ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

初物サクラマス

今日はおひとり様(妻は蕎麦会のため)。
5時26分の我が街−12度。空には星が点々と輝く。
イメージ 7


7時桟橋を離れて凪の中、目的ポイント登別沖へ。

ポイントには数艇のプレジャー、遊漁船がすでに糸を垂らしている。
2本の竿の組み立てと仕掛けのセットで、20分ほど掛かってしまい、8時30分実釣開始。
サクラマスが本日のターゲットで、振り振りしなければ見向きもされない。そのため1本の竿は「自動振り振り機」にまかせる。
しかしながらどう言うことか、この「振り振り機」で釣れたためしがない

9時丁度に「人間振り振り機」にマス独特の強い中り。
初物なので慎重に巻き上げ。しっかりと下あごにハリが掛かっていて理想的な喰い
型は800gといったところで、ちっちゃい

イメージ 1
                自撮り

外道(ソウハチカレイ、スケトウダラ、サバ)の少ない日で、「釣りやすいと言えば釣りやすい」が、外道の棚の上とか下に居る事もあり、時に重要参考人となる(私見)。参考人が居ないので感が頼りの釣り。

          僅かに上がる外道
イメージ 5

          25cm程の小サバ。


イメージ 6
       スケトウダラ、型は良かったが腹は無。

11時30分まで同海域で粘るも、音沙汰なし。
すぐ近くで仕掛けを下していたkon−chan号に別れを告げて、港に向けて移動。
イメージ 2


1時間走らせて、港前(銀屏風〜大黒島)で2つ目のターゲットである「スケ子」(たらこの原料)を狙い仕掛けを下す。
イメージ 3
30分強仕掛けを下しましたが、魚探の反応はずっとこんな感じ。でもって40〜50cm弱のちっちゃいスケトウがわんさか釣れる。たぶん3ケタ釣れたと思うが腹の張った魚は皆無。まだ妊娠していない幼魚がびっしり
この魚の身は「外道」なのでお帰り頂く。
イメージ 4

結局本命は1匹のみではあったが、これからがサクラマス本番。明日は微妙な海況予報なので取りあえず上架しましたが、海況良ければ明日も出港します。
イメージ 8

この記事に

      イメージ 1
            

      ■ギヤー比:4.7:1
      ■ボールベアリング:6
      ■自重(g):595
      ■最大ドラグ力(kg)12
      ■標準巻糸量(号-m):2-600m/3-400/4-300/5-200
      ■JAFS巻上力(kg):10
      ■実用巻上力(kg):6
      ■最大巻上長(cm/1回転):64


      現在売り切れです

【送料無料!】アルファタックル 「A-Tec」ビットビーツ (Bit Beats) 300S 電動リール

    価格 25,920(税込❕(_□_;)ii
この商品を昨年末に購入しました。65%offの激安に釣られて。
多分すぐには使わないと思うので、非常用にボートに積んでおきます。             
送料込み、税込み、ポイントゲット(ここ重要❕)でこの価格。実質本体価格22,000円位(税込み)。定価は70,200(税込み)。アルファータックルの商品はダメだとおっしゃる方もいますが、5年前に買った電動は未だ元気に動きます。ただこの定価設定が適正かどうかは別ですが(笑)。
問題は何故メーカーがこの価格で在庫を一掃したかったかです。単に年代わりで、型落ち商品を一掃したのか(シマノ「プレミオ」も投げ売りしてました)。
ブログをお読みの諸氏も、気になっていた方多いと思いますが(いろんなサイトでバーゲンしてたので)、非常用に買った私は数年先にこの商品の良し悪しを知ることになると思います。
「安物買いの銭失いか、お買い物上手か」?

