三日月の館 2

いつも訪問有難うございます。

全体表示

[ リスト ]

もどる

田内城牛骨ラーメンの寄り道で2時間ロスしてしまいました
まだ打吹城も登っていないのに夕暮れ時が近づいてまいりましたので、いそいで見日町へ戻る。
イメージ 1

上灘駅跡。
イメージ 2

上灘駅から打吹駅に向けて進みます。
イメージ 3

目がチカチカする廃線跡。
イメージ 4

打吹山へ向かって真っすぐ進みます。
イメージ 5

倉吉名物打吹公園だんごを作る石谷精華堂本店が見えました。
イメージ 6

こんなだんごだそうです。
イメージ 7

往時は表定速度が時速20kmの列車があり、「日本一の鈍足列車運転線区」と称されたそうですが、ここはさすがにスピードが出せたのでは。
イメージ 8

だんだん打吹山が近づいてまいりました。
イメージ 9

かつては踏切があったのでしょうが、今は
「→横断歩道を渡りましょう」
とのこと。
イメージ 10

今来た廃線跡を振り返る。
イメージ 11

幸町の横断歩道を経由して廃線跡へ戻る。
モニュメントの題は「だんらん」。
イメージ 12

清水病院付近から緩やかに右カーブ。
イメージ 13

この辺りから美作街道と併走。
イメージ 14

振り返る。
イメージ 15

往時は車と競争したのかな。
イメージ 16

まだまだ曲がります。
イメージ 17

東中の前でカーブは終わり。
イメージ 18

振り返る。
イメージ 19

少し進むと美作街道が離れていった。
イメージ 20

倉吉線は真っ直ぐ進みます。
イメージ 21

立ちはだかる岩。
イメージ 22

これもモニュメント。
題は「時空 1912年6月1日-1985年3月31日」。
明治45年(1912)6月1日は、倉吉線の前身である倉吉軽便鉄道が上井−倉吉間で開業した日。
昭和60年(1985)3月31日は、倉吉線の最後の日。
イメージ 23

宅地の間を進む。
イメージ 24

モニュメント「異・空間 92-2」。
芸術はわからん
イメージ 25

モニュメント「風景の中の風景」。
この辺りから広々とした感じになる。
イメージ 26

と、思ったらここが打吹駅(旧倉吉駅)跡だった。
イメージ 27

打吹駅跡案内図。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/89/a1/kanezane2/folder/607784/img_607784_22418466_25?1348376005_
打吹駅跡に保存されているC11型蒸気機関車。
イメージ 28

打吹駅跡ある倉吉鉄道記念館。
イメージ 29

無人なので、入館する人が電気スイッチを点けて入る。
中へ入ると貨車移動用ディーゼル機関車が展示されていた。
イメージ 30

その周りには有りし日の倉吉線の写真が展示されていた。
あまり文字による解説は無かったように思う。
イメージ 31

廃線跡探訪は今日はここまで。
ここから先は、くらよし観光・MICE協会が主催するトレッキングツアーがあるそうです。
いつの日か参加してみたいものです。
さて、いよいよ打吹城へ向かいます。
イメージ 32

そう言えば、倉吉鉄道記念館を出る時は消灯を忘れずに。
節電ですからね。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事