ここから本文です
自転車散歩道
昔乗っていた自転車で散歩中

書庫全体表示

古戦場を見に行く

今日も先週同様 良い天気でした。
色々と見てみたい所があって自転車で走り出しました。
コースは先週と同じ
自宅−村田町−蔵王町−白石市−大河原町−柴田町−自宅 80km

イメージ 1


看板が示すとおり、蔵王町に入ります
今日は南西の風が強くて・・・鼻水すすりながら走りました。

イメージ 2

イメージ 3


蔵王町根無藤です
この辺りは「康平の役(前九年の役)」「文治の役」の時の古戦場です。
根無藤の由来は、康平の役時の 「馬を打つムチに使っていた藤葛がこの地で根付いた...」源頼義による物と安部貞任による物の両方が伝えられているようです

イメージ 4

イメージ 5


バス停の名前は「一戦場」、その傍らに「安部貞任親族某か首塚」と伝えられる塚がある


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9



白石市犬卒塔婆(いぬそとば)にある形切明神の菊面石です 菊面石は1593年に掘り出された物とされている様です。
この形切明神も安部則任を祀ったと言う言い伝えのある所です。

盗難防止のためか、社の床下に納められた菊面石は鉄格子で仕切られ、廻りにフェンスで囲み立ち入る事が出来ないようになっていた。


イメージ 10



自宅近くまで帰ってくると、祠に小正月の飾りが祀ってあった。
久し振りに団子飾りを見たなぁ〜・・・今日も色々みだみだ。

  • 顔アイコン

    お疲れ様でした。

    私も二週間前にロードで鼻水・涙を流しながら走行しました。

    tsuribito

    2009/1/25(日) 午後 10:10

    返信する
  • 顔アイコン

    やはり其方は源平の頃の古戦場が多いんですね。
    >今日は南西の風が強くて
    私は北東方向に向かったので、往路がとても辛かったです(^^;)。

    TY-Silk

    2009/1/25(日) 午後 10:39

    返信する
  • いろいろ見所の多い場所ですね。
    追い風は良いけど向かい風は厳しい季節ですね。
    今日は雪がちらついて寒かったです。

    ノンマナブ

    2009/1/25(日) 午後 10:53

    返信する
  • 顔アイコン

    快晴でしたね。
    寒い中、精力的に走ってますね。
    私はサッパリ走ってません・・・
    来週はどこか走ろうと計画中です。

    [ 25cm ]

    2009/1/25(日) 午後 11:05

    返信する
  • 顔アイコン

    寒そうですが路面には雪は無さそうですね!

    「康平の役」「文治の役」などのかなり古い戦いのことは中々勉強不足で分からないですね。
    でも、実際に現地に行くと当時の様子が偲ばれますね。

    それにしても「菊面石」は厳重ですね(汗)

    [ - ]

    2009/1/26(月) 午前 10:01

    返信する
  • 顔アイコン

    「青山釣人」さん
    この時期のサイクリングの時は、ポケットにティッシュが必携です。
    常に鼻水を拭きながら出ないと、ただの鼻をたらした汚い親父になってしまいますから...^^;

    風は強かったですが、空気が澄んでいて気持ち良かったですよ〜♪

    kan*a_*4*

    2009/1/26(月) 午前 11:44

    返信する
  • 顔アイコン

    「tymr_slk」さん
    康平の役は奥州の豪族 安倍頼時.貞任親子軍と源頼義.義家親子軍とが戦い、文治の役は 奥州平泉 藤原泰衡軍と源頼朝軍との戦いです。因みに 藤原泰衡は安倍頼時の子孫にあたります・・・ローカルな話題ですみませんm(_ _)m

    私も風が強い時には行く時に向かい風方向へ走り、帰りの消耗を少なくするようにコース設定していますよ(^^)v

    kan*a_*4*

    2009/1/26(月) 午前 11:56

    返信する
  • 顔アイコン

    「のんまなぶ」さん
    サイクリングで こう言う楽しみ方を出来るのが、若い頃との違いですね。
    行きは向かい風でしたが、帰りは楽チンでしたよ〜笑

    膝を痛めないように軽いギヤでクルクルと走ってます。

    kan*a_*4*

    2009/1/26(月) 午後 0:00

    返信する
  • 顔アイコン

    「oiboreken」さん
    仕事が休みで、天気が良ければ走ろうと思っていますが、何処へ行くか迷っているうちに時間が過ぎてしまい限られた所へしか行けなくなってしまいます ^^;;

