ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

母が他界しました。

最近体調を崩していた母が昨日あの世へ旅立ちました。

この記事に

2時45分に起床。3時出発。4時10分マリーナ着。4時30分出航。
凪。曇天。
先日9時半から11時まで入った、湾内の根を再調査する事に。
今日は早朝から昼頃までの予定なので、計算上は先日の3倍は釣れるはず \( ̄▽ ̄;)/。
つまり夫婦で50〜60匹のソイ、ガヤ(エゾメバル)が釣れるはず。
ポイントまでは巡航速度23ノットで40分。

ポイント入りするが1カイリ四方に他1艇しか浮いておらず、なんとなく寂しい。

魚探で軽く探索するが芳しくない。
とは言えここまで来て、仕掛けを下ろさない訳にはいかない。

パラシュート無で0〜0.3ノットで流れる。
速度は申し分ないのだが流れ方向が問題で、北から南へ流れたと思ったら急に東に流れたり、クルクル回りだしたりで思ったポイントの上をほとんど通過出来ずじまい・・・(゚_゚i)。

釣れない理由は他にも。
先日来星の数程の大隊で、この海を闊歩している「助宗タラの子」が今日も我が獲物の面前をかすめているのだ。
新鮮で美味い助宗タラの子を腹一杯喰ったソイは、仕掛けのハリに興味がない様子。

て、事で渋い渋い。非常に渋い。
それでもポツポツ釣れました。
イメージ 1
妻は今日も好釣日焼け対策に大きな麦わら帽子をゲット。


イメージ 2

イメージ 3
本日は透明度が高く、海面下5m位まで見通しが効きました。釣れる魚は海面付近で大量の助宗タラの子を吐き出して上がってきます。

イメージ 4
沖上がり前1時間はサッパリ釣れないので、11時に切り上げて帰港する事に。
伊達火発辺りから白波がびっしり立っていて17ノットまでスピードを落とし帰港。

いつもの事ですが思ったようにはいかない一日でした。
イメージ 5



この記事に

昨日、僚船船長k氏に直近の室蘭近海海中事情をお聞きする。
波次第ではあるが、白老沖500mライン上層を泳いでいるであろう「カラフトマス」を狙いに行こうと思っておりました。
んが、2週前同様に「カラフトマス」は釣れていないようだ。

探検家でも冒険家でもないので、居ない「カラフトマス」を探しに行く訳にはいかない。
k氏から頂いた情報ではヒラメが良さげだ。とは言っても、日本海と違ってここ北海道太平洋のヒラメは中々手ごわい。絶対数が少ないような気がする。


「ヒラメ」狙いで4時40分出航。銀屏風からマスイチを攻めまくりますが、1度だけ餌のおおなごが引きちぎられただけで、サッパリ。
いやいや忘れておりました。妻が一投目でマツカワ40㎝位を釣り上げておりました。
イメージ 1

7時近くまでフリフリ頑張ったんですが、本命はノ〜フィッシュ  | ̄ω ̄、|。

30分掛けて有珠漁港沖へ移動。
ヒラメ狙いの船が結構な数出ていると思いきや、この時点で見渡す限り5艇。
1時間程すると、どの艇も釣れていないようで周りに集まってくる。6艇の小船団。
んが、1時間もすると「ここも釣れないじゃん」とばかりに三々五々。因みにこのポイントでは妻が良型のソイを1匹ゲット。
イメージ 3


   
       イメージ 2




このままではつまらないので、一番近い根に行くことに。竿を上げて10分程走らせると魚探にナイスな反応(⌒o⌒)b♪~♪。
反応は良いのだが釣れない・・・・。やっぱりヒラメの仕掛けをそのままでは釣れないと云う事らしい。こう言ったところで時々ズボラをこいてしまう悪い癖が出てしまった( ̄_ ̄ i)。
仕掛けを変えた直後から絶好釣の2時間弱!
潮止まりをまたいでの釣りでしたが、魚が途切れる事はなく楽しい釣りが出来ました。
イメージ 4





