癌で妻をなくして

一部の癌をのぞけば大部分の癌とは闘わない方がよいようです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

・・
悪魔の指針(医師への指針)

●「治療法」を数えない大学医学部
「大学医学部では病気の 『治療』 は教えない」
 これは安保徹教授(新潟大学大学院) の驚愕証言。いったい何を教え
るのか?。
「『病名』 『薬品』 などを覚えるだけで精一杯。医薬品だけで何百とある
からネ……」 (同教授)
 こうして、「治療法」を習わない牋綣圈蹇,大量生産されていく。
 かれらはどうやって患者を治療するのだろう?。
「そこには、チャンと 『治療ガイドライン(指針)』があるから」
 それは何でしょう?。「製薬会社に覚えのめでたい教授たちが作るわけサ‥…」と安保教授はこヤリ。
「それに従って投薬したり、治療してれば、医療裁判などになったときでも、『指針』通りにやった治療法だから……と言い逃れになる」

●600種類もの治療ガイドライン
 それは「疾患ごとに学会や厚労省研究班などが作成する」という。2000年以降に作成された 「指針」だけでも約600種類。
 ある医師の証言………。「毎年、分厚い 『診療指針集』が出る。
医者は、みんなそれをひっくり返して 犲N泥イド″ にしている。学会のおえらいさんが製薬会社と一緒に作った『指針』だから患者がクスリ漬けになるのも当然ですよ」
 恐ろしい現代医療の暗部が見えてきた。医師国家試験も同じく。「正しい」治療法を回答した医学生は、固家試験に落第する憂き目をみる。

●1億〜3億円の寄何金というエサ
 その恐るべき現代医療の闇が、白日の下にさらされた。
「高血圧、糖尿病、メタボ……指針作成医 9割に寄付金」「国公立大、製薬企業から」。これは 『読売新聞』(08/3/30) のスクープ記事。「48大学のデータを基に、ガンなど主要な病気の 『指針』 40種類について、作成に関わった医師に『寄付金』 の受領状況を調べた。結果、87%、240人が治療薬を製造、販売する企業から教官または所属講座あての寄付金を受領していた」
 メタボ診断「指針」を作成した阪大の槍沢名誉教授らに3億円以上(表)。さらに、1億〜2億円″寄付金″がゾロゾロ。
 表に出ない 犇〕拭蹇,呂匹譴らいになるだろう。
『読売』 も「診療基準、信頼性は?」「過剰投与を招く」と指摘。
 現代医療の治療ガイドライン (指針) は、実質、製薬企業が作成しているという驚愕事実。巨額寄付金(ワイロ) をもらった教授連は、もはや製薬資本の走狗。その上には地球規模の石油化学メジャーが君臨している。

★これで安心!
「病院は九割の病気は治せず悪化させている」。
 良心的医師の告白。「どうか病院に来ないでください」。具合が悪いときは病院に行かない。
「食うな」「動くな」「寝てろ」。これが正しい。野生動物をみなさい。



 以上は船瀬俊介著「新知ってはいけない」からの転載記事です。前作の「知ってはいけない」とくらべると少しトンデモ説に近くなったような感じがしないでもないですが。この章はまさしく現代医療の暗部というより恥部を暴いています。

 小泉首相時代に、医療費抑制を打ち出した以降、医療が著しく変質したことは、その前から病院に行っていた私など痛切に感じています。(心筋梗塞・C型肝炎=家内がガン手術した直後に自然治癒。ストレスが逆作用したようです)

 医師は、ガンとくると即手術というワンパターンしか知らないように思えています。家内の場合大腸ガン手術後1年を経て肝臓ガン(3ヶ所)が顕在化しましたが、それも即手術することになったのです。その半年後またもや肝臓ガンが(2ヶ所)が顕在化したのですが、そのときには体力の問題があるからと外科から内科に移ってラジオ波で焼却したのです。
 ですが家内の肝臓ガンは最初からラジオ波で焼却すべきだったのです。2度目に発生したら、そのときこそ外科医と内科医で検討すべきではなかったか、との思いを捨て切れません。
 ガンの名医との評価が高い担当外科医(部長)は、死亡率を内科に移し替えたような印象を強く持っています。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

少し調べれば、安保徹教授がインチキ学者ってことくらいすぐわかるはず。こんなのにコロッとだまされるあなたが心配です。

2014/1/5(日) 午前 2:48 [ 爪もみで病気は治りません ]

顔アイコン

病院や薬は、病気より怖い所です!

2015/2/27(金) 午前 10:49 [ jyannu33 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事