関名急行電鉄アニメ科

関名急行のアニメ的な記事をつづります。

全体表示

[ リスト ]

2月に行われた、パシフィコ横浜での七森中♪ふぇすてぃばるから早4ヶ月半。7月とかwwwwもう夏wwwwとか当時は思ってたもんですが、あっという間に来ちゃいましたね、夏。あの時はまだごらく部は続くんだ!やった!と思ってましたが、いざこのイベントが近づいてくると、またこの先どうなるんだろ……なんて不安が若干出てきたりしちゃって。いやまぁ、大阪公演もありますし、そのあとアニサマも続くので即座に活動が止まるってこともないんですけどね。3期も目指しているとはいえ、明確な目処は立っていない状態で……いや、この話はあとにしましょうか。

 つーことで、同じくふぇすてぃばるで発表されたベストアルバムの限定版がまさかの7777枚限定だったりとかありまして。それをTSUTAYA オンラインでスルッとゲットしつつ、順当に東京にするか、あえて大阪に入れるか……東京にしても、可能性上げるために昼に2エントリー入れてしまうか……とかいろいろ逡巡しまして。結果東京昼11で賭けたらまさかのどちらも当選という幸運。ありがたやありがたやと、参戦して参りました。ゆるゆりのライブイベント後はなんだかレポート書きたくなっちゃうもので、今回も昔に比べたら軽めにはなりますが、綴ってみようかなと思います。

前日準備〜当日物販

うたがっせんでの教訓を元に、UO持ってく必要性はあんまりなくてUG持っていく必要があるなーと感じていたのですが。ふぇすてぃばるの時は旅行帰りにそのまま神田のファミマに行ったんで、夜行バス帰りで疲れてたこともあって寝ぼけて、結局UOいっぱい買ってしまったんでしたっけね。
そのUO、未だに消費する機会がなく白い恋人の缶に突っ込んであるんですが、それはまた別のお話。
今回のなちゅまつりでは、キングブレードX10に準拠した4色切り替え可能な大光量ペンライト「ごらくブレード」が発売されるとのことでしたので、サイリウムの事前調達は抑えめに、UG20本だけにしました。
ブレードについては、ラブライブ!のグッズで登場したことでかなり話題になったと思います。キンブレのアイデア元って十中八九(改造ペンライトである)閃ブレだと思うのですが、それに近い大きめで光量の高い商品の使用を、遂に運営側が認めたと。閃ブレ発祥とはいえあくまでも商品ですから、光量もほどよく明るいですし、先端処理もしっかりしてますし。で、その即完売したラブライブレードに続く公式キンブレグッズとして、ごらくブレードが発売されたわけですね。なお、アニサマ公式グッズにも使われるようで、これからどんどん広がっていくかもですね。

話が逸れ逸れですけども、ライブ前日にいつもの神田駅東口のファミマで大閃光グリーンを20本調達。今回持っていったサイリウムは、これに加えて自宅在庫の大閃光オレンジ8本だけです……まぁこれは念のためですし。あとはごらくブレードを現地調達することにして、あと大電光をごらく部4色に加え、万が一の時のために生徒会4色も持参しました。そもそもキンブレを片手で2本持つのは厳しいので、デュエット曲の時は大電光に切り替えて2本持ちするつもりでいました。両手で一本ずつ持ってもいいんですが……左手も上げてしまうと結構視界が狭まるんですよね。両手掲げるのは、できれば控えたいのです。

そんな準備をしつつ当日。3時過ぎにお目覚め。ふぇすてぃばるの黒Tを……このとき初めて着ました。いやはや、未開封だったとは。着る機会も確かになかったですが。そんで首にはうたがっせんのマフラータオル。
そんな格好で、朝4時前に自宅から自転車でまずは吉祥寺へ。いつも20分〜25分くらいかかる距離を、ごらく部曲聞きながらいやっほおおおおおおおおおおおおおおおとテンション上げながら突っ走ってたら17分でついちゃいました。はえぇ。時間が余ったので、今年も夏だなーとか思いながらガリガリ君梨をかじりつつ始発を待ち、4:46くらいに現地中野に到着しました。

