ここから本文です

出竿出来ませ〜ん。

これで4週間も出竿出来ておりません。ストレス溜まるワ〜

10月28日に追突されてから長い代車暮らしだったのですが、ようやっと修理が完了したとの事で車を引き取りに行ってきました。
大した破損は無いと思っておりましたが、国内に部品の一部が無く時間が掛かったようです。ほぼほぼ新車の代車(同じ車種)だったんで気を使って乗車しておりましたが、結構汚れてしまいSSで車内清掃をしてから返却しました(次回代車に乗る機会があったら、ボロ車が良いワ)。


車が戻ったところで「ボヘミアンラプソディ」を見に。我ら夫婦同様の60歳前後の方が殆ど。
イメージ 3
このポスター、ガサすぎるやろ〜なんじゃ小学校の交通安全ポスターコンクールっぽいデザインは


泣かせるストーリーでは無いのですが、何故か涙が・・。(最近年のせいで涙腺が緩い)

私が最初に出会った西洋ロックミュージック。クイーンに憧れてエレキギターを手に入れ中学生の身分でバンド活動に入れ込みました。ただサッパリ、パットしない演奏技術
今でも車にはQUEENとDEEP PURPLEは常備してます。



と、フィッシュランド(北海道では最大級の釣り具チェーン店)に立ち寄り。
北海道では有名なジグ「カムイジグ」の売り場。他のジグとは一線を隔して別コーナーがあります。
イメージ 1
たま〜に新色があるので覗きます。200g〜1kgまで。年に2〜5本はロスト。お気に入りのカラーをロストするか、持っていない色を発見すると購入。
って事で
イメージ 2
結構な品ぞろいになっております
この他にも数十キロのジグが

出竿叶わずこんな暇つぶしでした。釣り行きて〜イメージ 4




この記事に

こりゃ、あか〜ん(~_~;)

先日我が町朝の気温がマイナス8度まで下がった。ボートを置いてある室蘭はギリマイナスにはなっておりませんが。

ボートのエンジンが凍ってしまった事は過去に何度か。融かすのに酷い目に合う。
と言う事で本日クーラントをエンジンに充填するために、室蘭へ。

一応釣り道具持参しましたが、波高く船中の道具整理とクーラント充填したら帰る予定でした。
んが、僚船のkon-chan号が出るとの事で弊艇もくっ付いて出る事に。
イメージ 1
桟橋離れたkon-chan号

が、が、防波堤の外は思っていたよりも波高く1.5~2m弱
命知らずの先行艇は300m程先を進んでいるが、弊艇防波堤出て300m程で「こりゃあか〜ん、ギブアップ」。
無線入れて戻る事を伝え、変針。

kon-chan号の今日のブログが楽しみだわ〜釣れたかな〜。


この記事に

去る10月5日イカ夜焚き。登別沖26時。

30〜40cmのサバが湧きました。
タモで幾らでも掬える程。
水中400wのLEDの投光後暫くして魚探は
イメージ 1
艇下0~40mまでビッシリ。イカはこの下


肝心のイカは57ハイ

この記事に

鮭釣り第1段

今年初の鮭釣り。
今年の鮭漁獲量は記録的不漁だった昨年(平成になって最低)をチョイと上回っている程度(私のポイントである噴火湾では更に下回っている)。
この前置きが大変重要

白波が広がる防波堤の向こうへ出て、10分ほど艇を走らせポイント入り。
パラシュートを出すが1.2~1.5ノットで岸に寄せられる。
何度か流すが「うんでもなきゃ、ふんでもない」。

僚船kon-chan号に無線連絡すると、伊達火発から豊浦に移動中とのこと。
我が艇も30分ほど走って、虻田沖へ。
途中鳥山。中サバや小サバ、リリース
イメージ 3

虻田沖、鮭の跳ね見えず。ぶっこみのドジャーと何の根拠もないスプーンの打ち込みが続く😂。

やがて諦めムードが広がる(妻はそうでもないようだ。どんな時も船長より情緒が安定している)、気分転換のため沖根へ向かったが先客があり、根周りでショボイ釣り。
イメージ 1
25cm程のトウベツカジカ。リリース。
イメージ 2
20cm強のエゾメバル。オールリリース

根、根周りに鮭が居ないとは限らない。根魚釣りで鮭を釣った話なんぞいくらでもある。
でもって「本命の鮭が〜」って
イメージ 4
じゃねえじゃん。「最近見てないと思ってたらこんなとこに居たんか〜い」。
「ッたくふざけやがって

ま〜こんな調子で楽しい釣りも(ウソだろ)11時チョイに納竿。
イメージ 5
帰りは穏やかな海に。
遊漁船も僚船も皆さん本命デコ。
ゆっくり眠れるワ


この記事に

追突くらい警察待ち

千歳市内信号待ち、追突くらい今警察待ち。相手はこちら。

イメージ 1


我が車被害は少々。\(^^)/

イメージ 2

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事