KANGAROO DASH!!

おこしやす〜☆ スポーツスクラップ(野球中心)をご満喫ください〜♪

全体表示

[ リスト ]

今週ある意味びっくりニュースだったのが、巨人の工藤公康投手の移籍でしょうね。

今回話題になったのが、FA選手獲得による人的補償です。

人的補償なってめったにないんですけど(殆ど金銭補償が中心でしたから)

今回は変に注目されてますね?

巨人絡みは、同制度で西武に移籍した江藤選手以来ですかね。

巨人は、横浜からFAで門倉投手を獲得したことから、横浜に補償しなければなりませんでした。

工藤選手の移籍に至ったのが次の条文でした。

2)選手による補償は、当該FA宣言選手と選手契約した球団が保有する支配下選手のうち、外国人選手および同球団が任意に定めた28名を除いた選手名簿から旧球団が当該FA宣言選手1名につき各1名を選び、獲得することができる。(中略)
  
選手層の厚い巨人は、工藤投手を28人のプロテクト選手に入れませんでした。

今回は旧球団である横浜が工藤選手を選んでしまったというわけです。

選ばれた投手は絶対にその球団に移籍しなければなりません。

でも変な感じがしません?

だって、補償原因の門倉投手の年棒は1億前後に対し、

それに大して工藤選手は2億以上だったんですよ!

日本ハムだった小笠原選手の補償でしたら、対等だったんですけど

金額的には、横浜の方が大物選手を獲得したことになりません!?

形式は違えど、結果的には工藤投手と門倉投手の不均衡なトレードが成立した感じです。

巨人が工藤より門倉を優先したと言ってしまえばそれまでですが、

またしても変な移籍が成立しました。

FAって難しいですねぇ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事