カフェ カプリシュー


今年、函館市の大森町から富岡町に移転した『カフェ カプリシュー』さん。
駐車スペースはお店の前にあります。
結構、交通量が多いので出し入れが大変かも。
イメージ 1

1階はケーキ屋さん。
チーズタルトとか、スウィーツをたくさん販売しています。
イメージ 2

色んな情報から、2階で食事ができると知りました。
自分は結構通る道なので、お店が開店したのだけは知っていましたが、
このような形態の店舗とは想像もしていませんでした。
1階のケーキ屋さんは10:00〜やっていますが、食事は11:30〜だと思っていました。
少し早めに到着したと満足していたら、いつの間にか10:00〜食事ができるようになっていました。
イメージ 3

       2階の店内は窓も多く、明るい清潔感がある空間です。
       それではメニューです。
       数百円追加でフルーツビュッフェがあると聞いていたのですが、やっていませんでした。
       なのでサラダの食べ放題もやっていませんでした。
       ちょっと残念。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

軽食かと思ったらメニューが充実でビックリ。
ローストビーフ丼(ハーフ)です。
函館市内ではローストビーフ丼をなかなか食べられないので貴重です。
モモとロースの部分を選べるのですが、頼んだのはモモです。
イメージ 28

本ズワイとエビのトマトクリームのパスタ(ハーフ)です。
イメージ 29

たらこクリームパスタ(ハーフ)です。
イメージ 30

ハーフパンケーキ(プレーン)です。
イメージ 31

ハーフパンケーキ(チョコ)です。
イメージ 32

ハーフセットにはソフトドリンクと、このサラダが付きます。
ドレッシング、好きだなぁ。
お値段は税込み2,200円。
3人利用です。
イメージ 33

お客様は女性がほとんど。
男性は自分のほか、年配の男性が一人かな。
いつもランチは混んでいるようです。
料理は1階で作って、スタッフが階段を利用して運びます。
少し大変そう。
男性でもこのセットはお腹いっぱいになりました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

スシロー函館美原店

スシローさんは結構な頻度のような。
今時の回転寿司さんは当日でもスマホ予約ができるので大変便利です。
今回の目当ては「カニ」です。
蟹祭りやってました。

生ズワイはとろけます。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

北寄
イメージ 8

イメージ 9

小柱ユッケてんこ盛
イメージ 10

イメージ 11

大好きな茶碗蒸しもズワイ入り。
イメージ 12

光って見ずらいですが、これもカニ。
イメージ 13

大つぶ貝の生と炙り。
イメージ 14

〆のズワイ蟹の鉄砲汁。
イメージ 15

柄にもなく、塩キャラメルのカタラーナ。
イメージ 16

函館市内では、どこが一番人気なんですかね。
人それぞれの好みですが。




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

函館 北美原温泉

3連休の最終日は休日を利用して
会社のバスを修理するため
函館の電装会社に持ち込みました。

帰りは北美原温泉にお邪魔しました。
以前から気にはなっていましたが
やっと入浴しました。

イメージ 1


駐車場は玄関横と裏に広く確保しておます。

イメージ 2


混んではいませんでしたが
受付には二人のおばさんがいて
ずーっと元気に喋ってました。
一人でもいいような…。
玄関を入るとこじんまりした下駄箱ロッカーとロビーがあります。

イメージ 3


脱衣場は広くはないですが
お客さんが少なかったのでゆったりと行動できました。

イメージ 4



内湯は高温湯と低温湯。
外に出ると露天風呂とサウナがあります。
カランの数も多めでした。
全体的にコンパクトな造りなので
入浴しやすかったです。
混んでたらどぉ〜かなと思いますが、
今日はゆったりとできて好印象でした。
こちらの施設は朝5時から8時、昼の12時から夜の12時まで営業してます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

長万部町 かなや

長万部駅前の「かなや」さんでランチ。
賑やかな「ドライブインかなや」さんとは違って落ち着いた雰囲気で食べられます。
昔は2階で結婚式もやっていたんだよなぁ〜。
イメージ 1

「かにめし大盛」 1,404円。
茶碗蒸し等が付いた、「かにめしセット」にしようとしましたが、
やはり本来の目的である「かにめし」がたくさん食べたいと思い、これになりました。
イメージ 2

「かにめし」は飽きないですね。
長万部町内では色んなお店でも「かにめし」を販売してます。
もちろん「かなや」さんは有名ですが、他の店の「かにめし」もそれぞれたくさんの固定客やファンがいます。

それでも麺類がどうしても食べたくなり、
一度は「塩ラーメン」を食べたかったのですが、結局は「ざるそば」 540円。
コシがあったなぁ〜。
イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日はお休みでして午前は長万部、午後から病院、歯医者と忙しかったなぁ。
今晩は親戚の歓迎会があり、それまでに時間が空いたので瀬棚区の『やすらぎ館♨️』へ。

