ここから本文です
小樽・子どもの環境を考える親の会
転載自由 ※友達登録はしません

書庫全体表示


   子どもたちの命と健康をどう守る
            西尾正道先生講演会
イメージ 1

小樽は、霙混じりの寒い寒い日でしたが、50人近い市民が参加してくださいました。
何より今日の講演会には、若い人が多かったのが嬉しかったですね。


 福島原発の放射線量のインチキや
イメージ 2


 TPPにより遺伝子組み換え食品が当たり前のように流通することや恐ろしい添加物食品の氾濫、医療の崩壊など・・・
イメージ 3


農薬三昧のあげく農薬汚染食品が氾濫し・・・
イメージ 4

その農薬の影響を子どもたちが受けると・・・
イメージ 5

実際に発達障害など脳機能障害の子どもが急増していること
イメージ 6

特に問題なのが「ネオニコチノイド系農薬」・・・
あなたの食べている農作物はネオニコチノイドではありませんか?
「減農薬」「特別栽培米」などではないでしょうか?
イメージ 7

・・・など等、子どもたちの生きているこの環境がどれほど汚染されているのか
また、政治がもっと汚染しようとしているのか、
ボーっとしてはいられない!!ことがわかりましたね。

今回の講演会には、小樽の民進党市会議員の方が2名参加していました。
小樽市の民進党市議は、頼りになるのですが・・・(^_^;)





そして、こちらは、医療被ばくなど放射線治療のこと、
放射線技師や放射線科の医師が
いかに正しい知識を与えられていないかなど・・・
詳しく書かれています。
小出先生との対談形式です。
工学者と医学者の見方の違いなどもおもしろいかも。

イメージ 8





開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事