ここから本文です
夢のリハビリテーション 〜偕楽園ホームブログ〜
みなさまと生涯、ピーク宣言! 今がいちばん元気な人生を

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

労い


イメージ 6
ゆめりは 4さい(ぐらい?)



のリハビリテーションをめざす楽園の逸材、偕楽園ホームの夢リハです。
ウェルカーム<(゚ー^)ノ

何のために、私たちはこの地球(ほし)に生まれたのでしょう。

それでは! どうか一つ、夢リハの記事におつきあいください。

イメージ 2


らは、幸せになるために、この地球(ほし)に生まれました。

ハッピーになるために、ここへやってきたのです。


イメージ 3


望をもって、背筋を伸ばして歩いていきましょう。

自分ばかり頑張っている。あの人はやってくれない。ズルくて頭にくる。
そんな風に感じる時は、がんばっている自分への労い(ねぎらい)をしていない時。

介護の現場など、とくに労われることもなく当たり前のように皆がしている業務は、じつは全然当たり前じゃない。注意深さと努力の産物だったりします。



イメージ 4



供の頃のように誰かが労ってくれるのを待っていても、社会を動かしているのはほとんどの場合、両親ではありません。暖かくて愛情ある家庭と、社会は少し違う場所です。

かつて両親がしてくれたように、よくやった、よくやった、と自分の頭を撫で撫でしてあげましょう。自分を労って、自分の頑張りを認めてあげましょう。


イメージ 5



そしたら、トゲトゲしい心も、すーっと楽になるかも。

聞きかじった話では、あの松下幸之助さんにもそんな逸話があるそうですよ。


◇◇◇


言葉の刃物をふりかざせば、誰もかれも傷つくばかり。
自分で自分を労って、「よしよし」と疲れた心を癒してあげましょう

さらに。いつもお互いに当たり前と思っていることが、じつは全然当たり前じゃない‥‥そんな努力を一つ一つ、口にだして労いあえる組織があるとしたら、それはきっとハッピーでサービスの質も良い組織と私は思います。

福祉・介護の世界にそんな組織が増えることを心から期待します。
そのために僕は、これからもよくお礼を言い、よく労います。

それでは‥‥せぇのっ

HAPPYにいきましょう!!


ときおり覗いてみてください → 社会福祉法人 一誠会 のホームページ

イメージ 1

今日クリックありがとうございます<(゚ー^*)ノ↓

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事