カモノハッシーのブログ

GRACIAS A LA VIDA

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ずーっと投稿しようと思いつつ
ゴールデンウィークが開けてからなんだかワタワタしてしまい
今日に至りました😅
こんにちは、カモノハッシーです
今日も今日とてカモノハシしております☀

なんとなく肌寒い連休でしたが
天晴れとした好天気の日もあり
そんな5月6日、天橋立の近く
夕日が浦木津温泉♨…ではなく
その付近にあるたちばな会館というところに行って参りました🚘

丹後半島はいつ頃ぶりでしょうか
小学生か中学生の遠足か何かで
天橋立を訪れた記憶があるようなないような
股のぞきなんか、したっけかな、なんて考えながら
一路、丹後半島へ!!

イメージ 1



この日のメンバーは

ギター: 青木さん
ケーナ・サンポーニャ・チャランゴ
:我が殿
ボーカル・パーカッション:カモノハシ

この3人に加えてご当地の和太鼓チームに所属される
谷口さんという女性がマリンバにてコラボレーション
我が殿のオリジナル曲「風の大地」に参加して下さいます
加えてリクエストがあり…
「草原のマルコ」
を是非演奏してほしい、と

たしかにこの曲は名曲で
フォルクローレとしてもかなーり真面目に作られており
今聴いても新鮮で、アニメのストーリーともフィットしているし
心動かされる歌詞も良いし
秀逸な一曲であります
ご参考にお聴き下さい
https://youtu.be/VG5e5_ZZ-yI

イメージ 14

懐かしい、草原のマルコ💕
いいですね(^^)

さて途中由良川のPAで少し休憩

イメージ 2

イメージ 3


挽きたてコーヒーの自動販売機☕
おや、自動でフタもついてくる
ほほー

そしてさらに小一時間走りまして

イメージ 4


着きました😄
たちばな会館

イメージ 5

イメージ 6



早速、草原のマルコの打合せです

イメージ 7


よく聴いたしメロディはほぼ覚えています
しかし間奏のケーナとか
歌の後ろでかぶさってくるメロディとか
結構難しいのですね
カモノハシはとにかく歌う🎤
ボンボ叩きながら歌う〜
あー

舞台もある立派な会館
200人くらい地域の方がお集まりでした
お年の召した方も
小さいお子さんも
青年団の方もいらして
草原のマルコの時は、一緒に歌う方もあったりして
やはりマルコは盛り上がりました👍

1、コンドルは飛んでゆく
2、風とケーナのロマンス
3、草原のマルコ
4、花祭り

間に少し解説をまじえて
だいたい40分くらいでしたが
楽しんで下さったかしら…
最初は聴き慣れないメロディや楽器に戸惑いもあったようで
皆さまの反応も薄かったのですが
後から観想を伺ってビックリ
是非また来て下さい、と
あな、嬉しや❤


終演後は控え室にて人生で一番贅沢と言っても過言ではないほど
立派な立派な松花堂弁当をいただきました
食べきれずお持ち帰り…
この日の晩ご飯になりました(笑)

お世話になった方々とパチリ

イメージ 8


右から2番目、マルコを絶唱して下さったはま子さん
海幸旅館の女将さんだそうです
(ちなみに旦那さまの名前はカツオさん、というプチ情報)
一番左が谷口さん、和太鼓も叩きマリンバ奏者でもあります
皆さま、ありがとうございました!

帰りは青木さんはゆっくり電車で🚃
我が殿とカモノハシは車で🚗
殿が寄ってみたいとのことで
元伊勢の籠神社に向かいます
途中、電波状況が悪くなり携帯ナビもうまく作動せず
道も一本間違えたりなんかして迷いましたが
何故だか無事に到着
うわー、格式高い雰囲気です

イメージ 9


小さい屋根は狛犬さんのものです
鎌倉時代の作で重要文化財

そして御手水

イメージ 10


すっきり気持ち良い水の香り…おっと自動センサーで水が出る!

いよいよ、狛犬さんを撮影…の途端に電池切れ💦
しかも境内撮影禁止のお札が!
ダメダメのダメ押しでした

参拝をして、やっぱりおみくじかなっ
100円のと300円のとありました
うーん、ここは奮発して300円
殿は扇子みくじ
カモノハシは傘みくじ

殿は吉
カモノハシは大吉でした💪

イメージ 13

なかなかリアルによく出来ています

イメージ 11

イメージ 12


嬉しい、久しぶりの大吉です

あれこれお守りもいただいたりなんかして
奥の院の真名井神社を目指しました
籠神社からさらに500メートルほど坂を登って行くと
鳥居があり、そこに立て看板
ただ今改築中にて、御祭神は御不在
今年の秋にはお戻りになるとのこと
そうでしたか…でも行ってみっぺ

トコトコとさらに坂を登りました
途中、なんだか轟音がする
マンホールの下や側溝から聞こえる
山から流れてくる水の音なんです
雷かと思うような凄い音、かなりの水量なんですね
しかも水の香りがいい
タケノコもニョキニョキ
心地よくなりながらどんどん登ると
御手水と、水を汲む人のための場所があります
ジョウロなんかも置いてあります
その奥には階段がありましたが進入禁止になっています
ブルーシートがかかっていて、全く様子がわかりませんでした
でも、脇にあるお地蔵さまにふと目をやると
そこには大宝地震の時のことが書いてありました
大津波をここで返したこと
それから1200年間、ずっとここを守って下さっていること
はー、ここまで津波がきたのか、と

感慨深くなりながら
また坂を降ります
薪を燃やした香ばしい匂い
水の香り
ひんやりした空気
雨の直前でしたが蒸しもせず
いいお参りが出来ました
感謝・感謝🙏

また訪ねたい籠神社、そして御祭神がお戻りになったら真名井神社にも
元伊勢の中でも1番の格式の高さと言われています
日本の歴史にも大きく関わりのありそうな場所

こんな所に暮らしたいなぁーと
我が殿としみじみ語り合いました
帰り道も5月6日ながら混みもせず
快適に運転して行くことが出来ました

喫茶店に寄ろうとして海沿いに見えたロッジ風の
「浮橋」
なんてゆー、風情のあるお店に立ち寄ったのですが
ん?ドアの中にドアがある
なにやら聴こえてくる歌声…
うそー、カラオケ喫茶!
スゴスゴ退散…という小さな事件はありましたが
とても楽しい丹後半島
歴史あり
笑いあり
美味し宮津
必ずや再訪いたしましょう😁

カモノハシのレポートでした👋

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事