過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

第61回大阪杯結果

年度代表馬、磐石の勝利

では、結果の方行ってみましょう。

今回は買ったのは、以下の通りです。

馬連
キタサンブラック
サトノクラウン
アンビシャス
ヤマカツエース
マカヒキ

三連複
キタサンブラック
ヤマカツエース軸
全流し


今回は、キタサンブラックを中心に購入しました。

さて、結果は………。
1着キタサンブラック
2着ステファノス
3着ヤマカツエース

早めのスパートをかけた、キタサンブラックが勝利しました。

マルターズアポジーとロードヴァンドールが想定通り逃げを打ち、キタサンブラックは先行グループの中でレースを進め、前半はゆっくりと進んで行きましたが、一気にレースが動いたのは4コーナー。キタサンブラックが早めのスパートを仕掛け、一気に先頭へ躍り出ました。後ろから来るステファノスやヤマカツエースを押さえ、そのまま先頭でゴール。勝負を決めました。

2000Mは短いと思われていたキタサンブラックですが、こうまで圧倒的なレースだと守備範囲の距離は2000M〜3200Mという事になりそうですね。ここまで柔軟に対応できる馬も非常に珍しいと思います。対してマカヒキですが2000Mでもこのレースっぷりだとちょっと大丈夫かなという感じがしてしまいますね。展開に左右されるのは大きいのですが。

武豊は今年G欺蘊〕となりました。これでJRAG鬼袷汗覇まであと2つとなりました。キタサンブラックとのコンビは本当に合っていますね。

今回、馬券は3連複が当たりでした。ヤマカツエースが2着に来てくれれば馬連も当たりだったのですが、ギリギリOKでしたね。
さて、次回のG気郎花賞です。
無敗馬ソウルスターリングがクラシックタイトルに挑むわけですが、ミスエルテやリスグラシューなど強豪揃いのレースとなりそうです。
桜の女王は誰の手に!?

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事