この記事に

たらこ

タイトルを「たらこ」にしようか「タラコ」にしようか迷いましたが、「たらこ」にしました。
先日釣ったスケトウダラの真子を「たらこ」に加工。
今回は皆さんご存じの「ピチットシート」を使いました。
こう書くとまるで夫である私が作ったかのようですが、作ったのは妻。

よって製造過程はまるで分かっちゃいないので、書きようがない。
私に分かるのは美味いという事だけ。

「ピチットシート」を使ったせいだと思うが、水分がキチンと抜けて旨みが凝縮されている。

釣れすぎて面白みがないのですが(時に全く釣れないので生意気な表現ですが)これなら頑張ろう!と、思うのでした。
僚船の船長k氏は以前「釣る気になれば1トンでも釣れる」といったような事をブログで書いておられましたが、1トン釣れるかどうかは分からないが、夫婦で200〜300匹は釣れる釣り。
イメージ 2
(この時はカレイ200、スケトウ200、サクラマス1)
その内2割から成熟卵を採取できるとして、3〜4kgのスケ子は採取出来ると思う。
私は原卵を「スケ子」、製品を「たらこ」と勝手に呼び分けてます。
イメージ 1

さあ、週末の海況は如何なもんでしょう o(^o^o)

この記事に

2018年初釣り

本年も宜しくお願いいたしますm(_ _)m。

のんびりと6時過ぎに家を出て、マリーナへ。
海況が怪しかったんですが妻が「チョットだけ出ようか」と言うもんで8時頃出港。
湾奥(噴火湾)へ40分ほど走らせて沖根へ。
今年の釣果を占う初出竿 \(-ε- )。

魚探には終日スケトウダラの反応。
イメージ 9

仕掛けを下す度にスケトウダラがジャンジャン掛かります。
3ケタ釣れましたが腹の張った魚のみキープ(5匹に1匹位)。その場で開腹。

未成熟卵、白子はカモメの餌(魚さんすいません)
イメージ 1

御馳走にありつけるゴメは、艇の周りに50羽位へばりついてました。
イメージ 4

熟成卵
イメージ 2

熟成卵と熟成白子を採取。
イメージ 3
タラコは600gありました。

開腹した身はしょうがなくお持ち帰り。

本命のソイ、ガヤ、柳の舞は小型の物が多くお持ち帰りとリリースが同じくらい( ̄▽ ̄;)!!。
イメージ 7
アイナメは今日も5匹掛かりましたがリリース。
イメージ 13


イメージ 5

イメージ 6
船長はスケトウ釣りに専念しました(タラコ採取のため)。もちろん解体も全部船長。


イメージ 8
スケトウは奇麗に解体済み。

湾内はスケトウダラに占拠されており根魚を釣るのは至難の業。昨年の大不漁がウソのような豊漁です。わざわざ登別まで出向かなくても室蘭港前でも釣れるようです(反応がありました)。

          号外1
そうそう忘れておりましたが「年末ジャンボ宝くじ」が今回も高確率で当たりました。

VISAカードで頂いた10枚で10,000円×1、3,000円×1、末当×300円=13,300円。「ドクターコパ」さんがテレビで「財布はちょくちょく新しくした方が良い」と言っていたのを聞いて財布をちょくちょく取り替えてます。以来この2年、くじは当たりっぱし(ホントウです)。
  
イメージ 10
宝くじ以外の抽選でも当たりっぱなし。皆様にも財布の交換をお勧めいたしますヽ(*^^*)ノ。当たりと言っても「チッチャ〜!

      =号外2
本日帰り道で火事に遭遇。乾燥しているので注意したいものです。
イメージ 11
イメージ 12

この記事に

2017年納竿

本日31日出竿しました。4時30分の気温ー9度。
6時にマリーナ着。シバレがきつく、ボートの窓に霜。
隣に係留しているkon-chan号船長と桟橋で御挨拶を済ませ、6時30分出港。
途中今年最後の日の出を拝む。
イメージ 1
釣れるであろうポイントではなく、この1年、1番お世話になった沖根で出竿する事に。
凪の中30分程でポイント入り。

魚探で魚の集合場所を探すが、はっきりしない。
何時までもクルクル探し回る訳にもいかないので、実績ポイントで出竿。

8時30分までポツポツ釣れていたんですが、以後ポ〜ツ、ポ〜ツ位に釣果ダウン。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
アイナメは3匹釣れましたが(リリース)どれも50cm位で婚姻
色。
           2度Wヒット。
イメージ 7
   
    9時過ぎからは予報を裏切ってウサギが跳ねる。
イメージ 5

12時30分納竿。先日に続き妻は好釣。
良型のマゾイが4匹入りまあまあの釣果。お持ち帰り丁度30匹。
イメージ 6
2017年多くの方にご覧いただき、感謝いたします。
来る年も皆様にあっては、ますますのご活躍を祈念申し上げます。

この記事に

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事