カナヘビ_パパのブログ

中学2年の放課後モードの超スローペースな模型部屋です。

少年科学社のにぎやかし

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本年第二回目の一人反省会です。(一回目は九六艦戦)

(よかったところ)
・切り離した または 塗装した部品をビニール袋に入れた ⇒ 紛失、塗装の損傷防止に効果あり。
・クリアグリーンは、クリアイエローにクリアブルーを重ね塗りする (混ぜるのではない)

(気をつけるところ)
・流し込みタイプの接着剤をボスに多量に流し込まない。 ⇒ プラスチックが変形する
・梨地塗装だとタミヤの墨入れは濃度が薄すぎてスジ以外ににじむ。
・クレオスのマルーンは下地隠ぺい性が低い。ワインレッドに近い色。
・塗料の隠ぺい性を考えて、サーフェーサーを吹くか判断する。
⇒今回の艦体色・艦底色では、パテ処理した胴体のみサーフェーサーを吹くだけで十分。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

少年科学社さんのショーウィンドウに仲間入りさせてもらいました。
年内に完成させるという目標も達成できてめでたしメデタシです。
ヤマトものの売れるきっかけになることを願います。

やっぱり大きいですね。
他に飾らせてもらっているものちょっと持ち帰らなきゃです。年末年始の時にでも。
(撮影しそびれちゃったんで、科学社のマスターに写真送ってもらいました。ありがとうございました。)
イメージ 1

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

持っていくための箱もないので作るしかありません。
近所のスーパーに行って段ボールをもらい、適当な大きさの箱を作りました。
「にんじん」の入っていた箱です。
気長にちゃんと保管できる箱を探します。

埼玉から持ち帰るので大変です。電車の中で壊れなければいいけど。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

お約束のアングル画像です。
ちょっとハレーション気味で色が薄めになっちゃいました。
しかし、ガラケーでこれだけ撮れるとはスゴイですね。

ちゃんと撮影しようと思っても、撮影ブースに入りません。
仕方がないけど、少年科学社に持っていくことを優先します。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

近景です。
ストレートに組んだだけなのに、、これだけちゃんとリアルになるのは大したものです。
窓のクリアグリーンも、まずまずの色合いになりました。
艦橋周りももっと複雑ではないかという先入観がありましたけど、案外シンプルなんですね。
今はどうしても2199のキットに目が行くのでしょうが、これはこれで、初作ヤマトの総括的なキットとして、
もっと広まっていいキットだと思います。
スナップキットで私のような戦艦を作った経験すらない+門外漢でも作ってそれなりの見栄えが楽しめるのが
いいですね。
何よりめげずに完成までこぎ着けたことが嬉しいです。今後大きめのキットを組むための経験にもなりました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事