オニャンコポンな絵葉書たち

現在、パソコン故障で冬眠中。気が向いたら動き出します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本のジェットコースターの始まりは『明治事物起原』(明治41年)の
「自動鉄道の始」によると明治23年の第三回内国勧業博覧会で
上野東照宮境内に登場したトンプソン式のものだったという。
続いて同年秋に大阪の今宮臥龍館に同様のものが開業し、
新聞に掲載された広告を見ると、上野のものを移築したのではないかと
『化物屋敷』(橋爪紳也著・1994年)では述べられている。
その後は空白期間が続き、ようやく登場するのは大正14年だ。
「戦前期におけるあやめ池遊園地の開発と変容」
(安野彰著、2000年度日本建築学会・関東支部研究報告集収録)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006942022
の中で、「大正14年の多摩川園における「陸上波乗」が常設ローラーコースターの嚆矢」
と紹介されている。
画像はその「陸上波のり」の絵葉書。
名前と見た目からして、ウォーターシュートの陸上版といった感じがする。
古いジェットコースターの絵葉書はアメリカのものはいくらでもあるが、
日本のものはなかなか見つからない。
多摩川園に続いて、昭和10年にあやめ池遊園地に設置されたという
ローラーコースターの絵葉書もぜひ入手したいところだ。
 
追記:「観覧車通信」に明治41年のコースターの記事が書かれていた。
 「明治41年、小池伊三郎が、天王寺公園で開催の
内国製産品評会で「8型自動鉄道」なる余興を開催した」とのことだ。
 
「大阪毎日新聞(明治41年3月20日)に注目!─8字形自動鉄道」
http://blog.livedoor.jp/tenbosenkaisha/archives/1870333.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事