ここから本文です
合法CBと特定小電力無線その他アマチュア無線など

書庫全体表示

CB無線はどんな感じ?

CBは、245Mhz帯が割り与えられている。赤い筐体(ウォーデーンまたは、クアンデーンと呼ばれています)の無線機がCB機。ハンディー機出力5W???外部アンテナOK。モービル機も同じく赤い筐体です。資格は不要です。但し登録が必要(外国人はパスポートの写しを提出。現地の人は身分証明書の写しを提出)誰でも手軽に購入可能のようです。なのでコールサインは付与されません。業務で駐車場整理、飲食店、工事現場などいろいろなところで使用されているということです。日本のDCRの使われ方と同じようなイメージといったところでしょうか。78Mhzから80MhzもCBで建設会社等に割り当てられていると聞きました。
イメージ 1
因みに黒い筐体がアマチュア機。ただし、中華系の無線機は、コマンド入力でバンドが拡張できCB帯まで運用可能ということです。ディスプレイは2バンド表示可。1台あたり5,500円から9,000円前後といった価格でしょうか。CB機は4,000円前後から9,000円と価格はほぼ同じようです。アマ機は拡張できるがCB機はアマバンドに拡張できないと言われましたが、ネットで見ると機種によってはできるものもあるようです。この国においては外国人なので登録せずに不法に所持し万一警察から職質されると面倒なことになるのでよく調べてから購入を検討します。といってみたものの聞こえる通信は全て現地語と通信相手がいない。
イメージ 2

アルインコのCB機があったので写真(下)を撮りました。中華メーカーへのOEMだと思いますが。一応英語の取り説も入っています。
イメージ 3

イメージ 4

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事