自宅から中野って近いようで近すぎでもないんですよ。自転車で行くにはちょっと遠いかな……ってとこでして。まぁ行けるっちゃいけるんですが、帰りがね。ライブ後のボロボロの体だと何時間かかるかわからないですしね……。で、車で行こうかなとも考えてたんですが、周辺の駐車場高いんですよね。ちょっと歩くところの1日最大でも1500円。それ払うくらいならグッズに回せるやろ……とそれも却下。結局のところ、吉祥寺まで行って始発、という形に収まったのでした。

で、5時頃には50人くらいになりまして。有志による列形成に素直に従いつつ列を作ってしばらく待機。前日に梅雨明け発表されてかなり暑かったので、どれだけ暑くなるか……と心配していたのですが、まだこの頃は日も出てないし風もあったので過ごしやすかったですね。
で、私は丸くなって物販待機時恒例のアニメ消化に勤しみましたと。ふぇすてぃばるの時は琴浦さん見てたんでしたっけ。今回ははたらく魔王さま!の半分から最後まで完走してました。順当におもしろかったですねこれ、細田監督で少々不安だったのですががが((
6時半に運営の列整理がありまして、サンプラザ並行方向から垂直方向に変換されました。そっからあと3時間ですもん。早い早い。同じく参戦するアニ声サークル員をみつけたり、フォロワーさん見つけたり、ゆかちんに渡す色紙寄せ書き企画に参加してみたり。あと、毎年七夕の日にやってる、涼宮ハルヒの憂鬱「笹の葉ラプソディ」鑑賞もしました。少なくともここ3年連続での儀礼ですね。で、ちょうど笹塚最終話まで見終わったあたりで周囲が立ち始めたのでなにかと思い荷物をまとめて立ち上がると、もう物販開始のようでした。
当初の予定では9時半からだったのですが、扱ったこともあり15分前倒しして9:15からのスタートでした。自分もいつの間にか日向になってましたあっちぃ。これタオル持って来といて正解でしたね……。
物販ブース近くなり、現物サンプルを見つつ購入グッズ最終検討に。ピンクの東京限定Tとか、リストバンドとか、買おうか迷ってたものはいくつかあったんですが、結局「限定」に負けてTシャツは黒とピンクどちらも購入。リストバンドは当日以外の使い道がどうも思いつかなかったので見送りました。他のものは全て1点ずつ購入して、お会計22,000円。で、隣のメディアコーナーに寄って、前回と同じく購入2000円ごとに団扇プレゼントとの事だったので、ごらく部な地球の歩き方ドイツ編を購入。これで物販終わりです、時計を見ると9:30……始まる予定だった時間に終わりました。早。
その後はふらふらしつつ、アニ声サークル員と合流して駄弁りつつ時間つぶしたりして。なんで初対面の人にまで長知られているのだろう私……。で、必要な物以外200円ロッカーにぶち込み、昼の部へ向かうのでした……。
 

オープニング

昼公演は297番という超後方支援。来れるだけありがたいのでもはや席に文句は言えませんがね。
夜公演は11649番という、前後方向ではなかなかながら左右方向では真反対の位置。ゆかちんはステージ向かって右のことが多いのでこれはこれでいいのですが。いままで夜は後から確保でしたので席は昼より後ろでした。夜のほうが前ってのは初めてですね。

昼夜ともに、右隣りの隣が通路だったので、スペース的には若干余裕がありました。

最初はステージに薄い幕が降りていました。光が当たらないと透けて見えないので、ステージ上にあるものは殆ど見えなかったですね。それを隠す目的ではあるんですが。

暗転し、終業を告げるいつものチャイムでライブはスタート。
スポットが一点に当たったと思うと、そこには浴衣風衣装で太鼓を叩くみかしー、の後ろにかがり火。なるほど祭ね、祭といえばやっぱりみんな太鼓なのねwとか、みのりんサマキャン3を思い出しながら見てました。
昼公演では
みかしー「夏だ!」
→ゆかちん「まつりだ!」
→津田ちゃん「全員集合!」
→るみるみ「ごらく部!」
→全員「なちゅまつり!」
で、スッキリ決まっていたと思うのですが、夜の部はそれぞれ一言話してしまったこともあって客席側から歓声が出てしまい、ちょっとダラっとなっちゃったかなと。これは昼のまま緊張感持ってやったほうがよかったかもですね。
そこから軽く演奏し、一曲目に入りました。
 

