伝統文芸−冠句

俳句のあと、川柳よりはさきに生まれた文芸 『 冠句 』 のブログです。

全体表示

[ リスト ]

 
 
やまざと 616号より  

錦里抄
 
      
       
       まだ続く       
朝日 英子 選評
 
まだ続く  揺れては廻る夫婦独楽    松尾 優葉
 
まだ続く  男の野望分を越え       小俣紀美子
 
まだ続く  かすかにつなぐ趣味の糸   田中 歌子
 
 
   選後感
天 誰にでもある夫婦の危機、夫婦独楽の着眼に惹かれました。
地 野望を大きく持ち続けることで、未来が開けると思います。
人 いつまでも持ち続けたいですね。
震災・原発に関する句がたくさんあり、迷いました。いつものこと乍ら、お粗末な選お許し下さい。
 
 
 
 
 
    まだ続く       山根 風子 選評
 
 
まだ続く  千言万語句に込めて      服部多津子
 
まだ続く  父は無言の教え成す      天野 愛子
 
まだ続く  線路切れても歩む道      松尾 優葉
 
 
   選後感
 三才には、ぶれない意志と、深い句意の大きな句が並びました。
他の句の父は、師とも句友とも、やまざと誌上の方の句とも解釈できます。
 いただいた冠題に向う時、千語万語を尽くして自分の心を表現したいと思いました。
 

 
 
 
        まだ続く        藤中 雄飛 選評
 
   
   まだ続く  大きな答えくれる土        山根 風子
 
   まだ続く  もろもろの神許されよ      足立 欅子
 
   まだ続く  積んで崩して積み上げる    田路 和代
 
 
      選後感
     時節柄、東北大震災・原発・不況と言った世相を、反映する句が多く見られました。
    一五二句から三五句を選別しましたが、残念乍らそのうち一〇句が、五・八・五でありました。
    五・七・五の定型短詩の原点にたち、この一〇句は全部没と致し、改めて選考しなおしました。
 
   


管理人注
※1 当記事に掲載作品の著作権等諸権利は作者とやまざと冠句会に所属します。
※2 文字表記は原文の侭ですが、入力ミス等お気づきのところをお知らせ下さいますと幸いです。 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事