.
三江線
イメージ 2

3.
芸備線 向原町戸島の枝垂れ桜
イメージ 3

4.
同上 ここから列車が見えることを確認。日が長く
なってまだまだ明るいですが、実はもう18時。
夜汽車を撮ろうと暮れるまで粘ることに・・・。
イメージ 4

5.
同上
イメージ 5

6.
同上 待つこと約1時間。やっと夜汽車らしい
雰囲気になりました。これもライトアップされた
夜桜があればこその眺めです。桜守りをされて
おられるお宅に感謝です<(_ _)>(=^・^=)
イメージ 6

7.
同上 この枝垂れ桜のすぐ下の田んぼにも水が
引き入れられ始めていましたので、この数日後
にはこちら側からももっと綺麗な水鏡が見られ
ただろうと思うのですが・・・。
イメージ 7

8.
山口線 篠目附近
イメージ 8

9.
徳佐八幡宮参道
イメージ 9

10.
同上
イメージ 10

11.
山口線 地福付近
イメージ 11

12.
この写真、実は2015年5月3日の木次線沿線
の油木附近です。この辺りは過去に二度GWの時期
に撮影に訪れていますが、山のあちらこちらで山桜
を見かけました。今年は例年に比べて桜の時季が
ずれ込んでいますので、ひょっとするとGWの頃に
これまでで一番の山桜が見られるかもしれません。
今年もGWは広島のかみさんの実家に行きますので、
今度はここへ・・・(*^_^*)
と言うことで、私の桜追っかけはまだ終わっていま
せん(^_^;
イメージ 12

この記事に

16日の山口線の続編です。

1.
SLやまぐち号が折り返してくるまでの3時間。
徳佐S字脇の桜の木の下でひたすら待ちます。
親指AFを繰り返し練習しながら・・・(^_^;
イメージ 1

2.
やっと来ました。午後からも青空は健在。時折吹く
風に花びらが舞いますが、前夜にたくさん散って
しまった為、少しだけパラパラと舞った時に撮った
画と合成しています<(_ _)>(^_^;
イメージ 2

3.
親指AF練習の成果・・・と言いたいところですが、
かみさんのカメラで撮った従来型撮影スタイルです(^_^;
因みに、今回はかみさんはお休みです。イメージ 3

4.
後追いをカメラで追っていたら列車から桜へピントが
移動。こっちの方が好きかも・・・(^_^;
イメージ 4

5.
地主さんの言葉に甘えて、8521レでお邪魔させて
頂いたお宅で再度撮影させて頂きました。
午後の陽射しは少し右に傾いてちょうど良い具合の
光線になっていました。
この撮影を終えてから追っかけは止めて、ひとしきり
ご主人と話をさせて頂いたのですが、帰りしなに「また
いらっしゃい」と仰って頂きました。GW頃の田植え
や9月初旬の実りの季節が楽しみになってきました(*^_^*)
イメージ 5

6.
また徳佐S字の桜へ戻ってきました。このまま
青空が続くのなら、ここで夜桜と星を撮りたか
ったからなのですが、それまでまだ3時間近く
あります。前夜、車中泊をしてくたびれていた
ので・・・結局、撤収!(^_^;
イメージ 6

7.
と言っても、まっすぐ帰るはずがありません(^_^;
以前から気になっていた渡川〜三谷間の桜並木。
夕方の斜光線に輝く桜を見て思わず足を停めて
しまいました。
イメージ 8

8.
引き揚げようとすると猫が一匹。こちらの姿を見て
歩みを停めてじっとこちらを見ています。こちらも
何となく気になって立ち止まっているととうとう
座り込んでしまいました。そうこうしている内に
スーパーおきが通過。望遠レンズで猫を捕ろうと
車にレンズを撮りに行っている間に・・・猫はどこか
へ消えてしまいました(^_^;
イメージ 7

9.
ブロ友のwingoodさんの写真を拝見して、ここで
撮ろうと思っていたのを思い出して寄り道。桜の
花の季節には間に合いませんでしたが、桜が紅葉
する時季にまた是非寄ってみたいと思います。
イメージ 9

