万年筆で、書く描くしかじか

kammy万年室 http://blog.livedoor.jp/kammydesign/ ライブドアブログへ移行しました

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

万年筆な人を描きました


2011年4月15日金曜日の夜7時から 神戸元町にあるPen and message.さんで

月に1度「万年筆で描いて着色しよう」と題した万年筆ワークショップを開催しました

今回のテーマは「万年筆な人」

万年筆が似合う人を描きました

スケッチブックに耐水性のインクを入れたお気にいりの万年筆でスケッチし

透明水彩絵具で着色するというプロセスです

人物ということでちょっと難しいモチーフにも関わらず

10名の参加となりました


それではブログにて紹介したいと思います
(上段左から)
◎藤村 俊二さん=趣味の文具箱で登場されていた万年筆愛好家
         こんな風に歳を取れたら素敵です そういう意味でも 万年筆な人です
         服とネクタイあたりの水彩絵具のトーンがとても綺麗です

◎アーネストヘミングウェイ=誰もが万年筆な人と感じる作家
         これはモンブランの銘品ヘミングウェイの存在も大きいでしょう
         この絵で彼が持つペンは実はボールペンでは?と盛り上がりました
         ヘミングウェイの特徴がよくとらえられた絵ですね

◎アインシュタイン=時代的にも万年筆をガンガン使われていた気がするアインシュタイン      
          彼の直筆の文字を埋め込んだ万年筆もありましたよね(めちゃ高価!)
          舌を出した有名なポートフォリオを描かれました   
          水彩絵具が濃過ぎたので万年筆のタッチが見えにくくなったのが残念でした
(2段中から)
◎梅棹 忠夫=京大卒の「知的生産の技術」で有名な学者 
          高校時代にこの著書を憧れと興奮をもって食い入るように読みました
          日本語をタイプライターによってローマ字で表記するなど
          以前から国際化をめざした斬新な発想をもたれていました
          氏の雰囲気をよく捉えられた絵ですね

◎グレースケリー=「喝采」などで有名な女優
          絶頂期にモナコ王子と結婚し引退 
          まさに映画のような人生を歩んでいますよね
          モンブランの女優シリーズにもいつか登場するのではないかなと思いますね
          万年筆で濃淡を上手く表現されています
(3段左から)
◎アンディ・ラウ=香港の俳優 名前はなんとなく聞いた事はありますが
          芸能音痴ですので よく知りません
          初参加でしたが大胆な万年筆使いはアッパレでした 
          万年筆以上にこの俳優がお好きなようで
          描かれた後もずっと見とれておられたのが印象的でした

◎ホーチミン=ベトナムの革命家 ホーチミンです
          渋い!モチーフですね
          著書の執筆や建国時には万年筆が大活躍したように思いますね
          モノクロ写真のポートフォリオの雰囲気が良く伝わってきます

◎ル・ボナー松本氏=ご存知 神戸の革職人松本氏
          イラストではちょっと頑固な外国人に見えますが 日本人です
          でも商品への拘りは相当なもの 
          以前一緒にすなみまさみちさんの万年筆コレクションを観に行きました
          万年筆のタッチと着色の雰囲気がマッチした個性的な絵に仕上がりました
(下段中から)
◎麻木久仁子=教育系クイズ番組で常連の知性派タレント
          万年筆が似合う芸能人を選ぶイベントでも選出されていましたよね
          なかなか似なくて苦労されていましたが
          なんとか雰囲気が出てきた頃にタイムアップとなりました
          顔って特徴を捉えるのがとても難しい人はいます
          彼女もその内の1人かも
          なんとか着色まで仕上げて欲しいと思います

◎大島優子=AKB48のメンバーですね(これくらいしかわかりませんので悪しからず)
          彼女が「万年筆な人」かどうかもわかりませんが
          万年筆が好きな方が好きな芸能人という意味では万年筆な人ですしね  
          好きには理由は要らないですよね
          絵の中にペリカーノジュニアが描かれているのがいいですね!

