かんが日記(ヤフーブログ)

最近更新が滞ってます。ごめんなさい!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ガラスめだまときんのつののヤギ


福音館書店  白ロシア民話  田中かな子:訳  スズキコージ:絵

著者紹介

田中かな子

 東京に生まれる。中華人民共和国東北師範大学露分科卒業。日本児童文学者協会、子どもの本研究会会員。旅行、通訳業に従事。すでに百回を超える旅のかたわら、北方民族、ソビエト各民族の伝承民話、民芸品、民俗に関する研究論文、エッセイを発表。
 主な著書に「太陽の子と氷の魔女」(大日本図書)、「赤いおかのチック」「せむしのこうま」(理論社)などがある。東京在住。

スズキコージ(鈴木康司)

 1948年、静岡県に生まれる。1965年上京し、1971年、日本橋プラザディックにおいて初めての個展「コージズキンの世界」を開催。
 画集「ゼレファンタンケルダンス」(リブロポート)、絵はがき「プリーズ・ミスター・ポストマン」(架空社)、絵本に「画家とモデル」(メリーウェルズ)、童話のさし絵に「野ばらと村の長ぐつぼうや」「フェードルおじさんといぬとねこ」(以上福音館書店)、童話に「てのひらのほくろ村」(理論社)などがある。東京在住。


かんがのHPでの紹介は、こちらから→ガラスめだまときんのつののヤギ




あるところに おばあさんがいた。おばあさんは、はたけを たがやして、むぎを まいた。

むぎは あおあおと しげり、それはそれは おおきくなった。

あるひ、おばあさんは、むぎを みに はたけへ いった。すると、ヤギが むぎを くってはふんずけ くってはふんずけ、はたけのなかを のっしのっしと あるいていた。

おばあさんは、かけよって こういった。「でていけったら でていけっ! むぎばたけから でていけっ!」

でも、ヤギは でていかない。
「よけいなおせわだ、おいぼればあさん!
おいらにゃ、ガラスめだまと きんのつのがある。
ひとつきすれば、いちころさ!」
おばあさんは どうしようもなく、なきながら あるいていった。

クマにであった。
「おばあさん、おばあさん、なにを かなしんでいるんだね?」
おばあさんは、わけを はなした。
「どうして かなしまずに いられよう。
うちの むぎばたけに、ヤギが はいりこんで でていかないんだよ」
「ふーん、おばあさん、かなしむことはないよ。
いこうじゃないか。おいらが おいだしてやるから!」

むぎばたけに やってくると、クマはいった。
「でていけったら でていけっ! むぎばたけから でていけっ!」
でも、ヤギは でていこうとしない。
「なまいきいうない、もじゃげのクマめ!
おいらにゃ、ガラスめだまと きんのつのがある。
ひとつきすれば、いちころさ!」
クマは びっくりして、にげていってしまった。

おばあさんが なきながら、とぼとぼ あるいていくと・・・

さて、次はオオカミがやってきました。

オオカミも、ヤギを追い出せません。


その次は、キツネがやってきました。

キツネも、ヤギを追い出せません。


またその次は、ウサギがやってきました。

ウサギも、ヤギを追い出せません。


泣きながら、とぼとぼ歩く、おばあさん。

ハチが とんできた。
「おばあさん、おばあさん、なにを かなしんでいるんだね?」
おばあさんは、ハチにも わけを はなした。
「どうして かなしまずに いられよう。
うちの むぎばたけに、ヤギが はいりこんで でていかないんだよ」
「ぼくが ヤギを おいだしてやるよ。さあ いこう!」
「やれるものかね。クマがおいだしても でていかず、
オオカミが おいだしても でていかず、キツネが おいだしても でていかず、
ウサギが おいだしても でていかなかったものを、
そんな ちいさな おまえなんかに、どうして おいだせるものかね」
「おばあさん、いこうよ。ぼくに ヤギをみせてくれ」

おばあさんは ハチを つれて、むぎばたけへ やってきた。
すると、ハチは とんでいって・・・

ヤギの はなを チクリッ!
ヤギは メーメー なきだして・・・

にげだしていくではないか!
そして、ゆくえも
わからなくなってしまった。

それからというもの、
ヤギは、おばあさんの むぎばたけに くることはなくなった。
おばあさんは、すえながく しあわせに くらしたということさ。



ロシア民話らしく、繰り返しのフレーズが続きます。
省略してしまいましたが、同じ言葉が続くのです。

同じような絵本に「てぶくろ」がありますね。^^
これは、ウクライナ民話だそうです。
うちにあるので、そのうち載せたいと思います。
ただ、いつになるやら。
今のところ、HPに載せてある絵本を中心にお伝えしてますので。

スズキコージさんの、斬新な絵と共に、味わってください。
最後の方のページでは、おばあさんが、カカと笑って、大きな鎌を持ち、ワイン(?)を飲む姿が描かれています。
ハチがヤギの鼻を刺すシーンも、是非ご覧下さい。

まずは、半径3mを変えてみよう。

そこから、世界が変わっていくって。


こんなタイトルの新聞が、三女の保育園で、配布されました。

世界が直面している最大の問題は、「地球温暖化」です。
絶望的な予測をする科学者もいます。ある人がこんなことを言いました。
「しょうがない」を漢字で書くと、「笑(しょう)がない」。
「笑(しょう)がない・・・」ってあきらめていたら、笑いのない生活になってしまう。
でもね、「やってみま笑(しょう)!」って笑い楽しみながら動いたら、必ず笑いがあふれる世の中になる。
ひとりでも多くの人が「やってみま笑(しょう)」って気持ちになって、みんなで半径3mを変えたら、
それが波紋のように広がって、地球温暖化は止められるんです。さあ、みんなで「やってみま笑(しょう)」!

TEAM GOGO! 2007事務局

いかがですか?素敵な試みだと思いませんか?
実際には、未来の地球はこんな風になる!と、わかりやすく漫画にもしてあります。

次回から、実際にこんなことをしています。という事例を紹介しますが、今回はあとこれだけ。

カーボンニュートラル大作戦!
今回、この号外は一人ひとりの環境意識が高まることを期待して3000万部と言う大部数を印刷しました。
大量の紙を使って「環境破壊だ」というアドバイスもいただきました。たしかに、その通りです。
そこで、じび号外の印刷で排出されたCO2をゼロに戻すべく、植林をすることでCO2を相殺する「カーボンニュートラル大作戦!」を実施します。
今までこの号外の言い出しっぺのてんつくマンが代表を務めるNGO MAKE THE HEAVEN、これまでの3年間で約22万本の木を植えてきましたがさらなる植林を計画しています。企画が決まり次第、下記サイトにアップ予定。

カーボンニュートラルって?
事業活動などで生じるCO2の排出量を、植林や自然エネルギーの導入などによって実質的に相殺してゼロに近づける取り組みのこと。




最後に、漫画の登場人物が言っていた言葉を。

無駄なぜいたくや争うことをやめて分け合って

みんなが環境のことに向き合って、

戦争に使っているお金を、

誰かを助けるためや環境を守るために使えば


まだ・・・

間に合うからね・・・

2007年(いま)から始めるの

やれる事はたくさんあるから


みんなで、一緒に考えましょう。。。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事