伝統文芸−冠句

俳句のあと、川柳よりはさきに生まれた文芸 『 冠句 』 のブログです。

全体表示

[ リスト ]

やまざと 615号より
 
        小俣紀美子氏の文芸塔社運営同人昇格の祝賀と披露

      
            文芸塔運営同人昇格記念
 
 
        晴れ渡る         
                     小俣紀美子 選
 
 
     晴れ渡る  更なる努力に夢が湧く   落合 慶次
 
     晴れ渡る  自分の道を究めたし    森元喜代子
 
     晴れ渡る  磨けば光る詩の夢     高階 睦代
 
 
         選後感
 
      百五十句ありがとうございました。
     天 晴れ渡った広い空は、希望の力と多くの夢をくれます。、
     地 決めた道をつらぬき、晴れ晴れとした心になりたい。
     人 奥深い冠句に生き甲斐を感じる。
 
 
 

管理人注
※1 当記事に掲載作品の著作権等諸権利は作者とやまざと冠句会に所属します。
※2 文字表記は原文の侭ですが、ミス入力等お気づきの点がありましたらお知らせ下さいますと幸いです。 


https://poem.blogmura.com/haiku/;日本ブログ村

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事