三日月の館 2

ぼちぼち更新していきます。

全体表示

[ リスト ]

もどる

広沢トンネルから。
イメージ 1

トンネルを抜けた所にちょっとした広場があります。
イメージ 2

奥山線線路跡の碑。
イメージ 3

モニュメント。
イメージ 4

飛び立つラッキョウ軽便。
999かー!
イメージ 5

煙突の形がらっきょうに似ていたので「ラッキョウ軽便」と呼ばれ親しまれた。
イメージ 6

まるで行き違いが出来そう。
イメージ 7

振り返って見る。
イメージ 8

この辺りから緩やかな坂になっています。
イメージ 9

また車輪の車止め。
イメージ 10

浜松北高。
東大にも進学者を出す名門校だそうです。
イメージ 11

今来た道を振り返る。
イメージ 12

かつての最寄駅が名残駅。
イメージ 13

この辺りにあったのかな。
イメージ 14

お好み焼きぬのはし。
たくあんの入ったB級グルメ「遠州焼き」が食べれる。
「布橋」という地名は、三方ヶ原の戦い後、逃げる徳川家康の居城まで追ってきた武田勢を迎撃する為、犀ヶ崖に布の橋を架けて攻撃を食い止めたという伝承に由来する。
イメージ 15

ここで、寄り道。
犀ヶ崖へ行く。
イメージ 16

碑と説明板。
イメージ 17

【犀ヶ崖】
犀ヶ崖と呼ばれる範囲は、はっきりしないが、この付近から下流約450mの間に、急な崖が連続している。
この付近では、幅約30m、両岸とも深さ10数mの絶壁をなす。
元亀3年(1572)12月22日、徳川家康は、三方原において武田信玄に一戦を挑んで敗け、浜松城に逃げ帰ったが、その夜犀ヶ崖付近で徳川方が、地理に暗い武田方を急襲して、この崖に追い落としたと伝えられる。
崖上の宗円堂には、この戦いによる両軍の死者の霊が祀られており、その霊を慰めるため、毎年遠州大念仏が行われる。
静岡県指定史跡。

浜松市 

三方原古戦場犀ヶ崖の碑。
イメージ 18

説明板。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/89/a1/kanezane2/folder/607784/img_607784_21107981_7?1315925033_
ここから深い谷になっている。
イメージ 19

武田・徳川両軍の戦死者の霊を慰めるため、毎年7月半ばに遠州大念仏が行われる。
イメージ 20

本多忠真顕彰碑。
本多忠真は三方ヶ原の戦いで徳川軍の殿を務め、この地で道の左右に旗指物を突き指し、「ここから後ろへは一歩も引かぬ」と言って、武田勢の中に刀一本で斬り込み、39歳の人生を終えたと云う。
イメージ 21

夏目次郎左衛門吉信の碑。
三方ヶ原の戦いで家康の身代わりとなって討死。
おかげで、家康は浜松城へ帰ることが出来たと云う。
イメージ 22

何故かねずみ小僧次郎吉の墓もある。
イメージ 23

寄り道はここまで。
元に戻って先へ進みます。
イメージ 24

住宅地に似つかわしくない緩やかなカーブ。
まさに廃線跡という感じ。
イメージ 25

90度曲がる。
イメージ 26

犀ヶ崖の北で浜松宿から分岐した姫街道と交差。
イメージ 27

奥山線の跡を継ぐ遠鉄バスがやって来ました。
イメージ 28

姫街道の先も遊歩道が続く。
イメージ 29

今度は逆に90度曲がる。
イメージ 30

六間道路と交差。
イメージ 31

池川駅。
イメージ 32

渡った所にあったという。
イメージ 33

池川駅跡を振り返る。
イメージ 34

ここからまた一直線。
イメージ 35

遊歩道整備中。
ここから舗装が変わった。
イメージ 36

次は上池川駅。
イメージ 37

このちょっと先あたりかな?
碑が無いので良く解らない。
イメージ 38

スピードを上げて進みます。
イメージ 39

世界陸上かー!
イメージ 40

舗装がほぼ完成している部分。
左は自転車、右は歩道。
イメージ 41

車輪だらけ。
何か通りにくいなぁ。
イメージ 42

アパートの入口に奥山線線路跡の碑がひっそりと建っていました。
イメージ 43

廃線跡だぞー!
と主張する車輪群。
イメージ 44

そして、住吉駅へやって来ました。
イメージ 45

住吉駅跡には碑が建っています。
イメージ 46

まだまだ先は長いです。
つづく

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事