全体表示

[ リスト ]

その弐の続き――




DJ加藤「『FM802 SUPER J-HITS RADIO今夜はお正月だよ!新春対談スペシャル』ということで、私、加藤美樹がKANさんと一緒にお届けしております。どうぞよろしくお願いします」

KAN「はい、はい」

DJ加藤「おめでたいダジャレ、ダジャレはあんまり出てこないですね」

KAN「ダジャレ言ってないねぇ」

DJ加藤「もう少し回していただければ――」

KAN「はい、はい、なんか言います」

DJ加藤「年明け早々からKANさん、バンドツアーが始まるんですよね」

KAN「唐沢年明け早々から始まるんですよ」

DJ加藤「そうですね。バンドライブツアー2012【ある意味・逆に・ある反面】」

KAN「そう、ある意味・逆に・あるハンブル宮殿っていうのもあるんですけど……」

DJ加藤「大阪からスタートするわけですけれども、7日(土曜日)、8日(日曜日)ZEPP OSAKAとなっております」

KAN「追加もやります」

DJ加藤「あっ、そうなんです。1月のツアーは売り切れです。Sold Outです。で、追加公演がありまして、チケットの発売は1月15日(日曜日)なんですが、2月12日ZEPP OSAKAが追加となっております。衣装がどんな感じになるのか――」

KAN「う〜ん」

DJ加藤「昨年2011年の私服というか、テーマが学生服だったじゃないですか」

KAN「うん、学生服多かったっすねぇ」

DJ加藤「一応、音楽的な――」

KAN「そうです。あの〜まぁ、去年初めて学生服を着たのは、ap bank fesですけども、みんなほら、どんなミュージシャンも中学校や高校でバンド始めたりして、そういうとこから始まってるじゃないですか。そういう意味で音楽の基本に立ち返る――そういう意味でのこう学生服……一応、後付けです。ホントはなんとなく、今アレ着たかっただけで、ただ小林武史さんとかに訊かれた時に、一応ちゃんと説明できること考えておいた方がいいなっていうのもあったし、あと小田和正さんに、もし訊かれたなら、やっぱきちっと言わなきゃいけないなと思って――」

DJ加藤「あの〜このジャケットも学生服だったんですけれども、後付けだとおっしゃってたけど、やっぱ原点に返る的な思いがここにも通じるのかなぁと思ったりもしてたんですけどね」

KAN「このジャケットに関する後付けはですねぇ、あの〜『Listen to the Music』っていうタイトルのロゴを凄く、もう『えぇ、イマドキ!?』っていうぐらい、ポップな色使いにしたかったんですよ、なんとなく――」

DJ加藤「かわいいですよね」

KAN「そう、それこそ、初期の大江千里さんぐらいのことにしたかったんですよね。ってことは、衣装には色がない方がいいなって思って、じゃあ、アレだっていう後付けです」

DJ加藤「へぇ〜そうですか。それでこの髪型ですか。とても素敵なジャケットですけれども、では、その曲を聴かせていただきたいと思います」

KAN「はい、聴いてください。『Listen to the Music』」

◆◆◆『Listen to the Music』オンエア◆◆◆

DJ加藤「12月リリースしましたKANさんのニューシングル『Listen to the Music』でした。で、今日1月1日には実は、元旦早々にリリースがありまして、お年玉で買いましょう『KAN LIVE TOUR 2001 Rock’n Roll 39』」

KAN「あぁ、そうだぁ!」

DJ加藤「そうなんですよ。伝説の焼きそば伝説が今ここによみがえる伝説っていう、よくわからないwww2001年のライブですよね、コレ。なぜ11年経った今――」

KAN「逆緊急リリース!」

DJ加藤「wwwその伝説を味わいたいと思いますので、はい、楽しみにしています。ということで、今日はお正月だよ!新春対談スペシャル、KANさんと過ごして参りました。だいぶ楽しませていただきました。本当にありがとうございました」

KAN「こちらこそ、ありがとうございました」

DJ加藤「この後、藤井フミヤさんと新春対談スペシャルが行われるわけですが、フミヤさんに何か一言いただきたいです」

KAN「フミヤくんはさぁ、同じ福岡県出身で、同じ1962年生まれで、同じ164センチなんですよ」

DJ加藤「はっ、そうなんですか!」

KAN「うん、なのになんで向こうは、あんなカッコいいの?そこなんだよね」

DJ加藤「KANさん、カッコいいですよ」

KAN「オレ、カッコいいんだけど、たぶんねぇ、一般的解釈では、向こうの方が断然カッコいいよ」

DJ加藤「wwwそれだけですか?」

KAN「是非何か一緒にやりたいなと思ってますね」

DJ加藤「フミヤさんの曲とかでも、お好きな曲とかあればね――」

KAN「はい、いや、いっぱいありますよ。僕はねぇ、チェッカーズのアルバム『GO』をアナログ盤で持ってるんです」

DJ加藤「そうなんですか、それ当時買ったのですか?」

KAN「当時買ったの。あれが凄くカッコよかったねぇ。そのアルバム確か88年ぐらいのアルバムだと思うけど、その2年後の90年の6月25日、大阪で僕は、アレです、カラオケ屋さんで、あの〜右膝靱帯及び半月板を損傷するというのをやったんですよ。Music Gumbo終わった後に、まだ酒飲んでないんですよ。着いて最初の一曲目ですから、それがチェッカーズのそのアルバム『GO』に入っているナンバーで、こうやって踊ってたら、右足が90度横に曲がったの、一瞬ね。アレェ!?今の見たぁ?って――靭帯半月板やっちゃってて、次の日、大阪のホテルで起きたら、もう、足が真っ赤で――」

DJ加藤「思い出の曲なんですねぇ」

KAN「その曲なんですよ」

DJ加藤「じゃあ、その曲(『I Love you, SAYONARA』)を後ほどかけたいと思います」

KAN「はい」

DJ加藤「はい。今日は本当にありがとうございました。2012年元日に笑わせていただきましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします」

KAN「今年もよろしくお願いいたします」

DJ加藤「ということで、『SUPER J-HITS RADIO お正月だよ!新春対談スペシャル』KANさんにお越しいただきました。どうもありがとうございました。」 

KAN「ありがとうございました!」



――以上です。


BAND LIVE TOUR 2012【ある意味・逆に・ある反面】いよいよですな。
アチキは1月8日の大阪と2月11日の兵庫ぜよ。
GOOD LUCK!!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事