石川の未来‼

ブログは2011年をもちまして終了しました

全体表示

[ リスト ]

8000PV突破!!(8月5日)
どうもkanazawacomです!
8月です!夏もあと半分?そして残暑厳しい秋へ突入もあと少しです!
今日はNEWS・情報形式にしよう!と思っても、記事がなかったので…。
だから今回はホームページ石川の未来!に掲載が遅れている
『KOMATSU小松工場解体状況レポート!!』をお届けします。
 
写真の撮り始めから掲載します。
 

           6月20日

イメージ 1
写真を撮り始めて第一回目の日。
もうすでに業務棟?(一番左の建物)は、半分壊されてしまっています。
 
イメージ 2
工場の大型プレスなどを作っていたところも壊されています。
 
イメージ 12
さてここも駅に面した場所で、白い防音壁に包まれようとしています。
 
 
 

6月25日

イメージ 13
この日は急いでいたもので…。
右奥に鉄骨屋根の工場が見えます。屋根をとって鉄骨が見き出しになっています。
まだ小松大和はあります。
 
イメージ 14
こちらは見ずらいですが、奥にがれきを積んであります。
手前にある棟は壊しません。
 

7月1日

イメージ 15
さて、ついにすべて防音壁で包まれてしまいました。
これから本格的な解体が始まります。
 
イメージ 16
ガレキもダンプが持って行ったので少なくなりました。
 
イメージ 17
解体中。
 

7月14日

イメージ 18
あらら…業務棟がすべてなくなり更地に…。
がれきもすべてなくなりました。
なんか無の地帯みたいな…。
 
イメージ 19
おぉ!工場もなくなっている!
こちらもがれきはありません。
きれいさっぱりです。
 
イメージ 3
ついにKOMATSU小松工場の文字が書かれていたところも壊されました。
 

7月28日

イメージ 4
すごい更地!奥の研修センターとなる棟のみがそびえたっています。
 
イメージ 5
みごとです。ついに100000平方メートルの広大な敷地が小松駅東に誕生です!
というか早く研修センターができないと!
 
イメージ 6
小松工場の看板はいつまで残っているのでしょうか。
 

そしてこの先の未来へ!2011年5月

KOMATSUのホームページより。
(引用)

(1)小松工場跡地(石川県小松市)を活用し、新研修センタを設立
 本年3月に大型プレス機械の生産拠点を小松工場から金沢工場へ移管・集約しましたが、小松工場跡地については、2011年5月を目処として新しい研修施設を建設し、現在、栃木県や大阪府で行っている社内研修やサービスエンジニア向けトレーニングを集約します。
 特にサービス教育に関しては、「戦略市場」の拡大とICTの進化を見据え、新規のプログラム・教材の開発を進め、サービス教育のグローバルな発信拠点としての役割を担っていきます。また、併設する会議室棟においては、さまざまなグローバル会議を開催する計画です。
 敷地内には、創業当時に小松市にあった当社の旧本社建屋を「記念館」として再現し、子供たちの機械技術の体験や理科実験などの場として提供するとともに、小松の里山を再現した緑地を設け、子供たちに自然観察の場を提供します。加えて、海外の鉱山で実際に使われていた超大型ダンプトラック930E(コマツアメリカ製)を展示します。930Eは海外の大規模鉱山で使用される機械で、日本には初めて持ち込まれるものです。これらの施設を核として、地元の行政や教育委員会とも協力しながらソフト面での充実を図り、多くの子供たちが集い、理科や自然に興味を抱く機会を提供することで、当社発祥の地である小松市へ貢献していきます。


<石川県小松市の新研修センタの完成予想図>
イメージ 7

<石川県小松市に展示する超大型ダンプトラック930E(写真は同型機)>
イメージ 8

というわけで、振り返ってきました。
あの一つだけ残っていた棟は研修センターとなります。
イメージ 9
イメージ 10
 
そして、平成9年度の小松工場の写真もあります。
イメージ 11
 
 
これからもKOMATSU小松工場のレポートを続けていくのでよろしくです。
 
=====END=====
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事