かながわF27のブログ

合法CBと特定小電力無線その他アマチュア無線など

全体表示

[ リスト ]

HIMAX VX-2RとMARSHAL MS-12を購入

免許不要・届出不要です。誰でも購入できます。
イメージ 1


NBTC認定機種としてIDステッカー貼付認証済み。
送信出力はCB帯で2W弱、140Mhz帯で約1W。その他300Mhz・400Mhz帯は送信不可。
イメージ 2
出力2W以下の認証済み(NBTCのIDシールあり)機種は無免許・無許可で購入使用が可能で合法的に運用できます。通信の目的は商用趣味問わず使用制限はありません。

PINコード入力等の設定で①136〜174Mhz送受信可能 ②240〜250Mhz送受信可能 ③300〜400Mhz受信のみ ④400〜520Mhz受信のみ というように拡張バンド対応です。その他FMラジオ帯の受信も可能です。
拡張バンドの設定方法は取り説には明記されておらず別紙に拡張コマンドと方法が記載されています。
取扱説明書は全てタイ語で記載されており英文表記はありません。但し無線機の設定メニューと表示は英語なのでタイ語がわからなくても基本的な使用方法は問題なくできます。

②のバンド245Mhzから260Mhz内の12.5Khzステップの運用が合法運用です。
予めチャンネルメモリーがされています。VFOモードだと許可周波数以外送信できてしまいます。

ハード改造なしでCB帯以外も送受信できてしまうのに合法機とされているのがこの国のすごいところでしょうか。

MARSHAL MS-12について
免許不要・届出認証必要
 2W以上の認証された無線機(NBTCのIDシール)とその使用許可申請が必要です。
申請料は535バーツです。購入して無線機は当日持ち帰りして役所への届出許可手続きは販売店へ手数料を支払い代行してもらいました。翌日の夕方に許可証を受け取りに行き全て完了です。

許可届けに必要なものは、パスポート顔写真ページ写し1枚とタイ国内の住所、電話番号を申請用紙に記入。ワークパミットやその他の在留証明書などは不要です。購入と届出申請は外国人であっても平易です。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
本来のCB帯以外の150Mhz帯も送受信可能であるのに合法的に届出だけで所持は許可されます。実際は上記写真にある許可周波数内の運用しかできません。違法運用して捕まれば処罰は免れないと思われます。

その他:購入に際しては、中華無線機のため初期不良等も多々あるとおもわれるので出力チェックと変調の確認など及び付属アクセサリーの充電器等のチェックは必ず行い、保証書等は無いので購入時の領収証はしばらくの間保管が無難と思います。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事