ここから本文です
小樽・子どもの環境を考える親の会
転載自由 ※友達登録はしません

書庫小樽市&子どもの環境を考える親の

記事検索
検索

沖縄は日本です!!
山形で声をあげています。
お近くの方は是非シールで民意を!!
鶴岡生協コープこぴあにて

イメージ 1
  小樽・子どもの環境を考える親の会の会員さんが活動をしています。
 応援しています!ほこりに思います。


開くトラックバック(0)



  署名を開始いたします!
   全国のみなさま
  ご協力お願いいたします。

 グリホサート製品及びネオニコチノイド系農薬製品の
              販売中止を求める署名


   集約日 2019年5月末 
   呼びかけ団体 小樽・子どもの環境を考える親の会
   郵送先 047-0033 小樽市富岡2-3-12 
       絵本と環境雑貨 ワオキツネザル 宛て
       0134-61-6355 (日月以外11時〜)
    ※用紙はA4にコピーし何枚でも送ってください!!
    また、シェア・拡散も
     宜しくお願いいたします。



イメージ 1




イメージ 2


開くトラックバック(0)


            拡散・シェア大歓迎!

 社長の名前で届いたのが世界へ進出している「ダイソー」のみ。
 このことは、とても大きいです。
 

グリホサート及びネオニコチノイド系農薬の
             販売中止 へのご回答
要望先
DCMホーマック株式会社 代表取締役社長 石黒靖規様
株式会社LIXILビバホーム 代表取締役社長兼CEO 渡邉修様
株式会社大創産業 代表取締役社長 矢野靖二様
●アマゾンジャパン株式会社 代表取締役社長 ジャスパー・チャン様

 11月1日までに頂きました各社のご回答を全文公開いたします。
各社の考えかた、姿勢を読み取っていただき、今後の署名活動へご協力をお願い致します。
 そして、市民の声が企業に届き、より一層優良な企業へと変換し、国をも動かす力となることを願っています。
 100年後の未来の子どもたち、そして環境を守っていくのは今を生きている私たち大人です。


掲載順は、届いた順番です。各社へ「公開」する旨は伝えさせていただいており、そのさいに追加事項等あればご連絡くださいと伝えております。

DCMホーマック株式会社
イメージ 1

株式会社LIXILビバホーム
イメージ 2

株式会社大創産業 
イメージ 3

 世界の流れに逆行する日本政府の判断が、企業の行動を決めている、という事実がわかっていただけたと思います。
 しかし、それは企業の自由意志で変えていけることです。
企業として、将来の環境のことまで考えたものづくり、販売を目指すか、一時の儲け主義を貫くのか。
 
 全国展開する100円ショップダイソーが、このような判断を示してくださったことは大きいと思います。

  ※アマゾンジャパン株式会社は回答なし

  




開くトラックバック(0)

当会では、
グリホサート及びネオニコチノイド系農薬の販売中止と、できる限り人体に影響の少ない商品の販売を要望しました。https://blogs.yahoo.co.jp/kankitiao/15916000.html

         要望先
DCMホーマック株式会社 代表取締役社長 石黒靖規様
株式会社LIXILビバホーム 代表取締役社長兼CEO 渡邉修様
株式会社大創産業 代表取締役社長 矢野靖二様
●アマゾンジャパン株式会社 代表取締役社長 ジャスパー・チャン様
              その回答が届きました。
  


 各社の回答は以下です。(まとめました)
 「やっぱりね・・・」という回答と感動の回答がありました。このあとは、全国署名を展開し、消費者の声を届けたいと思っています。皆さんどうぞご協力お願いいたします。

開くトラックバック(0)

おしらせ

 ホームセンターなどへ要望書提出しました

 当会には、アレルギーや化学物質過敏症の患者さんからの相談が、この数年増加しています。例えば、学校花壇に使った農薬で子どもが体調を崩した、近所の方が家庭菜園で使用した農薬に反応して引っ越さざるを得なくなった、室内で使用した殺虫剤やペットのノミとりで鼻水や咳が止まらなくなったり、皮膚が赤くなったなどの相談です。また、公園の雑草が、ある日突然茶色に変色していて、除草剤をまいたことが伺われるが、子どもを心配で遊ばせられないといった相談も増えています。
 統計によれば、日本は世界でも1,2位を争う農薬使用国で、さらに北海道は全国一。悲しいことに小学生のぜん息児も全国一多いということです。病害虫の防除には、経済性を考慮しつつ、様々な方法を工夫し、安易に農薬に頼らない管理が必要です。ネオニコチノイド系農薬に限らず、有機リン系、ピレスロイド系農薬など、神経毒性がある農薬が、人の尿中から検出されていることは、研究論文や環境省のパンフレット『日本人における化学物質のばく露量について』で報告されています。

 以上のことから当会では、子どもの健康と環境を守るために、特にグリホサート及びネオニコチノイド系農薬の販売中止と、できる限り人体に影響の少ない商品の販売を要望しました。
 要望書送付先は以下。 回答は1031日必着でお願いしました。
DCMホーマック株式会社 代表取締役社長 石黒靖規様
株式会社LIXILビバホーム 代表取締役社長兼CEO 渡邉修様
株式会社大創産業 代表取締役社長 矢野靖二様
●アマゾンジャパン株式会社 代表取締役社長 ジャスパー・チャン様
 


イメージ 1

イメージ 2


開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事