全体表示

[ リスト ]

前編の続き――



◆◆◆中略◆◆◆

【ヒロT】ということで、今日はアレですよぉ。まず曲を聴いてもらって、ライブの話もしないといけないので、曲いきますかねぇ。

【KAN】はい、お願いします。

【ヒロT】じゃあ、紹介してください。

【KAN】はい、これ一応あの〜イギリス風の発音で、あの〜「Listen」のね、「t」を言うんです。

【ヒロT】入るんですか。

【KAN】入るんです。

【ヒロT】でも、入っているけど、無声音っぽくないですか? ちゃんと聞こえるんですか?

【KAN】ムセイも、しばらくやってないですけど……。

【ヒロT】オイッ! 朝早いんやぞ、そこ、木村――(ヒロさん苦笑)

【KAN】では、聴いてください――「Listen to the Music」

◆◆◆ここで漸く「Listen to the Music」オンエア◆◆◆

【KAN】はい、12月7日発売になります、私(わたくし)KANのニューシングル「Listen to the Music」

【ヒロT】あぁ、やっぱ発音がねぇ。

【KAN】ちょっと「t」入れると、ちょっとなんか品がよくなるでしょ? あの〜サックスのソロはですね、この間の「Daddy’s Reborn Jam」で演奏してくれた山本拓夫さんが吹いてくれてます。

◆◆◆中略◆◆◆

【ヒロT】まぁ言いたいことは、もういっぱいあるわけで、その中でも「ステキな金縛り」――僕はホントにねぇ、高をくくってみに行きましたよ。KANちゃん、やっぱシンガーソングライターじゃないですか、ずーっとねぇ。もう、いわゆる根っからですよ。そんな人に演技がって、三谷幸喜さんもつけるとしても、まぁ通行人Aだろうと――

【KAN】いや、僕もそう思ってたんですよ。

【ヒロT】通行人Aだと思ってたら、違うやんっ、アレ!!!

【KAN】いや、そうだったんですよ。

【ヒロT】あれこそ正によく言われる、バイプレイヤーな感じですよねぇ。

【KAN】いや〜、でもホントに僕は今だにあれでよかったのか、全然意味がわかってないんですけど、だけど、たぶんですよ、終わって作品が出来上がった後にわかったんですけど、素晴らしい俳優さんばっかりじゃないですか、中井貴一さん、西田敏行さん、深津絵里さん――で、法廷のシーンが、僕ほとんどだったんですけど、で、オレだけ、なぜここに連れて来られたか、わかってないまま、映画ずっと出てるんですよ。で、でも実際にあの〜僕の役ってのは、何でそうなったのかわんない、勝手に濡れ衣、殺人の濡れ衣を着せられた人が被告人として法廷に連れて来られてるから、意味わかってないし、罪の意識もないんですよ。だって、やってないんですから。そのなんか全然、この空間と関係ない存在なんですよね。そこも勿論もう頭ん中で、イメージが出来上がった上での僕だったんだと思うんですね。

【ヒロT】スゴイじゃないですか、それって。

【KAN】いや、僕は何もやってないんです。監督に言われた通りに、ハイって、やってるだけで――とにかく素晴らしい映画なので、是非――「ステキな金縛り」

【ヒロT】まぁ、そんなのもしながら、ツアーをやります。「ある意味・逆に・ある反面」バンドでいきます、今回。で、しかも1月の7日、8日のZEPP OSAKAもう売り切れ。

【KAN】ありがとうございます。


【ヒロT】2月の11日の新神戸オリエンタル劇場も売り切れ。

【KAN】あっ、もう、ホントありがとうございます。

【ヒロT】スゴイですねぇ。でも、なんとなくもう見えてたでしょ? いっちゃうよオレは、これぐらい軽くプウッみたいな。

【KAN】いや、そんなことはないですよぉ。その〜、え〜なんていうんですかねぇ。常に安全策、安全策で行こうと思っているタイプなんですけど、そのコンサートのいわゆる会場選びとかですねぇ。中身――内容に関しては、安全策は一つもないですけど。会場選びとかそういうことに関しては、相当慎重派で……かなり毎回ビクビクしてるんで、スゴイ、あぁよかったって思います。

【ヒロT】ねぇ。Sold Out いわゆる本公演と呼ばれるスケジュールは、全部Sold Outなんです。で、追加が決まりました。え〜これが新神戸オリエンタル劇場の翌日、2月の12日ZEPP OSAKAで、このバンドライブ行います。チケットはまだ先です。1月15日リリースです。

◆◆◆中略◆◆◆

【KAN】後はですねぇ、昨日とてもいい話がありまして――

【ヒロT】あぁ、それは是非聞きたいですねぇ。

【KAN】あの〜ゆずのお二人が来てましたよね、昨日(ここの)番組にねぇ?

