全体表示

[ リスト ]

2017年G汽掘璽坤鵑粒幕戦
今週は冬のダート王決定戦 フェブラリーステークスです。
G鞠6頭を含む16頭が冬のダート王を目指して争います。

このレースで注目するのはこちらの5頭。

サウンドトゥルー
勝ち鞍 東京大賞典、チャンピオンズカップ
昨年のダート王が力を見せるか
チャンピオンズカップは後方から一気の差し脚を武器に勝利。
東京コースでも問題ないと思うが、唯一の心配は乗り替わりだけ。

カフジテイク
勝ち鞍 根岸ステークス
ステップレースから一発を狙う
根岸Sで重賞初制覇を達成し、ここへ挑んできた。
武蔵野SやチャンピオンズCでも好走しており、東京コースはお手の物。

ゴールドドリーム
勝ち鞍 ユニコーンステークス
東京ダートマイルコースの王者
昨年のユニコーンSを勝利し、武蔵野Sも2着。東京コースでは別格で強い。
急死した父ゴールドアリュールもこのレースの勝者。親子制覇は目の前。

コパノリッキー
勝ち鞍 フェブラリーステークス、帝王賞、かしわ記念、マイルチャンピオンシップ南部杯、JBCクラシック
同一G3勝目を狙う
今回の出走メンバーの中では随一の実績を持つ。
昨年秋の不振が気になるところではあるが、この馬はタイミングが分からない。今度はチャンスか。

モーニン
勝ち鞍 フェブラリーステークス
昨年に続く連覇を
昨年デビューから最速でG祇覇となったがその後は嘘のような不振続き。
ホームであるこのコースに戻ってきて、どうなるか。

今回は実力拮抗なメンバーが揃いました。正直このメンバーだと誰が勝ってもおかしくないようなラインナップになっています。
冬のダート王は誰の手に?!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事