ここから本文です

今年2度目の日本海♪

前回の釣行でマイボートにまたまた不具合が見つかる。
再度修理依頼を掛けたため(結果は思ったよりも早く修理が上がったのですが)釣友TOM氏に「日曜日乗せてね〜」と我が夫婦の予約を入れておきました。でもって本日氏の艇で余市マリーナから6時出港。

予報が良くないので近場でヒラメ、ホッケ等を狙う事に。

港を出て程ないポイントでヒラメ釣り。
すぐTOM氏に1枚。食べ頃の40cm。
ジグでヒラメを釣ったのは初めてとの事
イメージ 1

「皆の者続け〜!」と我が夫婦もハッチャキこきます(北海道弁)が、続かない
うでが悪いんじゃなくて、まだ水温が低く早すぎるようだ。

何度か移動してこんなポイントでホッケの入れ食いを一時楽しみました。
イメージ 2


イメージ 4
        ジグにホッケなんて事も。

イメージ 3
外道ですがマゾイ、クロゾイも。

イメージ 5
移動時に撮った写真です。キャビンのドアに映った妻をパチッ
尊敬、憧れ、敬愛する巨匠「山本文彦」先生のタッチッぽい(ゴチャゴチャ言わんでね〜。大違いなのは分かっちょります)写真になりました

ヒラメ、ホッケ釣りから途中外道釣りになりました。
大(15kg)×1、中(7kg)×1、小(3kg)×1と短時間でVIPな外道も上がり、我が家には本命ヒラメこそ無かったものの大満足の釣行となりました。
今日も一日楽しく遊ばせて頂きTOMちゃん、ありがとね〜
イメージ 6
釣果の一部です。

この記事に

午前2時に起きて3時半頃マリーナに到着。
今日も僚船konchan号のケツについて出港。


桜のハイシーズンは終わって残りの花弁を摘みにアッチャコッチャと移動を繰り返し、6時頃1本、7時頃1本。


本命ハリに掛けた魚は4匹だったのですが、デッキに上げられたのは2匹。
イメージ 3



今日もスケトウが

イメージ 2

妻はジグを振り続けましたがゲット出来たのはスケトウのみ。
イメージ 1
妻はライジャケ忘れて装備のゴワゴワを着てます。このゴワゴワが良くなかったか

終日弱い雨での釣行でしたが、凪に恵まれ2匹とは言え本命にも会えました。
多分これが桜マス最後の釣果となると思いますが、次回もチャンスがあれば狙ってみます。

本当は「アオマス釣りて〜」んだけど、ほとんど釣れていないようなので・・・




この記事に

3時半にマリーナ入り。
イメージ 7
とても寒い朝で薄着をしてきた事を悔やむ。
4時に僚船Konchan号のケツついて出港。
イメージ 1

昨年今時期の実績ポイントに入るが音沙汰なし。
その後チョロチョロ移動。

何時頃だったか記憶に無いのだがkonchan号とDolphin号の無線交信を傍受。
「21分170mで入れ食いですよ」っとDolphin号。
丁度Dolphin号に様子伺いをしようと近くまで寄っていたので、「こりゃ、大変!」と真横ですぐさま仕掛けを下す。

ものの2,3分でジグにヒット!因みに今日のヒットジグはダイワ平型緑ジグ200gブルーの蓄光テープを貼ったもの(写真忘れました)。
サクラマスの可視域(こんな言葉があるかは分からない)が緑からブルー(何故か緑は緑で、青はブルーと表記)なので今回はこのジグに拘ってみた。

最近知ったブルーの蓄光インク、テープ。即買いしました。
イメージ 2
                 
イメージ 3
            オレンジと従来の緑も購入。


話が脱線しました。

3本は良いペースで釣れました。その後はボチボチ
イメージ 4

が、Dolphin号が「釣れないから深場へ移動しますワ」と言って居なくなった頃から我が艇も渋くなる。予報通り9時からは雨が降り、Dolphin、konchan2艇が9時半に沖上がりするとの事で弊艇(こんな言葉は多分ないが)も納竿。

イメージ 5

街道に咲く桜は満開。そんな日に海に咲くサクラを極短時間ではあったが堪能しました。

な〜んちゃって
本当はカラフトマスが本命だったのですが、途中から本命をサクラマスに変更(釣れたものを本命とする情けない根性

イメージ 6
2kg筆頭にまあまあの型でした。船長6本、妻珍しく絶不調、スケトウをリリースするばかり

この記事に

昨日釣ったクロソイを調理しました。同じ海域で年中釣りをすると必然的に年中同じ魚を喰らう事になる。
皆さんにあっても毎回釣れる同じ魚を、どう料理しようかと頭を悩ませている事と思います。
今回は「ニンニク味噌漬け」、「味噌粕漬け」、「塩麹の干物」、「オリーブオイル漬けバジルニンニク風味」、「エセ燻製」、「エセこぶじめ(こぶ茶)」。


昨日大量の魚を夫婦で解体+塩水処理。疲れてしまってそのまま冷蔵庫へ(私ではなく魚を)

本日4時間ほど掛けて製品化。今回初めて挑戦するのは「オリーブオイル漬けバジルニンニク風味」。
ブロ友さんの中には調理、料理の解説が上手い方がいます。んが、私はド下手なんで画を見て想像してね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

って事で早速焼いてみました。いや〜、高級イタリアンの味でした。これならお配り出来ます。
イメージ 5

この記事に

クロソイ1色

朝起きたら海況予報が良くなっているではないか!
妻を起こして急いで釣りの用意。
恒例の朝の気温。
イメージ 3

7時30分出港。本当は登別或いは白老まで足をのばし「アオマス(カラフトマス)」を狙いたいのだが、予報が良いのは噴火湾内のみ。
したがって噴火湾で沖根を物色する事に。


第1投目でグググッ、「もうはやかい!、しかもデ、デ、デカイぞ!」。
上げてみてビックリ5匹
イメージ 2
本音言うとこの重みで1匹だったらと思うのだが、もちろん悪い気はしない。
今日はエライ事になりそうな予感


その後妻とWヒットで船長6匹、妻5匹の11匹なんて珍事も。
もはやオカルト的釣果
イメージ 1
※1匹妻の方へ寄ってますが、上記のとおりです(チッチャな男と思わんでね)。

11時から全く中りが無く、12時納竿。4時間釣れっぱなしと言う訳ではなかったが、大いに楽しませてもらいました。
特筆すべきはクロソイ1色の釣果で外道無しだった事。普通数匹は外道が混じるもの。不思議な釣果でした。

イメージ 4
4時間実釣の間予報以上の凪でした。

イメージ 5
明後日の予報が良さげなんで「アオマス」釣りに出たいもんです

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事