ここから本文です
小樽・子どもの環境を考える親の会
転載自由 ※友達登録はしません

書庫全体表示

記事検索
検索

全557ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


全国紙がやっと書いてくれました!

フランスではずっと前からマスコミが日々報道している真実を、日本は無関心なのか、国や企業に忖度していたのか中々記事になりませんでした。
これでやっと国民が「危険」を知る一歩を踏み出しました。

 ※東京新聞や赤旗新聞はすでに記事にしてくれています。

イメージ 1

イメージ 2

開くトラックバック(0)

change.orgカンパのお礼


 今回のネット署名では大変お世話になりました。
 このchange.org署名をされた方はご存知だと思いますが、カンパをしませんかというお知らせも回ってきます。そのカンパをすると、金額によって、より多くの方にこの署名活動のことをPRしてくれるというものです。
 中には、自分のしたカンパは『小樽・子どもの環境を考える親の会』に送られたと思っておられる方もいらっしゃるようですが、残念ながら(笑)、当会には1円も入ってはおりません♪ 
 会には入りませんでしたが、おかげさまで多くの方へこの情報が拡散されました。

 PRを増やすために、カンパをしてくださった皆さんには重ねて心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。



change.orgキャンペーン↓



開くトラックバック(0)

ダイソーにつづけ!


 沖縄読谷村のビルメンテナンス会社の読谷共同産業株式会社が「グリホサートを使用しない」とホームページで公表しました!


https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/260187?fbclid=IwAR3dTaaCl1yAhuqVF7y6uIF5rwxxm3GZUFCBIGFs3E8EMTfnB4QDuQE2Pko


消費者が動かした ダイソー“発がん性農薬”販売中止の英断

公開日: 2019/08/13 14:50  更新日: 2019/08/13 14:50
イメージ 1


発がん性の疑いがある除草剤成分「グリホサート」。欧州など海外では使用禁止や規制強化が広がっているが、日本は2017年に残留基準が大幅に緩和され、多くの小売店でグリホサートを含む除草剤が堂々と売られている。

 そんな状況を危惧する声に100円ショップ「ダイソー」が応えた。

 北海道の「小樽・子どもの環境を考える親の会」は、昨年9月と今年7月、除草剤を扱う4社に販売の中止を求めて要望書を提出。7月には2万2414筆の署名も添えて1カ月以内の回答を求めていた。同会が、8日に明らかにしたところによると、期限までに回答がなかったり、「慎重に検討する」などの回答があったが、「ダイソー」を展開する大創産業だけは、早々に販売中止を決定したという。

「大創産業は昨年の要望に対し、在庫に限り販売し、生産は中止するとしていました。今回の署名を添えた要望書にも在庫状況など回答をくれました。在庫がなくなり次第販売を終了するということです。たった1社ですが、大きな一歩です」(神聡子代表)

 ネット上では、〈地道な消費者運動がダイソーを動かした〉〈朗報!同じような決断をする小売店が増えてくるに違いない〉と拍手喝采。ダイソーの英断は広がっていくか。


開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

全557ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事