    今年は、比較的暖かいので助かります...それでも最高気温5℃くらいですけどね...汗

    kan*a_*4*

    2009/1/26(月) 午後 0:12

    返信する
  • 顔アイコン

    「koko」さん
    康平の役は1083年、文治の役は 約100年後の1189年に起きた まつろわぬ民の子孫たちの戦いです。
    ノンさんの所でも書きましたが、こう言う愉しみ方が出来るのが若い頃との違いでしょうね...笑

    菊面石は、珍しい物のようですね。発見当時 その見た目の異様さに驚き この地に祀ったようですよ。

    kan*a_*4*

    2009/1/26(月) 午後 0:29

    返信する
  • 顔アイコン

    気にいった道は、何度走ってみても再発見がありますよね。
    一戦場のバス停は、歴史を感じますね・・・なんかウズウズしてきそうです。
    菊面石は珍しいですね。ナポレオン石とも呼ばれているとは・・・
    今回も東北の歴史を感じました。ありがとうございます。

    M.ROSSO

    2009/1/26(月) 午後 3:18

    返信する
  • 顔アイコン

    「M.ROSSO」さん おばんです
    いゃ〜満足して帰ってきました(笑)

    白石市犬卒塔婆はロッソさんが角田から白石に行く時に休んだ、R113 ミニストップ付近ですよ。
    白石市犬卒塔婆に安倍則任の供養碑があるとのことでしたが・・・見つけられませんでした。
    雰囲気がありまた行きたい場所です〜。

    kan*a_*4*

    2009/1/26(月) 午後 5:23

    返信する
  • 顔アイコン

    対蝦夷の伝説場所,興味深いです。

    菊面石もじかに見てみたいですね。確か白石のなんだかホールに切断された菊面石が展示されていたような気がしましたが。。。。

    ともかく綺麗でした。

    おんちゃん

    2009/1/27(火) 午後 10:04

    返信する
  • 顔アイコン

    前九年後三年、源義家 習いましたね〜 歴史探訪面白い
    ですね!CORSAさんは長篠の合戦場に行かれてるし!
    それにしても蔵王綺麗ですね。

    a*s1*2*1

    2009/1/27(火) 午後 10:56

    返信する
  • 寒いんでしょうねー。
    この塚の木は、夕方シルエットでみたら、迫力ありげですね。

    雅 幸 画 房

    2009/1/28(水) 午前 0:12

    返信する
  • 顔アイコン

    「おんちゃん」さん おはようございます
    柴田、刈田郡内で、前九年の役での源軍と安倍氏との戦いが有ったとも、厨川の柵で敗戦後 捕虜となった白鳥六郎則任が自ら命を絶ち その霊を祀ったとも伝えられているようです。

    菊面石は白石中央公民館のロビーに飾って有るようです・・・その内私も直に見てみたいですねぇ。

    kan*a_*4*

    2009/1/28(水) 午前 10:08

    返信する
  • 顔アイコン

    「あきぼー」さん おはようございます
    空気が澄んでいて景色が綺麗に見える日でした・・・風が強かったですけど...^^;

    corsaさんの地域と違って、此方の歴史は蝦夷の時代から中央政権との戦いが繰り返されていたようです。
    仙台付近まではヤマト政権の祭祀 前方後円墳が数多く存在しますが、仙台以北になると極端に少なくなります まつろわぬ民の聖域だったのでしょうね。

    kan*a_*4*

    2009/1/28(水) 午前 10:21

    返信する
  • 顔アイコン

    「日本画野郎」さん コメントありがとうございます。
    この塚は 怖いので夕方行きたくありませんよ...^^;

    そちらに比べれば寒いのでしょうねぇ、今年は暖かい日が多く走りやすいですよ。例年だと最高気温1-2℃って日が普通ですしそんな日に走るのも結構楽しいですよ(笑)

    kan*a_*4*

    2009/1/28(水) 午前 10:28

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事