ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

マス釣り第10弾

べた凪の登別沖に30艇程のサクラマス狙いの艇が浮く。
イメージ 1
この30艇の中で本命ボーズは僅かに数艇。我が艇、その1艇。


イメージ 2
今日もこ奴がうるさい。多分夫婦で40匹は釣れた。リリース。


イメージ 6
小、中マダラのW

イメージ 3
小さなマダラ(28cm)。残念なことに海底に戻れなかったのでキープ。こんな小さなマダラ何して食べよう。

イメージ 4
ブロ友の「のっぴき」艇にもお会いできました。勇払マリーナからはるばるお疲れさまでした。初マスゲット、おめでとうございました!

上架してから僚船船長との反省会で釣果をお聞きするが、皆さん顔がほころんでいる(2〜5匹)。
今日は心底疲れた。うつ病ってこんな感じかもしれないと思える。なん ちゃっ て〜
イメージ 5

この記事に

沖五目釣り

ダメ元でサクラマスを釣りに行きたいのですが(明日様子見に行きますが)、水の濁りが酷く根魚釣りに。
朝日と伴に桟橋を離れる。
おひとり様。
ウネリガあって腹を打っての滑走。

6時少しに仕掛けを投入するが、サッパリ中りがない。約30分沈黙が続いた後、ようよう上がってきたのはチビソイ。

まとめになるが今日はチッチャな魚のオンパレードでした。「なしてだべ?」
イメージ 1
こんなチッチャなアイナメまで。この魚はリリースすると必ず海底まで戻るのだが、チビソイ、チビガヤはカモメに突かれてご臨終もしばしば。


wは一度だけで寂しい釣りでした。
イメージ 2



釣れない原因の一つはこの分厚いベイトが海底付近にハビコッテいて、仕掛けに気付いてくれないと言う事。
イメージ 3


仕事があって10時半納竿。
イメージ 4
30㎝〜はお持ち帰り。リリースは多分10匹位。

明日ダメ元のサクラを狙うため艇は桟橋係留しました。
イメージ 5

この記事に

以前にこのブログで取り上げました、日本ハムファイターズの新球場構想。
やっと決着がつきました。
我が街に決定。
ただわが社に近いため、色々と危惧するところがあり手放しでは喜べません。
周辺開発、道路拡張、新駅設置等我が街の財政規模に不釣り合いな無償提供が財政圧迫すること間違いなし。
他にも周辺道路の混雑問題その他色々・・。
23年完成までの工事用車両の出入りだけでも考えるとウンザリ。

Yahooニュースより
イメージ 1

北海道日本ハムファイターズのボールパーク構想の候補地が北広島に内定したことがわかりました。球団は、27日にも正式に発表する方針です。

 ファイターズが打ち出した新球場構想。北広島市と札幌市が候補地に名乗りを上げていましたが、このうち北広島市の「きたひろしま総合運動公園」を建設予定地とする方針が固まりました。26日午前、都内で開かれた球団の親会社である日本ハムの幹部会議で承認されたということです。予定地は、36.7ヘクタールの広大な土地で球団は、球場に商業施設やホテル、アウトドアエリアなどを併設し、野球観戦以外でも楽しめる「アジアナンバーワンのボールパーク」を目指しています。球団は27日にも正式に発表する方針です。



この記事に

根魚5目狙い

最近張り切りすぎて未明の出港当たり前
イメージ 1
出港届けのタイムカード4時3分。準備を済ませて出港したのは4時30分。
最近当たり前となっている「右も左も真っ暗闇での出港」。

防波堤を出ると結構な波。ただ海面が全く見えないので、揺れとフロントガラスにぶつかる波で想像するだけ。
しばらくは8ノットの超低速。1マイル程先の黄ブイからは15ノットでチョットだけスピードアップ。

5時10分に今日のポイント、沖根に到着。
白波がチョロチョロたっているのが見える。後に段々と波はおさまる。

魚探の反応はすこぶる良いのだが、竿が曲がらない
1時間ほどで3匹と言うローペース。

イメージ 2

カメラの調子悪くて船長の写真はなし
イメージ 3


途中ボートから100m程の所にシャチの家族がイメージ 4
バカチョンカメラなんでズームでこの粗さ。背びれが4つなんで4匹のファミリー
クジラは2度程見ましたがシャチは初めて。ラッキーでした

釣りの方は終日マッタリと、盛り上がりのない釣りで、良いとも悪いとも言えない釣果

シャチの他にもブログ的には美味しい事件がありました
イメージ 5
妻の写真を撮るのに(1番上の写真)置き竿した時、根掛かりしてこんなところからボキッ!
イメージ 6
2回しか使ってない竿とリール。海に奉納となりました
イメージ 7
普通は竿先が折れるんじゃね〜の。なして、こげなとこから折れるかな〜

雪代で濁り酷く水温も低い。よって魚の活性低く、釣れなかった、と言う事で
イメージ 8
お持ち帰り「黒ソイ、マコカレイ、ヤナギノマイ」ヤナギノマイは過去に釣った最大の大きさでした。

帰り厚着の車中では、汗ばむ気温。
イメージ 9

この記事に

サクラマス第9弾

超ハリキッて4時15分出港(お一人様)。
当然ですが真っ暗。真っ暗な中1時間滑走してポイント入り。
過去最高の「ハリキリぶりだ」。
「他艇が集まるまでに、2〜3匹釣っておこう大作戦

そんな極秘の作戦を引っ提げての釣行だったのだが・・・。
イメージ 1
       スケトウ+天然記念物Gカジカ
 とか                        
イメージ 2
マダラの幼魚+天然記念物のGカジカ
とか
イメージ 3
マコガレイ43cmとか

濁りが酷く、水温も2℃。朝一妻に電話で「今日は釣れないわ」と。
結果予想通り本命のサクラマスは釣れませんでした。
非常に残念な事に(はい、心からです)昨日、本日と僚船も皆殺しにあっております。あっ、失礼1匹釣れた艇もあったようです。

暖かな凪の釣り日和なのに・・・

イメージ 4

この記事に

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事