かんが日記(ヤフーブログ)

最近更新が滞ってます。ごめんなさい!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

私の取っている新聞の情報紙に、こんな記事が載っていました。


蔵のまちの中心地にある国登録有形文化財・小栗家住宅。年輪を重ねた褐色の柱や格子戸。伝統ある和の空間で、南吉(絵本作家の新美南吉)の童話や詩が語られている。○○市観光協会が小栗家住宅に移転したのは平成18年4月。以来、毎月一回(第3土曜11時〜)、ここで開かれている「南吉童話・おはなしの会」は、この1月で20回を数えた。・・・・・

この記事に登場する、前田早苗さんも、おはなし会のメンバーとして、朗読や語りを続けてきたそうです。

「一人でも二人でも聞いてくださった方と、温かく心和ませる時間を共有できればうれしい」
と、穏やかな口調で語ります。

前田さんが、絵本の読み聞かせを始めて、もう23年になるんだそうです。
当初から「岩滑(やなべ)わいわい文庫」で、そして読み聞かせグループ「きりんの会」の一員として、同じ思いの仲間たちと活動を広げてきたのです。
さらに、「ごんぎつねの会」のメンバーとして「南吉作品」にかかわって15年、宅老所「ひだまり」での朗読も7年ほどになるそう。

前田さんは、子育てネットワーカーとして、○○市保健センターでの3ヶ月検診で、母と子に絵本を読んで聞かせ、赤ちゃんの育ちにも絵本が大切なことを伝えています。

「ゼロ歳児でも一瞬しーんとします。絵本の言葉のリズミカルな繰り返しから、何かを感じてくれます。お母さん、お父さんが根気よく語りかけることで赤ちゃんは安心し、心豊かに育ってくれます」


前田さんが最も訴えたいのは「絵本の力を子育てに役立ててほしい」と、言うことです。

「一冊の絵本を介して、親子のコミュニケーションを深めてほしい。読み聞かせは家庭の中で、親子の間で行われるのが基本です」

と、語ります。

親子で絵本を楽しむことで、子どもに想像力と創造性が芽生え、自分の言葉を持つようになります。
「大人になったとき、自分の気持ちを”自分の言葉”で伝えられるようになってほしいですね」

前田さんが特に意識しているのは、読む人と聞く人が一冊の絵本の楽しさをいかに共有できるか。お互いの喜びの空間をどう作り出すか・・・
「ページからページへうつる間(ま)、子どもが想像し、思い描ける間、呼吸を大切にしなくてはと思います」

南吉の「ごんぎつね」を読み終えたとき、5歳くらいの男の子が父親に「ごんって、死んでないよね」と、生きていてと言わんばかりに聞いていた。
外国の絵本を読み聞かせたとき、小学生の女の子が思わず「ああ、いいお話だった」とつぶやいてくれた。
そんなとき、「このお話から何かを感じてくれたんだ。よかった」と、心底思う。

子ども達が幸せに育たなくては、まちは育たない。
「新美南吉」という世界に誇る作家の生まれたまち。
「その温かさ、やさしさを表現できるまちに。まち全体が”南吉ワールド”に包まれてほしいですね」とほほえむ。
「このまちで、幸せな子ども時代を過ごしてほしいと願って、世話好きな、おはなしおばさんは、あちこちで絵本を読み、南吉を語っていこうと思います」



すてきな、お話です。^^

私の住んでいる市は、「ごんぎつね」や「手ぶくろを買いに」をかいた童話作家、新美南吉のふるさとなんです。
ですから、「新美南吉記念館」とか、南吉の生家などがあります。

そんなまちだからこそ、絵本の大切さを大人にも子どもにも伝えていきたい、そう思うのです。

途中出てくる「きりんの会」は、図書館などに出向いて、毎週土曜日「読み聞かせ会」をしています。
私も三女と聞きに行って、その会に誘われた事もあります。(結局、電話がかかってこなかったので、そのままになってますが)

絵本の読み聞かせのボランティア。やりたいことのひとつです。
でも、まだまだ子育て中。
もうちょっと我慢します。(笑)
仕事も忙しいので、今はまだ無理かな。(爆)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事