土壁の家 和風住宅、洋風住宅、バリ風アジアン住宅in浜松の工務店

カネタケ竹内建築! 匠の技手刻みで施工する高級注文住宅、入母屋和風住宅からアジアンデザインバリ風住宅まで施工!浜松市の工務店!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

写真は割栗石を並べている様子です。

割栗石とは地盤を固める為に用いられる石材のことです。

単純に並べているわけではなく、形を見ながら栗石を並べています。

ここにも職人技があるんですよ。

写真でも分かるように綺麗に並んでいることが分かります。

砕石よりも大きな石を地面に敷くことで、設置面積が大きくなり

力を分散することができます。

並べ終えたその上に砕石を敷き、鉄筋コンクリートランマーで突き固めていきます。

この上にコンクリートを平らに打ちます。

地盤調査をして地盤が悪いときは、割栗石の下に補強をしますが今回は補強の必要は

ありませんでした。

この工法は大きなビルなどでよく施工されますが、住宅では珍しいといえます。

地震に強く丈夫な家を建てるためには建物本体の構造を強くすることはもちろんですが、

土台も強くなければ建物を支えることはできません。丈夫な土台が強い家の第一歩と考えます。

そのためには時間と労力を惜しみません。

今回も大変丈夫な良い土台が出来上がりました。


〜和風建築 通し柱ひのき七寸柱の家・安心の自社一貫体制〜 
螢ネタケ竹内建築
静岡県浜松市東区大瀬町2140-1 
浜松の工務店 ホームページ http://www.kanetake-tk.com/      

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事