年間100冊読書ブログ

1年間に100冊読書+書評を死ぬまで続けたい。続ければきっと。

ごあいさつ

はじめまして、「年間100冊読書ブログ 」にようこそ。

2009年の大学3年生の時に、100冊の本を読み、書評をしました。
全体的にとても満足する読書ができて、すごく見識が広がったと我ながら思います。
これ以降も1年に100冊の読書をし、書評しようと心がけています。

「作者・作品データ」・「あらすじ(内容)」・「自己完結(感想と考察)」
記事はこれらの3つに分けて書かれており、自分の考えを述べることを大切にしるので、
書評というよりも本の内容を自分なりに解釈して、考察することを目指しています。
※「あらすじ(内容)」はネタバレを含みますので、注意してください

最初にこれは読んでみたい100冊だ、という調子で本を選んだのですが、
きっと参考になると思うので、見てください。 → 100冊の中身へ

イメージ 1

こちらが僕のホームページです。
「White is Black」 http://www.kanekiyoshuntaro.com/

最近始めたブログです。
「(H)imaginism」 http://www.kanekiyoshuntaro.com/photoblog/

その他の最新記事

すべて表示

Kindle Paperwhiteを購入...

2013/2/9(土) 午前 2:13

2月1日にKindle Paperwhiteが私の家に届きました。 何故私がそれを買ったか、というと、A5判サイズのビジネス本を気軽に読みたいからです。 僕は主に小田急線を使って生きている人間なのですが、朝の新宿行き、夜の小田 ...すべて表示すべて表示

JGAPに文章が掲載されました。

2012/10/23(火) 午後 3:31

ご無沙汰しております、こんにちは。 日本ギャップイヤー推進機構協会(JGAP)から文章の執筆依頼が来て、文章を執筆しました。 JGAPはギャップイヤー導入による大学生の国際競争力の向上を目的としている一般社団法人ですが、 僕が在 ...すべて表示すべて表示

寺山修司 『青女論』

2012/3/21(水) 午後 4:21

作者・作品データ 作者:寺山修司 1935年12月10日 - 1983年5月4日 作品:昭和56年 あらすじ 青年という言葉は男性的な意味を帯びているが、全く女性的な意味を帯びていない。寺山修司は言う、青女が居てもいいのではな ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事