ここから本文です
小樽・子どもの環境を考える親の会
転載自由 ※友達登録はしません

書庫小樽市&子どもの環境を考える親の

記事検索
検索
29年目のチェルノブイリデー集会&デモ
           IN札幌

イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3
例年よりずっと早く咲いたがきれいでした。
福島のもきれいに咲いていましたね。
でも、それを身近で見ることが二度とできなくなるのが原発事故です!

イメージ 5


イメージ 4


   全道からたくさんの市民が集まり、泊原発の再稼動反対、大間原発反対、
  日本中の原発反対、子どもたちを放射能から守ろう!と誓いました。


    小樽からは、10人が参加しました。学校の先生も来てくれていました。
    おかあさん、おとうさんは、休日返上で来て下さる先生のことを考えることが
    あるでしょうか。放射能から子どもを守りたいという信念で来てくれたことに
    心から感謝します。



 今日は、選挙の投票日。
市役所前には、こんなものが3月設置されました。

イメージ 6

イメージ 7

放射能測定器モニタリング=ポストです!!
現在小樽市は、0,037マイクロシーベルト。

国が(道が)設置した・・・ということですが、小樽市のHPには何も書かれていません。きちんと市民に説明して欲しいですね。
こんなものが必要な世の中でこどもを育てるということに、不安がぬぐえません。

ポストの後ろにチラッと見える木の板に選挙候補者の顔写真が貼られています。モニタリングポストに背を向けず、市長も、市議もしっかり原発から子どもを守って欲しいものです。


開くトラックバック(0)



        誰に投票しようか、迷ってるみなさんへ

市長選は、コメントできませんが、
市会議員は、原発反対! 集団的自衛権反対! カジノ反対!をしている人にいれましょう。
 

イメージ 2


イメージ 1

      佐々木つかさ 











 小樽ジャーナル
「森井市長候補」の動画です。
「生の声」はこれだけ・・・




          


             小樽ジャーナルhttp://otaru-journal.com/



開くトラックバック(0)


   母と女性教職員の会って、知っていますか?

 小樽市の小中学生の子どもを持つおかあさんと女の先生が、子どものしあわせを願って活動しています。
 今日はその会の年度初めの総会と基調講演がありました。
  講演の演者は童話作家の加藤多一さん。
代表作ともいえる傑作は、『馬を洗って』。
イメージ 2


馬を洗って… (若い人の絵本) 単行本 – 1995/5 加藤 多一  (著

遠いあの日、馬を洗うたった一人の兄がいた。しかし兄とその愛馬「三本白」にも戦争の影が忍び寄り…。戦争にまつわる悲劇を、清冽な文と重厚な版画で描く若い人のための絵本。

 加藤さんのお話は、イラク派兵に反対し裁判を起こした箕輪さんを例にだし、「人はいくつになっても変わることができる。子どもには希望がある」というお話をしてくださいました。
 箕輪さんは元自民党国会議員でしたが、命をかけて自衛隊が戦争に行くことに反対したのです。
   この裁判の詳しい内容は→ http://kamuimintara.net/detail.php?rskey=129200605t01

イメージ 1
   演題 「子どもの声 聞こえますか」 加藤多一さん 本日の参加者は約200人


 母と女性教職員の会母女・ははじょ)は、戦後「夫と子ども、教え子を二度と戦場に送らない」をスローガンに始まった女性たちの集まりです。
今では男の先生や、地域の男性・女性を問わず、活動に応援してくださっています。

 本当は、学校でPTAの役員を決める時に、いっしょに母女の役員も決めたいのですが、なぜか、政治的活動と誤解され、役員決めはもとより、学校での活動を思うようにさせてもらえません。
 子どもの“しあわせ”を願うすべての大人たち、とりわけ母親(女性)に賛同していただき、活動を広げていけたらいいのですが・・・。

 あなたの学校でも、母女の活動があるはずです。担任の先生に声をかけてみてください。
 そして、子どもが戦争に送られることがないよう(アベ政権では危ない!)みんなで手をつなぎ、子どもたちを守って生きたいものです。



     こちらもどうぞhttp://blogs.yahoo.co.jp/kankitiao/9128859.html

開くトラックバック(0)


  
  約半数の人が、高橋はるみ氏に「ノー」と言っているということでしょ。


 高橋はるみ   1,496,915票
 佐藤のりゆき  1,146,573票


 佐藤さんに票を入れた人は、泊原発の再稼動は反対なんだよね。





誰が高橋氏に票を入れたかというと・・・・↓


イメージ 1
北海道新聞4月14日


 やはり、泊原発がある泊村、神恵内などの人が票を入れていました。
  福島のことは、他人事???

 反対に票を入れた人が少なかったのは、ニセコ、小樽、余市!!
ニセコはさすがですね!そして、小樽もまだまだ捨てたもんじゃないです。



今頃ですが、やっと、
小樽市長選に出馬する森井さんが「泊まり原発再稼動に反対」を表明。↓

イメージ 2




     なのに、やっぱり森井さんは市長選討論会は欠席

イメージ 3

       市民の知る権利を奪ってしまう判断・・・・。どうしてかな?

               森井さん、市民の前で

     ちゃんと自分のことばでしゃべっていただきたかったです。

                   残念です!

    



開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事