伝統文芸−冠句

俳句のあと、川柳よりはさきに生まれた文芸 『 冠句 』 のブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

投句について
 
 
冠 句
 

俳句の後輩、川柳には先輩、

三百二十一年の伝統文芸『冠句』です。


ものは試しに、
 
   一句ひねってみませんか


折角ひねった句なら

ものは試しに  投句なさってみませんか


 
 
※※※冠句研究誌「文芸塔」では八月号の作品を募集しています※※※ 

冠題「想い切」で3句、冠題「馴染み店」で3句、です。

  
宛先など投句要領はこちら
 
 





〜〜〜 冠句について 〜〜〜

さてさて

そんなこと言われても〜

冠句って何だよ  初めて聞くぞ〜

という向きは、文芸塔本社ホームページの


も、覗いてみてくださいね。

 
 
なお八月号への投句締切八月三十一日(必着)です。


あなたのチャレンジをお待ちしています♪


(2015年5月14日更新)

 


 
https://poem.blogmura.com/senryu/>日本ブログ村

冠吟塔映集 H27−4月号



平成27年4月号より冠吟塔映集



文芸塔の優秀作品は、
扉(冠吟塔映集)に掲載されています。


大ベテランから、新進気鋭の作家までの、
当月を代表する作品が勢ぞろいしている
冠吟塔映集です。


四月号の冠吟塔映集は
文芸塔本社のホームページでご覧いただけます。





https://poem.blogmura.com/senryu/>日本ブログ村

楠カズ子さん

句会に人を送っていって、慎ましく?廊下で待っているつもりが、
句会の女性陣から「どうせなら中で待っていれば?」とのお言葉を頂き、
おずおずと、しかし厚かましくも入室した自分。
そこへ、折角だから何か作って出句してみれば? と再びのお声を頂戴し、
またもおずおずと、しかし厚かましくも作句&出句してしまう。

というのがきっかけで、
なんでか知らん、その次月も そのまた次月もと神戸港句会への参加が続き、
途中何度か挫折しかけるも、なんとか今日まで来てしまった。
で、件の声を掛けて下さったお一人がカズ子さん。
あっさりさっぱり、いつもにこにこ、お世話をして下さる楠カズ子さんだった。

なんやかんやで送迎をしていた人つまり父を亡くし、しばらくした頃、
たまたまのひさびさの所用で句会に顔を出し、
たまたまのひさびさの流れで出句してみたら、
その折りの選者に、楠カズ子さんがいらっしゃった。

カズ子さんにそのつもりがおありだったのかどうかは不明だが、
なんとなく、カズ子さんはあたたかかった。
上手くいえないが、身体の芯から温もるような、そんな披講を頂戴した。

いろいろ いろいろ いろいろあったので、
勘違いでなければ、カズ子さんのさり気ないあたたかさが嬉しく、
かつ、人恋しさにつながり、それからも出席するようになった。 危なっかしかったけどね。

今日(1月23日)は、そんなカズ子さんのご命日。
突然の訃報から、もう一年になる。

空歩さんから引き継がれた会計・句誌発送・会場の抑えetccを一手に捌かれ、
うんざり、いらいらなさることもおありだったと思われるのに、気振りにも見せられなかった。

呑気で気儘な一会員でいた自分を今更ながら申訳なく思う。
たびたびご迷惑とお手数をお掛けしたけれど、
そして、遅まきながらだけど、
さぼってばかりの不良会員は、今なんとか冠句に向き合おうとしている、つもり。

〜〜。〜〜

カズ子さん、さぼりの私は猛反省しています。
体調と生活、諸般の事情で、
必ず毎回出席とは明言できませんが、なんとか続けていこうと思います。

神戸港会員がおっしゃっていましたよ。
楠カズ子さんと言えば、真っ先にあの笑顔が浮かぶと。
などと書いていたら、あんな時こんな時、にこにこのうふふから相好を崩された時までの、
いろんなカズ子さんの笑顔が浮かんで来ました。

カズ子さん、
そちらは如何でしょう。
大切な方に会われましたか。 空歩さんにも会われましたか。
空歩さんは、カズ子さんに後を委ねてよかったと、随分感謝なさっている筈・・・なんて蛇足ですね。
 
降ったり止んだりの狭庭に、水仙の蕾がかなり膨らんできました。
やがて岡本の梅もほころびます。
そちらで風邪をひかれるなんてことはないと思いますが、春まで暖かくなさっていて下さいね。
 
〜〜〜〜〜     〜〜〜〜〜     〜〜〜〜〜     〜〜〜〜〜     〜〜〜〜〜

楠カズ子さんのご命日は1月23日。
ブログ仕様の微妙な変化についていけず、記事のレイアウトが上手くいかず。
且つアップも上手く出来ないため24日の記事掲載になりました。  しかも書庫を間違えているし。
 
 
 

2015/02/07「ひとりごと」書庫から「お知らせ」書庫へ移動。
 

https://poem.blogmura.com/senryu/>日本ブログ村

投句について
 
 
冠 句
 

俳句の後輩、川柳には先輩、

三百二十一年の伝統文芸『冠句』です。


ものは試しに、
 
   一句ひねってみませんか


折角ひねった句なら

ものは試しに  投句なさってみませんか


 
 
※※※冠句研究誌「文芸塔」では四月号の作品を募集しています※※※ 

冠題「手に包む」で3句、冠題「風に花」で3句、です。

  
宛先など投句要領はこちら
 
 





〜〜〜 冠句について 〜〜〜

さてさて

そんなこと言われても〜
冠句って何だよ  初めて聞くぞ〜

という向きは、文芸塔本社ホームページの

文芸塔社のごあんない  冠句の楽しみあい

も、覗いてみてくださいね♪

 
 
なお四月号への投句締切一月三十一日(必着)です。

 

 
 
https://poem.blogmura.com/senryu/>日本ブログ村

温故知新?

昨年のいつだったか、川柳の師系を問われた。
一瞬の戸惑いの後、
師は二人だが、二人とももうこの世にはいないと答えてしまった。

答えてしまってから数ヶ月、
なるほど、自分は自分の川柳の師をそのように思っていたんだなと、
あらためて己の心を覗いた気分。

ひと方はK氏。
本腰を入れて川柳に向き合おうとした時、
慎重に、己を託す結社、師を探した。生意気にもね。

短いご縁だったが、自分にしては珍しく真剣、かつ気持ち良いくらい誠実に出句し続けた。
結果も、不思議なくらい順調に右肩上がりのカーブを描いてくれた。
多分、「本当のやる気」が出るのも目前だったと思う。
でも、亡くなってしまわれた。そして、結社も解散。

K氏に代わる師は考えられぬままに、
数年後、もうひとりの師―師とも覚えぬ師―を喪った。

でもね、有難いことに、いらっしゃるんですよ、K師が、もうひとりの師が。
いや、それどころか、数多の師匠、大先輩連が、
父の書棚に、図書館に、古い句誌に、頁にいらっしゃるんです。
あふれる言葉が、珠玉の作品が、思いが、きらきら躍って。



やっぱり本っていいなぁ、本を読めるってほんとうに有難い、ある意味凄い。 めっちゃ幸せ。
今度は無理せず、自重しながら読むつもりなんだけど、すぐ夢中になりそうで自信はない。
『読み耽る』っていう位だもんね。

古書の匂いに、温故知新にわくわく どきどきだけど、
自分の体力、体調がじれったく、年齢が口惜しい2015年初頭ではあります。

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事