イメージ 5

「鍋壊し」50cm強でしたが、お口の中が蛍光色でリリース。
イメージ 6
以前にも釣った事ありますが、お口の中だけではなくて内臓も蛍光緑なんです。
イメージ 7
暖かくなり半そでになりましたが、直後に風が強くなり白波が立ち始め帰港する事に。
朝からこのポイントに入っていたら一人30〜40匹は釣れたのではと思いましたが、今日の本命は「ヒラメ」(; ̄ー ̄川。

イメージ 8
帰宅途中おすそ分けした釣果です。
ソイの方は30〜45cm位でまずまず。ガヤは23〜25cm。

上架後僚船の情報を聞きましたが、本日の「ヒラメ」事情は大変厳しいものだったようで、粘らなくて良かったようだ(;^◇^;)ゝ


この記事に

チョット怪しかったのですが(本日の風波)昨日下架。
我が艇の他2艇が昨日下架したようだ。

チョイとウネリがあって18ノットの低速。桟橋から10分のポイントへ。
5時30分にポイント入り。魚探の反応は物凄い。写真は無いのだが海面から海底までビッシリ「ベイトと魚の反応」\(^▽^)/。

先日この辺りで良型のマダラが上がったようなので(我が艇も40cm程の幼魚[リリース]を、2本別のポイントで上げてはいるが)マダラ狙いの仕掛けで勝負

1時間程で2流ししますがベイトの数が多すぎて、ハリ先に魚が気づいてくれません。
いつもの通りチョロチョロ病が発病して、いつもの沖根に向かう事に。18ノットでチンタラと30分掛けて移動。

ここもベイトの反応が強いが、先ほどのポイントから見れば可愛いもの(写真は沖上がり時)('ε')。
イメージ 1
多分ボートの下だけでも数十万匹のベイトが、川の様に流れている。この中で仕掛けに気付いてもらうのは至難の業。


ベイトがでかいタラ用のハリに掛かってきました。
イメージ 2
多分、スケトウの子?・・・。違ったらごめんなさい。

乗船前から気分が優れず、船酔いしたような気分だったのですが、実釣2時間でゲロゲロ。限界となり帰港する事に。

本日の釣果は妻がスレでソイを1匹。
船長はカジカのみ・・・。ま〜、分かりやすく言いますとほぼほぼデコですワ

イメージ 3




この記事に

本日もナイスゲーム!

日の出が早くなって4時9分。冬場よりも2時間も早くなっている。
3時50分出航。4時20分ポイント入り。

前日僚船船長k氏に直近の僚船釣果をお訊きするが、狙い目の「カラフトマス」の釣果が全くもって思わしくない様子。
ベテラン船長や地元有力遊漁船でも釣れない魚を狙うほどアホではない(と、本人は思っている)ので別な物を狙うことに。
季節の魚はマガレイなのだが、我が家では人気の無い釣り物。

でもって、そろそろ釣れなくなるであろう沖根に潜むソイを狙うことに(何だかんだ云いながら、一年の半分以上は沖根に浮いている(;^_^)。

6時頃までは私の好きな流れで西から西北西に流れるが、以後は北北西に流れて釣れるポイントを一瞬しか通過しない流れに。10分おきにパラシュートを回収する超忙しい釣り、操船となりました。

イメージ 1
今年はトリプル、フォースで多々釣れる事があり魚影の濃い年なのかと思う。

イメージ 2
写真が無いのですが本日もフォースを上げた妻
゚∇゚)ノ ヨッ、日本一

イメージ 3
寒い日で海上の気温は10度程度(9時位から少し気温が上がったが)。船長は半そでにウインドブレーカーだったんで、釣行中に風邪をひいて頭ガンガン(常備しているパブロンで沖上がり頃少し楽になる。何故か昔からパブロンが効く)。妻はチャッカリ厚着で快適(^^)。

イメージ 4

Wヒット



イメージ 5

遊漁船情報で「マダラが浅場に入っている」とあったので期待していたのですが、40㎝程のポンタラが2本上がっただけで、リリース。
9時頃から風が出てきて、チラホラと白波が立つ。
魚も十分釣ったし、船長の体調が悪く9時45分に沖上がり。

イメージ 6

お持ち帰りソイ38匹。カレイ1匹。型はいつもの通り25㎝〜40㎝。
次回は「カラフトマス」を狙いたいものです (;`ー´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄~ >°))))彡。




この記事に

全60ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事