全体表示

[ リスト ]

最近の天気は、土曜日が快晴で日曜日は曇ったりガスったりすることが多いように思います。今日も快晴のつもりで出かけましたが、やはり雲って青空の下での山歩きがまたもできませんでした。
福井方面の山に行くつもりでしたが、金曜日にブログで地蔵谷の綺麗な紅葉の写真を見て、またも木梶近辺に行くことにしました。しかし、レポは前の週末のもののようで、紅葉はすっかり枯れ落ちており、曇ってきてガスも出てきて満足のいく山歩きではありませんでした。
今回のイメージ 1コース
 
駐車場に着くと、男性4人組がテントと車で昨晩ここに泊まり、朝食の準備中でした。ハッピノタワに登り伊勢辻山、木梶山を周回するそうです。
いろいろと教えていただこうとしましたが、大阪の方で、ここは初めてとのことなので、むしろ私のほうからアドバイスさせていただきました。
木原谷の左岸尾根は、始めは踏み跡がはっきりしませんが、途中からはっきりしてきて非常に歩きやすい尾根でした。展望があまりないのが欠点ですが。展望を優先するなら、木梶山、赤ゾレ山、ハンシ山の周回がベストですね。
盆栽平にもいけましたが、名前から期待できるほどのことはありませんでした。ここから木屋谷へはスムースに降りれました。
木屋谷は危険なところはなく、源頭まですんなり登れました。馬駈尾根と縦走路にはさまれた木屋谷はどこでも歩けそうです。
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
登山者の車はかなり嫌われているようです。これ以上地元の方の反感を買わないよう気をつけましょう。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
前回降りてきたところ。ここから対岸へ渡り、10mほど登ると道があります。少し西に行くと尾根の末端があり、この尾根に取り付きます。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
ここから取り付こうとしたら、青いテープがありました。このテープがところどころにありますが、尾根は一本道です。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
1090mの最初のピークです。踏み跡ははっきりしています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10ところどころに紅葉が残っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11P1176
ここで尾根が二股になっています。下りのときは注意です。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12赤ゾレ山への最後の登り。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
薊岳方面
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
大普賢岳が見えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3池に雲が映って綺麗でした。
この後から天気は雲ってしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
馬駈辻から見る国見山
 
 
 
 
 
 
 
 
国見山はパスして、イメージ 5国見劇場からトラバースして盆栽平に向かいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
盆栽平
倒木が多く、名前負けの感じでした。しかし、樹氷は綺麗だと思います。
 
 
 
 
 
 
つづく

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事