ここから本文です
「かむ庵」 つれづれ帳−2
「かむ庵」のブログ、第2部です。今日も、いい日でありますよう。

書庫全体表示

『桂米朝一門会』

イメージ 1

恒例の『桂米朝一門会』
今回は、
ざこば、文之助など。

落語ブームと言うが、
上方の落語家は、270人超と。
米朝一門は70人を超す大所帯。
人間国宝 米朝が逝って、はや4年。
総帥がいなくなっても、
一門はますます隆盛。

一門を引っ張る、ざこば。
脳梗塞で倒れて2年。
まだリハビリ中と言っていたが、
動きも噺も、
そんなことは感じさせない高座。
大病を経て、
脂が乗ってきたという感じ。

  桂りょうば 「子ほめ」
  桂南天 「行きだおれ」
 桂ざこば  「傘碁」
ー中入りー
桂吉弥 「試し酒」
桂文之助 「片棒」

笑いました。


イメージ 2

イメージ 3

  • 江戸前の落語しか聞かなかった私が、上方落語に目を開かせて下さったのが米朝師匠でした。
    感謝感謝ですね。
    枝雀師匠、吉朝師匠を先に亡くされて米朝師匠は辛かったでしょう。
    米朝一門会は米朝師匠ご存命中に行きたかったですね。

    キャバン

    2019/6/8(土) 午後 7:46

    返信する
  • 顔アイコン

    > キャバンさん
    米朝さんが、車いすで弟子たちに支えられて来演し、あの明るい顔で、すずめと落語談義をしたのが、最後の高座でした。思い出されます。味のある弟子たちは、米朝さんの遺産ですね。

    [ かむ庵 ]

    2019/6/9(日) 午前 7:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事