イメージ 1


久しぶりだったけど、良かったなぁ。
今晩のビールがおいしいだろう。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今月の11日にオープンした「根室花まる キラリス函館店」さんに、やっと行けました。
昨年12月に札幌では食べたことがありますが・・・。
回転寿司の激戦区 函館にまたお店が誕生しましたね。

イメージ 1

キラリスの地下1階です。
イメージ 2

入口が段差になってますので、特に帰りはお気をつけください。
平日の夕方早い時間だったのでお客さんは少なかったのですが、30分後には満員でした。
さすが外国の方も多かったですね。

定番メニューのほか、本日のおすすめです。
イメージ 3

では、紅鮭筋子醤油漬けいただきます。
イメージ 4

たらこ。
イメージ 5

数の子、魚卵3連発。
イメージ 6

たらこ巻き、4連発でした。
イメージ 7

山わさび巻き。
イメージ 8

まぐろ。
イメージ 9

甘エビ。
イメージ 10

いか。
イメージ 11

ししゃもの子。
イメージ 12

本鮪赤身。
イメージ 13

また魚卵、いくら。
イメージ 14

北寄のひも。
イメージ 15

炙りしめ鯖。
イメージ 16

豪快な花咲がにの鉄砲汁。
イメージ 17

玉子。
イメージ 18

フツーの茶碗蒸し。
イメージ 19

焼きホタテの茶碗蒸し。
イメージ 20

いかゲソ揚げ、ビールが欲しい。
イメージ 21

最後はスウィーツ。
イメージ 22

牡丹海老が売り切れだったので残念でしたが、
全体的にさすがコスパは良いですね。
土日はすぐに座れないのでしょうね。
また違うタイミングで来たら、珍しいメニューが増えているはず。
もう少し後に来よう。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

函館乃木温泉 なごみ

「函館乃木温泉なごみ」さん
やっと行けた。
こちらの施設は、岩見沢と札幌にも姉妹店があるようです。
イメージ 1

あまり撮れませんでしたが綺麗な施設。
イメージ 2

玄関、券売機、男湯入口。
イメージ 3

脱衣場に入ったところです。
さすがに、その奥は撮れませんでした。
イメージ 4

休憩室と軽食販売。
イメージ 5

イメージ 6

軽食メニューの品数も多いですね。
これだけあったら1日中寛げます。
車の運転がなかったらいいんですけどね。
イメージ 7

混み合う訳ですね。
とても好きな温泉施設が増えました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ドラゴン厨房 雅龍

函館市日吉町にある『雅龍』さん。
こちらは90分(大人 2,700円)のテーブルバイキング。
品数は50品以上。
もちろん料理は本格的なんです。
普通に単品オーダーしているくらいですので。
バイキングの他にも色んなプランがあります。

ここのザーサイ好きです。
イメージ 1

定番エビチリ、食感と味がとても良い。
イメージ 2

エビマヨ。
イメージ 3

小籠包は1個からでも。
イメージ 4

あんかけ焼きそば。
イメージ 5

合鴨パストラミ、ビールが欲しい。
イメージ 6

くらげ冷菜。
イメージ 7

自家製杏仁豆腐。
イメージ 8

漢方激辛麺、めちゃくちゃ辛い。
イメージ 9

石焼蟹玉炒飯。
イメージ 10

ミニ塩ラーメン。
イメージ 11

バニラアイス。
イメージ 12

写真がないけど、他にも麻婆豆腐も食べたなぁ。
半個室なので落ち着きます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ニセコ町 木々亭

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

バイキングやってます。
2度目の入店。
お客様少なめで、貸し切り状態。
こちらを利用すると向かいの温泉(いこいの湯宿いろはさん)の入浴料金ご、800円から500円になります。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

蘭越町 雪秩父

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

蘭越町湯里にある『雪秩父』さん。
初めて訪れました。
2年前にリニューアルオープンしたという事で、とても近代的に綺麗な施設でした。
バリアフリー完備。
受付、休憩室、売店、レストランは1階ですが、温泉は地下1階に下がる造りです。
もちろんエレベーターはあります。
硫黄泉なので、硫黄の臭いがしますし、自分の大好きな乳白色っぽかったです。
洗い場も仕切りが付いていて至れり尽くせりです。
内湯は熱めとぬるめの二つ。
露天は男子二つ。
女子はその倍はあったような⁉️
景色も良し❗
ゆったりと寛げます。
ここの場所には全く必要ないかもしれませんが、あと一つサウナがあれば嬉しいなぁ。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事