全体表示

[ リスト ]

第61回大阪杯予想

今年から昇格した春の中距離王決定戦
今週は春の中距離王決定戦 大阪杯です。
G鞠3頭を含む14頭が春の中距離王を目指して争います。

このレースで注目するのはこちらの5頭。

キタサンブラック
勝ち鞍 菊花賞、天皇賞(春)、ジャパンカップ
昨年の年度代表馬が始動
現役屈指のステイヤーが昨年同様にここから始動する。
2000Mは少々忙しいかもしれないが、逃げ先行ができる展開ならば勝負はあり。

マカヒキ
勝ち鞍 日本ダービー
ダービー馬の復活を
昨年ダービーを勝ち、凱旋門賞にも挑戦したが今年初戦の京都記念は3着と破れた。
2000Mはベストな距離。ここで復権なるか。

サトノクラウン
勝ち鞍 香港ヴァーズ
国内G犠〕を目指す
香港でハイランドリールを相手に香港ヴァーズを制覇し、勢いはある。
ここで勝てるようならば凱旋門も見えてくる。

ヤマカツエース
勝ち鞍 金鯱賞、中山金杯、福島記念、ニュージーランドトロフィー
2000Mの鬼が挑む
金鯱賞を連覇し、充実期に入ったこの段階でタイトルへ挑む。
2000M重賞4勝は伊達ではない。有馬記念での最速の脚をまた見られるか。

アンビシャス
勝ち鞍 産経大阪杯、ラジオNIKKEI賞
昨年王者が連覇を狙う
昨年のこのレースでキタサンブラックを封じた。重量差もあったが、力は確かにある。
2000Mはベストの距離。また大物食いがあるか。

今回は今の日本の中距離界のベストメンバーが揃ったように思います。ここで勝利できれば今年の古馬G気領れを取れる気もします。
春の中距離王は誰の手に?!

閉じる コメント(1)

固いな。(´・_・`)

2017/4/2(日) 午前 1:57 [ 伊藤裕康 さん。 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事