伝統文芸−冠句

俳句のあと、川柳よりはさきに生まれた文芸 『 冠句 』 のブログです。

投句案内―文芸塔

すべて表示

文芸塔八月号へのお誘い

投句について
 
 
冠 句
 

俳句の後輩、川柳には先輩、

三百二十一年の伝統文芸『冠句』です。


ものは試しに、
 
   一句ひねってみませんか


折角ひねった句なら

ものは試しに  投句なさってみませんか


 
 
※※※冠句研究誌「文芸塔」では八月号の作品を募集しています※※※ 

冠題「想い切」で3句、冠題「馴染み店」で3句、です。

  
宛先など投句要領はこちら
 
 





〜〜〜 冠句について 〜〜〜

さてさて

そんなこと言われても〜

冠句って何だよ  初めて聞くぞ〜

という向きは、文芸塔本社ホームページの


も、覗いてみてくださいね。

 
 
なお八月号への投句締切八月三十一日(必着)です。


あなたのチャレンジをお待ちしています♪


(2015年5月14日更新)

 


 
https://poem.blogmura.com/senryu/>日本ブログ村

その他の最新記事

すべて表示

冠吟塔映集 H27−4月号

2015/4/22(水) 午前 3:41

平成27年4月号より冠吟塔映集 文芸塔の優秀作品は、 扉(冠吟塔映集)に掲載されています。 大ベテランから、新進気鋭の作家までの、 当月を代表する作品 ...すべて表示すべて表示

楠カズ子さん

2015/1/24(土) 午前 0:23

句会に人を送っていって、慎ましく?廊下で待っているつもりが、 句会の女性陣から「どうせなら中で待っていれば?」とのお言葉を頂き、 おずおずと、しかし厚かましくも入室した自分。 そこへ、折角だから何か作って出句してみれば?  ...すべて表示すべて表示

温故知新?

2015/1/7(水) 午前 2:29

昨年のいつだったか、川柳の師系を問われた。 一瞬の戸惑いの後、 師は二人だが、二人とももうこの世にはいないと答えてしまった。 答えてしまってから数ヶ月、 なるほど、自分は自分の川柳の師をそのように思ってい ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事