ゆりゆららららゆるゆり大事件 –お祭りver.-

太鼓の流れからまさかのそのままお祭りバージョンの大事件www 後のMCでも言っていましたが、若干サビの振付が盆踊りっぽくなってましたね。振りコピするのはこっちのほうが楽なのでは(((
しかし赤基調にした浴衣風衣装めっちゃかわゆすですねぇ。
ゆかちんは綾乃とのデュエットがあるので見慣れてるといえば見慣れてるのですが、ほかのお三方は初めてですし……いやぁ眼福ですわこりゃ。
これはショートバージョンだったのでさっと終えて次へ。いやぁもったいないので、フルバージョン作ってぜひ音源化希望ですね……。
 

ゆるゆり I♡U

これ聞くのも久しぶりですな。OPED共にc/wにはなんか泣かせに来る曲だと思ってるんですよ。で、OPの裏はアップテンポで泣かせる曲、EDの裏は聴かせに来る曲。これもその例に漏れず……アップテンポでコールも多く、盛り上がる曲ではあるんですけどね。
いや、確かにライブ会場では盛り上がって熱くなれる曲ではあるんですよ。ウォークマンとかで聞いてるとどうもね……。
これ振りに準じてリウム振るとワイパーになる人も多そうなんですが、左右振りするのは2往復だけ。サビラストの「あーいらーぶゆー」のとこの振りはせわしないけどいいよねなんか。
……あと、UOで夕日を再現しよう企画なるものがあったようですが。私は何もしてません、とだけ。

レッツラブ〜でいきましょう♪

なんで……この曲は……こんなに泣けるんでしょうねぇ……。ライブ会場でさえも、うるっと来てしまう感のある切なさを含んでると思うんですよね。そもそもサザエさん時空なゆるゆりにおいてそんな心配はほぼ無用だというのに全く……(ボソボソ
「こんな時間がずっと続いたらいいね」のとこの、腕を伸ばして段々に上げていく振り、ふぇすてぃばるの時に見てから何故かしっかり焼き付いてました。
そうそう、昼公演では割りとごらくブレード持ちっぱなしでやってたのですが、振りの確認を済ませた意味も含め、夜公演では割とまともに踊れそうな曲ではブレードすら持ってなかったりします。
空手の方がやりやすいですしね。そろそろ厄介になってきたな私も。
ちなみにごらく部曲でブレード振るときはランダム発光です。ランダムといっても、切り替わるときにグラデーション調に一瞬消灯するので眼に優しくなってます。キビキビ切り替わると眼に悪いんですよねアレ。


ここではMCが挟まれましたが、あっさり目でしたかね。それぞれ名乗ってよろしくーと。
浴衣風衣装かわいーーーもここだったかな。

じゃんぷ!

1期ベストアルバムの、7777限定版収録曲であるこれ。8cmディスク風12cmディスクなもんで、PC読込できないケースがあるとかなんとか聞きましたが、こらもまたライブ向けなノリの良い曲。とはいえ、じゃんぷ!という割にそこまでジャンプする機会多くなくないか……とか思ってしまうのは、やっぱりみのりんのフリドリに慣れてるからなのでしょうかね。
ジャンプするタイミングもなんかバラけてて、「わんつー!わんつー!レッツゴー!」の「ゴー!」で飛ぶのか、そのあと一拍置いて\デン!/って音に合わせて飛ぶのか、とかね。まぁ初披露ですしこの辺は難しいですな。
あと、サビ直後の\デッデデデデン!/に合わせて「ごっごごらく部!」ってコールがあったようですが、あんまり浸透してなかったようで残念。大阪では使われてるとええなぁ。

振りに着目してみると、サビ入ってすぐの「ゆーらりーゆーらりー力抜いていこーよー」のとこ。もうそのまんま、力抜いてゆらゆらしてる感じでかわいかったですね。あと「マイペースユーペースいつもの場所で」のとこ、各々別の方向に腕伸ばしてて、なるほどマイペースねぇとか思ってました。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事