宇目郷 温故知新録

子供の頃の記憶を手繰りながら宇目の里を訪ね歩き記録しています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
国道326号線道の駅宇目から桑の原トンネルを南に抜けた所が桑の原集落







イメージ 1




イメージ 2



イメージ 3

33番の観音様がある所は花崗岩の露岩で南側に展望が開けている。
南に326号線・臼杵集落・八本木(桑原山)が見える。

イメージ 1

因尾 上津川側 井の内隧道と隧道記念碑



随道は以前は素堀であったようだが今はコンクリート吹き付けられている。旧道は本匠側土砂崩れの為通行出来ません。

イメージ 3



イメージ 2

碑念記道随

右 側面 大正五年十二月成 石工 大野仲吉
左 側面 南海部郡因尾村上津川□□
石碑に寄附した人の名前と金額が書かれている。


佐伯市内から宇目方面に行く道は三つあるがこのルートは高低差があまりなく、交通量が少ないので旧弥生町役場から宇目千束まで三十分程で行ける。但し10号線分岐から小半鍾乳洞付近までは道幅が狭いのが難点。


南田原赤水にある 鷹鳥屋山遙拝所、市道桑の原・藤河内線の下側にある旧道沿いの広場に建っている。
場所は県営桑ノ原発電所が正面下に見える大カーブの下にある。残念な事に倒木により半壊状態。
扁額を探したのですが見つかりませんでした。

イメージ 5



イメージ 1

赤水遙拝所から 鷹鳥屋山(仙のダキ)を望む

イメージ 2



市道の下側に並走する形で残存している旧道、幅は1m程桑ノ原から赤水を経て 鷹鳥屋神社・真弓に
或い樫原から大切峠を越えて木浦に行く道でした。

イメージ 4





イメージ 3

旧道の石垣


これで 鷹鳥屋山周辺にある鳥居(遙拝所5ヶ所)の調査が終わりました。時代の流れといえ訪れる人のいない鳥居や遙拝所は荒れ果て忘れ去られようとしています。 鷹鳥屋神社の関係者、矢野家をお訪ねして遙拝所の名前・所在地等が間違っていないかお聞きしたいと思っています。
イメージ 1

県道宇目・日ノ影線 田原集落から中岳に越す峠の傍らに立っている。
銘はは明治11年、型は明神鳥居で笠輪があります。


イメージ 2

鳥居から 南方にある鷹鳥屋さんを望む。立木が邪魔をして見えないが見えています。(次の写真)



イメージ 4

歌見遙拝所から南方の 鷹鳥屋山を望む。

イメージ 3

扁額  鷹鳥屋神社

イメージ 5

 神輿を置くための台と聞きました。
寒中お見舞い申し上げます。

30年位前に撮影、北川水系桑の原川並松谷上流にある観音滝が氷りついた時の写真



イメージ 1



イメージ 2



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事