10.
ちょっと横に移動して、今度は桜の隙間から。ここ、
夜明けに狙えば良かった。勿体ないことをしました(=^・^=)
イメージ 10

この記事に

本来なら芸備線沿線の桜をお届けする予定だった
のですが、16日に山口線へ出かけてきました
のでちょっとだけですが新鮮な?記事優先と言う
ことで・・・(^_^;

1.
早朝、徳佐は霧が濃くて桜の木の傍からは列車が
来ても「音はすれども姿は見えず」。やむを得ず
その列車を追いましたが、桜の傍を離れるかどうか
を迷った為に出発が遅れて、結局渡川で反対方向
から来た列車をパチリ。
イメージ 1

2.
8時になりましたが篠目もまだ霧が濃い!。ここで
待つかどうか迷っていると、やっと何とか線路が
見えてきました(=^・^=)
イメージ 2

3.
名草まで戻ってくると一気に霧が晴れてきました。
久しぶりのスカッと晴れた青空です(*^_^*)イメージ 3

4.
徳佐の桜の下まで戻ってきたらもう三脚がズラリ。
8522レを狙うつもりでしたから、構図を確認?
して次へ移動です。結局、少し変えてしまいました
けど・・・(^_^;
イメージ 4

5.
今回新たに狙おうと思っていたのが、いつも右手を
流れる阿武川の対岸から撮っていたこの田んぼ付近。
地福の停車時間が長いので、篠目或いは名草付近で
撮ってからでも十分間に合うと踏んだのですが・・・。
イメージ 5

6.
地福から名草方向を見ていると、とある農家の庭先に
好い感じの桜を見つけて、思わず「すみません。桜と
SLやまぐち号を撮らせて頂きたいのですが・・・」(^_^;
「よろしいですよ」との奥さんの返事を頂いて「あり
がとうございます。後でまたお伺いします」(*^_^*)
イメージ 6

7.
イメージ 7

8.
篠目での撮影に失敗!した後、ここへ伺うとご主人が
おられたので、改めて「すみません。桜とSLを・・・」
「あ〜、どうぞどうぞ」(=^・^=)
それにしても、やけに遅れてやってきました。地福の
発車はほぼ定刻通りのようでしたから、どうやらここ
で遅れた時間を取り戻しているようですね。
イメージ 8

9.
この画を撮り終わった後、ご主人が「昨日も誰か
撮りに来てたなぁ。夕方も来ていいよ」「やったぁ!」
と内心思いましたが、頬が緩むのは隠せません(^_^;
気がつくともう地福発車の時間。お礼を申し上げて
大慌てで先ほど下見した田んぼへ。
イメージ 10

10.
誰もいないだろうと思って駆け込んだら先客が
お一人。しかも列車はもう200m先くらいに
迫ってます。ひょっとしてビデオ撮影をされて
いたら申し訳ないので、会釈だけして少し離れた
位置から撮影。ところがここでまた親指AFを
忘れてこの後の画はピンぼけばかり。う〜ん、
なかなか慣れないですねぇ(^_^;

イメージ 9

この記事に

昨秋から再三通っている芸備線沿線の茅葺き民家。
もうすっかり見慣れた風景になりましたが、やはり
桜の季節は外せません。例年ならとっくに桜が終わ
ってしまっている時季なのですが、今年は開花が
遅れたお陰でちょうど良い時期に桜に巡り会うこと
が出来ました(*^_^*)

4月7日
1.
おふくろさんの病院への送り迎えが済んで、この日は
もうお役ご免。かみさんの「行くんでしょ」のひと言
に「うん!」(^_^;
到着早々、広島色に遭遇出来ました(*^_^*)
イメージ 1

2.
曇り空・・・やっぱり桜も心なしか元気のない色です。
イメージ 2

3.
夕暮れ時になって、先ほどまで沈んでいた桜の白さが
浮かび上がってきました(=^・^=)
イメージ 3

4.
立ち位置を少しずつ変えながら行ったり来たり・・・。
近くで農作業されていた男性にお断りして田んぼの
縁に立たせて頂いたのですが、きっと「好きやなぁ」
って思われたでしょうね(^_^;
イメージ 4

