ここから本文です
夢のリハビリテーション 〜偕楽園ホームブログ〜
みなさまと生涯、ピーク宣言! 今がいちばん元気な人生を

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

窓の雪によせて


イメージ 6

窓の雪 鏡の中の われ照らす
(夢リハ詠)


のリハビリテーションをめざす楽園の逸材、偕楽園ホームの夢リハです。
ウェルカーム<(゚ー^)ノ

「東京の雪は峠をこえた」とニュースで耳にした途端、八王子に大量の雪が舞いはじめました。てやんでぃ、端っこでも八王子も東京でいっ。

それでは! どうか一つ、夢リハの記事におつきあいください。

イメージ 2

の光、窓の雪。おなじみのこの歌は、蛍雪の功という中国の故事成語に関係していると言われています。

蛍雪は、並々ならぬ苦労をして学問に励むこと。
は、努力が実って得た成果という意味があるそうです。


イメージ 3



私は、に通じると考えています。
その根拠は、孔子の教えにこうあるからです。


身を立て道を行い、名を後世に挙げ、
以て父母を顕すは 孝の終り也。

立派な人物となり、正しい道を実践し、名をあげて、
「すばらしい人を育てた」と父母が称賛されることが、孝行の終わりである。


イメージ 4


しい道を歩み成功をおさめることで、親孝行は完成する。
孔子はそう唱えたのです。

成功するだけでも大変なのに、それが正しい道かどうか。
歩みのさなかに判断することは難しそうです。


イメージ 5


おなじ孔子の教えにある
自らを喜ばせ、他者を喜ばせる心が、その羅針盤かも知れません。

二月の雪によせて、蛍雪の功にちょっと触れてみました。
それでは‥‥せぇのっ

HAPPYにいきましょう!!


ときおり覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ

イメージ 1

今日クリックありがとうございます<(゚ー^*)ノ↓

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事