ここから本文です

サクラマス第9弾

2〜3日前の記録的寒波が去って、本日暖かくなる予報。
我が街、未明の気温―7度。冷えた日が続いたので随分と暖かく感じる。

妻は所用でお一人様。
マリーナ(室蘭)は冷えたとみえて、係留してあるボート周りが薄氷で埋め尽くされている
小雪が降っていて視界が悪い。
イメージ 1

7時出港、8時少しにポイント入り。
イメージ 2
予報が良いとは言えなかったのでプレジャーボートの姿は若干少なめ。
遊漁船が目立つ。
19分105m〜115m辺りが今日のポイント。まずは広く散った船団の一番浅場に陣取る。艇は深場へ押される。


1匹目がなかなか拝めない。若干の焦りの中ようやっと掛かったのが9時。ピンコマス。おそらく600〜700g位。本来リリースなんだろうが、これっきりって事もあるんでキープ

2匹目がなかなか出ない
1匹目の後1時間後に型物がヒット。これは1.8kg位ありそう。
その後忘れた頃(忘れる訳もないが)にポツポツと。11時頃Wで掛かって、1匹目は無事ネットインしたものの2匹目をロスト

規制時間ギリギリまで粘り本命6匹+カレイ20匹位(キープ)+マダラ1匹+キューリ1匹。
巻き上げ途中で本命2匹ロストあり、全部釣れてりゃまあまあの釣果だったのに〜、っと「釣り人あるある」
スケトウダラ3桁リリース。1竿に5〜6匹釣れる事度々。

イメージ 3
今日も楽しい一日でした

この記事に

記録的な寒波の影響で今日もドン冷え。
イメージ 1

ポイント入り7時30分。凪。既に遊漁船、プレジャーで賑わっております。

妻の1投目に即反応
昨夜、明日は何だか定量釣りになる気がするのと妻が言っていた事を思い出すが、過去最高が先日の6匹の妻にとっては定量10匹は高いハードル。
この時点では快くタモ入れをさせて頂く船長

であったのだがその後も妻の竿は絶好調
船長、中乗りさんの体。大袈裟に言うと釣っている暇がない。

妻9時までに定量10ッ匹〜
イメージ 2
           1回目のトリプル。

イメージ 3
           2回目のトリプル。

船長まるでパットしない。妻10匹時で3匹。なんせ中乗りさんなんでお客様のお世話で釣っている暇がない、と言っておく。

イメージ 4
Wで掛かって笑顔になろうと思うが、上手に笑顔を作れない


結果発表、ジャ〜ン   船長は、船長は、・・・・○

イメージ 5
追伸
4目/投

イメージ 6


この記事に

冷えてます

ご承知の通り北海道の最低気温が‐30度。
我が街、昨日ー20度。
でもって、本日も気象庁発表では‐20度。出勤時(3時間ほどお仕事)の車の温度計は‐18度

イメージ 1
10年以上前だったと思うが‐20が続いた日があった。その時は街路樹が枯れ、スズメも大量死。その後数年スズメをあまり見なかった事が思い出される。

明日、明後日も海況予報はパットしないんで現在制作中の「シロクマの毛バリ」制作にいそしもう。
弊艇、サクラマスの釣果が思わしくないので、毎日あれこれと仕掛け、ジグの制作手入れが続いております。
これが楽しいのだが、最も身近な釣り仲間の妻には疎んじられる始末
ある時は挙動不審、狼狽し、またある時は思考が止まりながらも次回の釣行に備えるこの時間が楽しい
来週も前半は海況悪そうなので、しばらく出航出来そうもない。
「待ってろよ、サクラマス

この記事に

サクラマス第7弾

ゲストにTOM氏を迎えて、登別沖へ7時前に出航。
ポイントには遊漁船24艇、プレジャー23艇が広く展開。


イメージ 1
最初の魚を上げたのは妻。8時20分。「たな80よ〜」とオヤジ2名に情報提供頂く
早速80mに仕掛けを投入。タナが早く分かるので、複数でやると発見が早く有難い。この点は遊漁船が圧倒的に有利。

イメージ 2
                wヒット

イメージ 3
             10時20分ゲストにW

イメージ 4
         小さくてもタモ入れの互助会

イメージ 5
         妻が釣ったこの1匹が本日の重量賞

今年は昨年に比べて魚体が小さい(※個人の見解なので気になさらないで下さいませ)ので有難い一匹です。

船中19匹、7、6、6匹で3人均等に釣果があり、船長冥利に尽きる一日となりました。
イメージ 6
     とにかく終始楽しい会話が絶えない釣りでした

イメージ 7

この記事に

サクラマス第6弾

1時間寝坊してしまい、日の出とともに出航。
お一人様。
登別沖21〜22分、105m〜115m。
遊漁船15艇とプレジャー10艇。トロール船5艇が見える。
凪、好天。

竿3本出すが1本の仕掛けがぺラの辺りに絡まってしまい、奮闘むなしく回収できずにバケごと海底へ
そこからはバケ×1、ジグ×1。

オットセイがアッチコッチで休んでいる。遊漁船も拡声器で「オットセイが出ているので注意してください!」なんて言ってました。
イメージ 2


1時間程で1匹目がバケに掛かるが、スケトウ5匹と一緒に上がってきたんで、マスの掛かりがはっきりせず「上げたらマスだった」と言う事でモヤモヤした気分

とにかくスケトウが煩い日でハリ数7匹が何度も、何度も。
前回煩かったソウハチカレイは1匹しか釣れず。

1匹目が釣れた1時間後位に2匹目。ジグだったんでこちらはファイトを楽しめ、「釣った〜」感、上々

リリースしたけど海底へ戻れなかったマダラ幼魚2匹と本命2匹、カレイ1匹。
スケソウダラ150匹〜
イメージ 1

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事