ここから本文です

初物ヒラメ

火曜日5日に今季最後となるサクラマスを終えて、晴れて本日季節の魚ヒラメ釣りに。
我が街3時の気温9度。寒〜。途中苫小牧の気温6度。マリーナの気温9度。
イメージ 1

マリーナから出て10分ほどのポイントで出竿。
    イメージ 2
終日入れ替わり立ち替わり、水深10m〜23mに10〜15艇位が群れている状態。

松川カレイ(王鰈)が10時半までに3匹掛かるが本命のヒラメちゃんが掛からない。この松川なる魚の引きはヒラメ以上の引きなので(
※感想は個人差があります)顔を見る前にそれと分かる。たま〜にアイナメと間違えるが
アイナメもビッグファイターで松川が釣れたと思いきやアイナメなんて事も。
イメージ 3
このパンダ模様は養殖物の証。

やっとヒラメが掛かったのは11時5分。諦めかけていたその時がやってきました。松川とは違う品の良い中り。ジグなんで「ヒラメ40」なんて悠長な事は言ってられない。即合わせで巻き巻き。スピニングリールだったのではっきりとは分からないが(いつもはベイトリールで、勝手が違って分からない)、小さいようだ。
イメージ 4
大きく写してもらいます

結局本命はこの1匹で終わり。妻は覚えたてのジグで頑張ったんですが、先週に続きデコ。ただ毎回コツが掴めてきているようで次回に期待です。

余談ですが潮上り時に竿上げを忘れてしまい、海に一式ご奉納。と、よくある話だったはずが、よくは無い話に。
ご奉納したはずの竿一式を1時間後位に釣ってしまいました。
イメージ 5
何やら重い引きがあり巻き上げてみるとラインが絡んでいる。ラインをはずしてリリースしようとすると妻が「さっきロストした仕掛けかもしれない」なんて下らない事を。まさかと思いながら糸を手繰るとなんと、なんと海中からロストした竿が。金の斧じゃなくて金の竿になっているとか、リールがソルティガに代わっているともっと良かったのに
以前にアンカーをロストした事があり、別のアンカーを海中からゲットした事がありますが、それ以来の快挙でした


風が強く厚着をしないと寒い1日でした。因みに妻はダウンウエアー。
本命は1匹でしたが、竿が釣れラッキーな1日でした

イメージ 6
43〜50cmといずれも食べごろ。
食べごろも良いけど次回は70cm超えをか、ソルティガを釣りたいもんです


この記事に

居ないわな〜

3日にサバとサクラマスを掛けたもんだから、調子にのって本日「マイカ」と「サクラマス」と言う時節違いの獲物を探しにおひとり様登別沖へ。サバとマイカはセットで回遊している気がするもんで。

サクラマスは遡上する季節なんで岸寄り。マイカは例年だと150〜200mか。
6時にポイント入りして75m〜220mの広範囲をぬかりなく探索

正直今日の釣りで本命が釣れる確率はか〜な〜り〜低い

特にマイカが釣れる確率はほぼ0%と言っていい。例年9月頃にならないと釣れないからだ。ただ例年になくサバが早く入ったので絶対釣れないとは言いきれないと、思う・・。

奮闘〜努力のかいもなく・・」やせ細ったサバが数匹とソウハチカレイが掛かっただけ。サバは1匹だけ丸々と太っていたのでキープ。サバ折後、内臓を取って血あいを掻きだし血を絞る。1匹だから出来るビップ待遇
イメージ 3
イメージ 1
約40cm。場所によってはサバが湧いていたのでトップで釣るのも面白そう。

11時15分に本命を諦める。40分ほど移動して地球岬沖の根に移動。

移動途中、鷲別沖は白波。視界50m〜100mで減速して航行。
イメージ 2

頼りのレーダーの調子が悪い。上架後メカニックさんに新しいレーダーに交換依頼。なにせこれから2カ月位この海域は濃霧に覆われる事が多く、レーダー無しでの航海は厳しい。

根魚釣りでお口直しのつもりだったのだが、時間も時間で中りが遠い
ソイが3匹のみ。13時30分に同ポイントを離れ帰港。

分かっちゃいたけど確かめたくなる性分。結局しょうもない釣果だったが、頭の中をグルグル回っていたサクラマスが居なくなってスッキリした(神に誓って、負け惜しみじゃありません)。
万が一釣れていたらと思うとゾッとする(また探しに行くからだ)。

次回はポチポチ釣果情報のあるヒラメかな〜

イメージ 4


この記事に

散った桜を

4時6分桟橋を離れる。
本日も季節感の無い釣り。「サクラマス」。「えっ?、まだ居るの?」なんて聞こえそう。例年ですと沖のサクラマス釣りは4月いっぱい(もちろん年によって違いますが)。

昨日テレビを見ていたら女優のイメージ 1さんが番組で北海道神宮周りを散策した際、鮭専門店の「丸亀」に入店。
船上活じめ「サクラマス」が1尾\17,000で売ってるじゃありませんか!魚体は2〜kg位でしょうか。

■丸亀 円山本店

住所:札幌市中央区北1条西27丁目3-16
電話:011-○○○‐○○○○
営業時間:午前9時〜午後6時(秋冬期間は午後5時半)
定休日:1月1日〜3日
昭和10年創業、鮭加工品の老舗
・活〆桜マス おさしみ鮭誂え(2切)1,728円
・桜ますさく造り(1本約130g)2,484円
※大丸札幌店・新千歳空港店・インターネット販売も
 