5.
宵の桜がちょっと妖しげ。何かもうひと味、欲しい
ですねぇ・・・(^_^;
イメージ 5

4月9日
6.
北九州へ帰る前に少し気分の良さそうなおふくろさん
を向原の大枝垂れ桜の花見に誘いました。そのついで?
にまたしつこく茅葺き民家へ(^_^;
曇り空なら列車を一本撮って引き揚げるつもりだった
のですが、薄日が射してきて桜がパッと明るくなって
きたので、あと30分貰って花見鉄道です(=^・^=)
イメージ 6

7.
結局この電柱と電線の問題は解決出来ませんでした。
枝垂れ桜が立派なだけに、余計に残念!(◡ ◡)

イメージ 7

8.
今回、やっと民家の家主さんにお会いすることが
出来てご挨拶が出来ました。この景観を維持する
のに随分苦労されているそうです。この日も家や
庭の手入れに戻ってきておられたのですが、役所
から「文化財の保全をよろしく」と言われている
そうですが補助は一切無いのだそうです。何だか
大変そうですねぇ。お気楽に写真を撮っているの
が何だか申し訳ないような・・・。でもとても穏やか
なご主人でした。近くなら何かお手伝い出来ると
良いのですが・・・。
イメージ 8

この記事に

三江線の来春での廃止が決まってしまいましたね。
これまで芸備線や木次線には足を延ばしても、三江
線にはなかなか足が向きませんでした。その原因の
ひとつがその便数の少なさ。朝夕2便ずつ走って
昼間は無し。運行速度が遅いので追いかけられない
ことはないのですが・・・。
と、これまで何だかんだで足が向きませんでしたが、
ネットで潮駅の桜を見て「もう今年しかチャンスが
無い!」と行ってきました。

1.三江線 潮駅
前回記事でも書きましたように、列車到着の少し前に
ホームの端に撮影者が現れましたので、誰もいなかった
時の画を一部切り貼りしています。ところが・・・(^_^;
イメージ 1

2.同上
実はこの画はかなりトリミングしています。ちょうど
列車の真上の辺りに駐車場があってそこから俯瞰で
狙っている人たちや車が写っていたからなんですが・・・
よくよく考えてみると私の存在はとても目障りだった
でしょうね。私は平気で人がいなかった時の画を撮って
おいて部分的に重ねて修正しますが、撮ったそのままの
画に拘っている方には・・・ご免なさい<(_ _)>(^_^;
イメージ 2

3.
イメージ 3

4.
潮駅対岸で待ち受けようと対岸に渡ります。この
附近はまだ民家があったのですが、民家が途切れた
途端に「この道路、普段は車が走ってない!」状態(^_^;
イメージ 4

5.
潮駅対岸まで来ると川霧がより濃くなってました。
追ってきた列車はまだいるのか・・・と列車のエンジン
音が聞こえてきました。「まだいたんだ。でもどこ
にいるのか判らない!」。取り敢えず撮した中に
何とか写ってました(^_^;
イメージ 5

6.
20分後にやって来た三次行き。霧が晴れて桜もよく
見えます。それまであっちにウロウロ、こっちをウロ
ウロして藪に邪魔されないで駅がマルっと見える場所
を探したのですが・・・駄目でした。
イメージ 6

7.石見松原駅
イメージ 7

8.
イメージ 8

9.
雰囲気が肥薩線川線によく似ています。違いは
特急やSLが走っているかどうか・・・。鉄道の
開通は当時としては悲願の事業だったと思うの
ですが・・・。
イメージ 9

10.
イメージ 10

11.
尾関山公園対岸から三次で折り返してきた列車を
狙います。どうやら満員の盛況ですね。
ところでここも公園から俯瞰で狙っている人たち
がいるようです。やはり撮っている時は気付かな
かったのですが、パソコンで見ると数人おられる
ようです。向こうからは目立ったでしょうけど、
こちらからはさっぱり目立たなくて・・・(^_^;
イメージ 11

12.
当初は三次で三江線の撮影を終えて、正月に雪が
深くて諦めた比婆の白樺林を撮りに行こうと思って
いたのですが、このところの雨続きで残雪は消えて
しまったのではないかと考え、結局潮駅まで列車を
追ってしまいました。途中、全て花流しに挑戦しま
したが全て返り討ちに遭い、結局ここから先を諦め
三江線春、最後の一枚・・・(◡ ◡)(^_^;
イメージ 12

この記事に

全197ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事