以上です

参加者の共通点は「万年筆が大好きな方」ということなんです

それが いいです それが 楽しいですね 

万年筆で絵を描くってホント面白いです

◎次回は「乗り物を描く」です 詳細はPen and message.さんまで

TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT
TTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTTT
今日も私のブログにおいでいただきありがとうございました


kammyの万年筆BOOK 販売中!
◎My Favorite Fountain Pens[万年筆を写真と絵とエッセイで綴る]
◎Paper Naplin with Sketch of Fountain Pens[紙ナプキンをキャンバスにしたスケッチ集]
→以下のお店で取り扱っています
[神戸・ペンアンドメッセージ(万年筆専門店)]
https://www.p-n-m.net/contents/products/category2-6.html
[銀座・ユーロボックス(ヴィンテージ万年筆店)]
[大阪心斎橋・スタンダードブックストア(本・雑貨店)]
[大阪北堀江・ART HOUSE(ギャラリー&雑貨)]
[京都・The Writing Shop(紙・ステーショナリー・印刷・万年筆)]
→ホームページからでもご購入できます
http://kamitani-design.com/publication/



◎食べパケ!「今日は何を、食べパッケ!」ブログも開設中
 
http://blogs.yahoo.co.jp/packagekiss

◎わたしの会社のホームページも是非ご訪問ください

http://kamitani-design.com/

        

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

こんにちは。
似てる似てないはあるかもしれないですが。
色々な人の描く作品をみれるのは面白いです。
強いていうならホーチミンの絵が印象に残ります!

2011/4/17(日) 午前 11:20 [ roshian ] 返信する

roshianさん

こんにちは
皆さん苦労しながらも
楽しんでおられると思います
でも人前で絵を描くって
結構勇気がいることですからね
心地よい緊張感って 結果的には
脳にもいいし 充実感はえられると思いますしね

月一度ですけど私も楽しんでいます

ホーチミンを描かれた方は
とても上手い方です
技術もデッサン力も素晴らしいんです

何を描くかも つまりテーマですが
それも大切だと思います
難しい事を語ると
そこには自分のコンセプトが表れますからね

2011/4/17(日) 午前 11:33 kammy 返信する

顔アイコン

そうですね。
私も学校でコンセプトの大切さを学び自分のこだわりを大切にしています。
ただまだまだ軸がぶれます。
かたくなすぎるとただの我が儘に映る時もあるようで。
中途半端な自分が嫌いですがでも少しずつでも理想の自分に近づけるように頑張ります。
ちなみに映画でいうと小津安二郎作品とか荻上直子(かもめ食堂)作品のような空気感が理想です(*^_^*)

2011/4/17(日) 午後 3:40 [ roshian ] 返信する

roshianさん

こんにちは
若いときはいろいろと経験してください
軸もぶれてOKです
ただ自分が本当に楽しい事
自分が出来る事
これなら自分が他の人よりちょっと自信があるかなって事
そういう事を早く見つけて
そうしてそれを続ける事

それが大切に思います

かもめ食堂って 柴咲コウが出ていた映画でしたっけ
観てないですが 興味ありますね
小津安二郎作品も 興味あります
また機会あれば(スイッチが入れば)観たいと思います
ありがとう

2011/4/17(日) 午後 5:26 kammy 返信する

顔アイコン

kammyさん、おはようございます。

「万年筆な人」、それぞれのチョイスが面白いですねぇ。
自分なら誰を選ぶかなぁ、って考えてしまいました。
やっぱりアガサかな?(笑)
藤村俊二さんもいいなぁ。異性ですけど、ああいうカッコいい
年寄りになりたいです!(笑) 削除

2011/4/18(月) 午前 9:02 [ rinarina ] 返信する

rinarinaさん

おはようございます
そうですね 人選が面白いですよね
アガサかあ テッパンですね!

藤村さんって 私が小さい時からずっとテレビに出られてて
今もあまり変わらずマイペースのように見える
これって軸がしっかりされてるのでしょうね
そう言う意味でも非常に万年筆的です
(この絵 Pen and message.オーナー吉宗さん作です)
憧れますね 確かに

2011/4/18(月) 午前 9:31 kammy 返信する

顔アイコン

おはようございます。
こうやって並べてあるとなんだか誇らしくなります。
教室の後ろにみんなの作品が並んでいた
小学校時代のわくわくを思い出しました。
次回の乗り物を描く、も楽しみです。
船にしようなどと無謀な事を思っています。

2011/4/19(火) 午前 5:26 [ 大阪のオバチャン ] 返信する

osakaobachan

こんにちは
なるほど 小学校時代の
教室の後ろね!
上手かったら階段の踊り場とかにね!
懐かしいです
乗り物かぁ 歩くのが好きなので
何にしようかな
また事前にこのブログでアップしますね!

2011/4/19(火) 午前 10:42 kammy 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事