ホームページより
130gのさくが2484円!
調べてみるとこの時期のサクラマスは超超高級魚能書きはここまで。


でもって、当然「サクラマス」狙いに。

22分150mへ向かう途中80mラインで魚探に強烈な反応があり、ジグを振るとソウハチカレイが1枚、1枚掛かるが長居は無用。

さらに40分走りポイント入り(22分150m)。
30分ほど振り振りしてヒット
海面から6m程。妻に「タモタモ!」と叫びリールのハンドルを3回転した4mのところで痛恨のフックアウト
気持は萎えたが、サクラマスが居る事は分かった。

1度270mへ移動するが外道も無く30分ほどで元のポイントへ。

8時丁度に僚船Kon‐chan号、9時20分POPEYE号が同海域に。

9時丁度と9時30分に船長の竿に本命がヒット。2匹とも無事ネットイン。
イメージ 2

うれぴ〜、うれぴ〜


妻の竿をピクピクと何者かが。釣れるであろうスケトウダラ、ソウハチカレイとはチョット違うようだ。何だ?上がってみてビックリ。「サバ」。この時期に・・サバ!
イメージ 3
33cmの中サバ。その後も
イメージ 4
33〜35cm。もしかして今年はマイカの訪れが早いかも
なにせサバとマイカはセットなんだから。次回は駄目もとでイカの用意もしよう。

ソウハチは妻が釣った39cmが最大。
イメージ 5

思わぬ珍客(サバ)の訪問もあり楽しい一日となりました。マスは1.5kg程度で先週の物に比べ一回り小型ではありますが、店頭に並べばv( ̄ー ̄)v

イメージ 6

この記事に

遅桜を求めて

すっかり夜明けが早くなり、3時半頃から明るくなる。

24日に出竿した僚船「終日号」、「カラフトマス」を4匹ゲット。ブログにはポイントも明記されている。

本日そのポイントに向かって4時5分出港。
1時間と少しでポイント着。
SNSのご時世、終日号のブログを見て(多分)白老方面からも2艇やってくる。
3艇で出竿するがこの2艇は1時間ほどで移動。我が艇は1時間半粘るが、ノーヒット。


その後125m〜170mを何度も流す。この時点で「カラフトマス」から「サクラマス」に本命がスライド。似たような魚で本人的には違和感はないイメージ 1

ようやく1本目きたのが7時頃。23mと浅い。終日この棚を狙う事となる。
イメージ 4

7時に出港した「kon‐chan号」が現着した8時過ぎに妻が1本。
イメージ 2
バケ振りがキツく釣果が下がっていた妻は前回からジグで挑戦していたのだが、簡単に魚が掛かる訳もなく、本日晴れて釣果につながったイメージ 3

3匹目は1時間ほど後だったような気がする。最近記憶力が落ちていて思い出せない事が多いメモを取りながら釣りをしようかしら


この時期にサクラマスを狙うなんて他に居るのかと思いきや、僚船5艇が集まる事に。この5艇打ち合わせもなく広い海の一点に時季っぱずれの魚を狙って集まった。何だか笑ってしまった

昼になって2艇がポイントを離れ帰港の途に。我が艇も後を追い納竿。意地汚く帰港時2点で出竿。本命を狙うが、カレイがジグに掛かるのみ
あれほど厄介だったスケトウの姿が見えず、季節変わりを感じました。

上架後2船長と次回の狙い魚を話しましたが、流石にサクラマスは「もうやらない」ようだ
イメージ 5
3匹とも2kg超えでした


この記事に

今年2度目の日本海♪

前回の釣行でマイボートにまたまた不具合が見つかる。
再度修理依頼を掛けたため(結果は思ったよりも早く修理が上がったのですが)釣友TOM氏に「日曜日乗せてね〜」と我が夫婦の予約を入れておきました。でもって本日氏の艇で余市マリーナから6時出港。

予報が良くないので近場でヒラメ、ホッケ等を狙う事に。

港を出て程ないポイントでヒラメ釣り。
すぐTOM氏に1枚。食べ頃の40cm。
ジグでヒラメを釣ったのは初めてとの事
イメージ 1

「皆の者続け〜!」と我が夫婦もハッチャキこきます(北海道弁)が、続かない
うでが悪いんじゃなくて、まだ水温が低く早すぎるようだ。

何度か移動してこんなポイントでホッケの入れ食いを一時楽しみました。
イメージ 2


イメージ 4
        ジグにホッケなんて事も。

イメージ 3
外道ですがマゾイ、クロゾイも。

イメージ 5
移動時に撮った写真です。キャビンのドアに映った妻をパチッ
尊敬、憧れ、敬愛する巨匠「山本文彦」先生のタッチッぽい(ゴチャゴチャ言わんでね〜。大違いなのは分かっちょります)写真になりました

ヒラメ、ホッケ釣りから途中外道釣りになりました。
大(15kg)×1、中(7kg)×1、小(3kg)×1と短時間でVIPな外道も上がり、我が家には本命ヒラメこそ無かったものの大満足の釣行となりました。
今日も一日楽しく遊ばせて頂きTOMちゃん、ありがとね〜
イメージ 6
釣果の一部です。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事