かながわF27のブログ

合法CBと特定小電力無線その他アマチュア無線など

全体表示

[ リスト ]

調べてみたところ2010年12月にNBTC法が施行され2011年9月にタイ国家放送通信委員会が発足し、テレビ・ラジオ放送事業・電話など通信事業の無線周波数の割り当て、免許の付与等の管轄を行う政府機関。下の画像がNBCにて認証のシール。
イメージ 2

シールのサイズ(単位はmm)


イメージ 1

 タイで通信機器を使用または販売するには定められた基準に適合していることの証としてNBCの登録・認証手続きが必要となるようです。これには3つのクラス分けがありクラスAは、衛星通信機器・車載レーダーなどの登録。クラスBは、VHF/UHF(FM)認証。SDoCは、短距離無線機など簡易機器が該当し適合宣言(当局への申告)と規定されています。

 ウォーデーンの出力2W以上の送信出力無線機は認証(届出)が必要。それ以下の出力はSDoCに該当し適合宣言の証として同様にNBTCシールが貼付されているということのようです。認証の有効期限はなし。NBTCのシールがないものは違法機器となるものと思われます。因みに罰則規定は、無認可の通信機器や認可申請に虚偽が合った場合は、「10万バーツ以下の罰金または、5年以下の懲役または、その両方」が課せられるようです。

 その他、認証対象外の装置として、「一時的に持ち込んだ商業目的ではない私物で、不要になった際に持ち出される通信装置」と規定があるようです。単純に解釈すれば、日本のアマチュアバンドが送信できる広帯域受信機を受信目的で持ち込んだ場合はどうなんでしょう。??と疑問です。??入国時検査または街中でで職質を受けた場合、受信目的として説明申告すればスルーをするのでしょうか。アマチュア無線機器はクラスBに相当します。商用目的で持ち込めば認証が必要です。認証に必要な試験レポートをつけて認証代行業者に依頼した場合の申請料は約20万円。試験データをあわせて依頼した場合は65万円程度費用がかかるようです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事