【ヒロT】来てました、来てました。

【KAN】それで僕は昨日は、ちょっと大阪の他局にも、あの〜プロモーションで行かせてもらったりしてたんですけど――

【ヒロT】そういうこともするんだぁ、やっぱり。

【KAN】はい。一応、やっぱりね。頑張って、それは……頑張って……はい。

【ヒロT】しないとねぇ、そうですねぇ。

【KAN】それで他局にタクシーで行ったんですね。そしたら、え〜男性、たぶん20代ぐらいの男性がタクシーが入ってきたのを見て、「あっ、来た!」みたいな感じで、スゴイ嬉しそうにカバンから色紙をこう取り出したんですよ。それで車の方に寄ってきて、で、僕がタクシーから降りたら、「あっ……ゆず、ちゃいますねぇ?」って言って、僕も「ちゃっ、ちゃいますねぇ」っていう……いい話が――で、その後にゆずが他局にも来たんです。

【ヒロT】うん、奴等も行くんやぁ。

【KAN】彼らも行くんですねぇ。ちゃっかりしてますねぇ。まぁ、頑張ってるってことですねぇ。

【ヒロT】そういうことですねぇ。

【KAN】で、ゆずの二人に「下でサイン求めてくる男の子いた?」って訊いたら、「いや、いなかったですよ」って(ヒロさんうける)――あいつ僕でしくじって、ってか、「あっ……ゆず、ちゃいますねぇ?」って言ってて、その後ゆずに会えなかったんです。なんででしょうねぇ。

【ヒロT】たぶん、それよく言う、穴があったら入りたいってヤツで、たぶん、入り込める穴を見つけたんでしょう、どっかその辺に……そこに「カンチャンずっぽし」だったと思います。

【KAN】「カンチャンずっぽし」……で、僕もスゴクやっぱり思ったんです。ゆずに会えなかったのは、それはかわいそうだったなぁと思って、ちゃんとねぇ、早くから待ってて――だから、やっぱり、いろんな人のサインとかも書けるようになっときたいですねぇ、僕がねぇ。

【ヒロT】そうですねぇ。でも、「えっ……ゆず、ちゃいますねぇ」ってなって――

【KAN】「あっ……ゆず、ちゃいますねぇ」ってなって、「うん、ゆずだよぉ」って言って、バーって、二人分書いて――

【ヒロT】取り合えずねぇ。二人分をねぇ。それ〜、じゃぁ、次までに修行してもらって、今日も明日の朝リスナー皆さんにプレゼントするステッカーにねぇ、今日はKANのサインいただきましたけど、次回来られる時は、ゆず二人分サインっていうのを是非いただいて、で、オンエアでそれをまた大々的に言って、リスナープレゼントすると。で、そこからどういう形での法的措置が出てくるかっていうのを見てみたいっちゃ、見てみたいですねぇ。

【KAN】まぁ、でも、法的なとこには、いかないでしょ、ゆずも……。

【ヒロT】(笑いながら)いかないですよねぇ。そこまではねぇ、はい。――(ところで)これねぇ、KANちゃん、大変なんですよぉ。ウェザーインフォメーションに行かなあかんのですよ。

【KAN】あぁ、そうですか。

◆◆◆ここでウェザーインフォメーションのおねえさんがスタジオに入ってきたようで、KANさんおねえさんに絡む。が、時間もおしているので、ここで一旦KANさんのマイクの音は絞られる。◆◆◆

【ヒロT】まぁちょっと、番組終わるところまでKANちゃん滞在になると思います。今からウェザーインフォメーションやってから、またKANちゃんたぶん登場するハズです。番組がまだ11時まで続いてたらっていうことで、え〜11時50分に、たった今なりました。

◆◆◆ウェザーインフォメーションに突入。その後ちょろっとCM◆◆◆

【ヒロT】11時53分にまもなくなるところ、え〜KANちゃん、今日ゲストに来てくれています。どうもありがとうございます。

【KAN】こちらこそ、ありがとうございます。

【ヒロT】楽しいお話、内容が非常に深く掘り下げられて、僕も満足です。そんな中、今日は「Listen to the Music」、これのあの〜、あなたの言葉で言うとカッペリングですよね。これにもリクエストがちょこちょこ来てて――

【KAN】あぁ、嬉しいです。

【ヒロT】ちょっと、どういう曲なのか、ちょっと皆さんに――

【KAN】これはですねぇ、あの〜ギルバートおさわりバーっていう、いわゆる古くはそういう〜――

【ヒロT】はい、はい、ぼったくられたりするんですねぇって、コラッ!

【KAN】すみません。ギルバート・オサリバンさんって、あの〜「アローン・アゲイン」で有名なイギリスのアーティストがいまして、それで「Christmas Song」っていう素晴らしい歌がありまして、僕はこれたぶん6、7年前に知ったんですけども、いつか一度ちゃんとやりたいなぁと思ってまして、で、今回12月リリースってこともあって、あっ、アレやれるって思って――

【ヒロT】ねぇ、歌詞もねぇ、そんなに長い歌詞ではないけど、非常にいい歌詞で綴られています。

【KAN】はい、素晴らしいです。

【ヒロT】じゃあ、それを聴いて、今日のKANちゃん、お別れです。今日はどうもありがとうございました。

【KAN】はい、ありがとうございます。

【ヒロT】曲紹介、お願いします。

【KAN】はい。「Christmas Song」――

◆◆◆「Christmas Song」オンエア◆◆◆


※※※


以上です。ホントはもうちょっと面白い内容もあったのですが、
作成途中、中頃で一度データを全部とばしてしまうという、
底知れぬグッタリな事態も起きてしまい、大変に消耗してしまったので、これが限界です。
とにかく今回も「KANさん VS ヒロさん」の名物おもしろトークは、
ホントに楽しい内容でありました。
その面白さが、お聴き逃しされた方やFM802圏外の方にも
少しでもお届けできれば、これ幸いなことだと思います。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事